妊娠が分かった後に葉酸の摂取を心がけるようになっ立

November 15 [Tue], 2016, 5:39
妊娠が分かった後に葉酸の摂取を心がけるようになっ立という方が多いのではないかと思います。ですが、「いつまで葉酸を摂取すればいいのか」という疑問をもつ方も多いと思います。赤ちゃんの為に摂取をされているという方は、妊娠期間中に絞って摂取するというのも問題はありません。しかし、葉酸が担う働きは妊娠中に限ったものではなく、それ以外でも体に有益な各種の働きをしてくれるでしょう。
中でも身体のバランスを整えるといった働きに葉酸は欠かせませんから、葉酸の摂取をつづけることで母体の健康を保つサポートをしてくれるという所以ですね。いまは待望の赤ちゃんを妊娠していますが、半年前までは不妊治療で通院していました。



不安に思い初めたのは結婚から2年目くらいですね。基礎体温でタイミングを見計らっても、一向に妊娠の兆候が見られなくて、オトモダチ知人が妊娠し立という話を聞くたびに、焦るやら、落ち込むやらで大変でした。

クリニックで検査の末、多嚢胞性卵巣症候群と言われ、排卵誘発剤で様子を見ることになりましたが、三周期目で赤ちゃんを授かることができました。薬も効きましたが、原因がわかってホッとしたおかげもあるでしょう。


妊娠することによる体の変化と、必要な栄養素の効果を考えた時、妊娠中はもちろん、妊活期間から十分な摂取が求められる葉酸なのですが、つい忘れてしまったりして十分に摂取できないという悩みもあります。

葉酸の摂取不足は妊婦さんに共通する悩みですが、一番おススメしたい解決策は、サプリです。容易な摂取が可能ですから、忙しくて食事がちゃんと摂れなかった、なんていう場合も大丈夫なんですね。不妊の一因は冷え性だともいわれています。体が冷えて血のめぐりが悪化すると、代謝が落ちて、ホルモンのバランスが崩れたり生殖機能が低下することに繋がります。

こういった症状の改善には昔からお灸が使われてきました。血液の循環を良くして自律神経に働きかけ、体全体をリラックスさせる効果があります。
冷え性を改善して赤ちゃんのために体の中を温かく創り変えましょう。妊娠を要望している方や、計画されている方にむけて、葉酸の摂取が、厚生労働省により勧告されている事をご存知でしょうか?妊娠初期の、細胞分裂が活発な時期に葉酸の補給が不十分になると、胎児の細胞分裂が正常になされずに、神経管閉鎖障害などの異常があらわれる可能性が高くなる沿うなのです。

胎児の栄養は全て母体から賄われています。胎児がこうした障害を発症するリスクを低減するためにも、妊娠する前から妊娠3か月までの期間は、食事で摂取する分の葉酸以外に、サプリ等の栄養補助食品によって、1日あたり400μg(0.4mg)の適切な葉酸摂取が厚生労働省より求められているわけです。

私がしる限り、妊活の際に一番、特に、注意が必要なものと言えば、やはり普段の食生活ですよね。妊活を行っているということは、すぐに赤ちゃんを授かっても不思議ではありませんので、実際に妊娠し立と分かるより先に、健康的な食事で適切な栄養を摂取するようにしましょう。

中でも葉酸は、妊娠初期に最も必要になる栄養素であると同時に、最も不足しやすい栄養素です。
妊娠とは、妊娠検査薬によって発覚するより前から赤ちゃんを授かっているのです。妊娠は授かり物です。実際に受胎した時、胎児の健やかな成長をサポートできるよう、妊活を初めている方は、なるべく早めに胎児に葉酸を与えられるようにしましょう。



葉酸を多くふくむ食べ物ですが、フルーツの中では、イチゴやライチに含有量が多いと有名です。それ以外では、柿やキウイフルーツ、アセロラも沿うですし、あるいは柑橘類も葉酸を多く含有しています。



葉酸摂取の手間を出来るだけ省きたいとお考えの方は、ジュースで補給するのも問題ありません。

不妊は身体的原因のほかに、ストレスも大聴く関わっています。



生殖ホルモンの分泌を乱すストレスは、不妊につながる冷えや血行不順、排卵障害などを招きます。



早く赤ちゃんを望む周囲の期待や本人の不安などが不妊治療とあいまってストレスになるケースもしばしば見られ、一度、負のサイクルに陥ると気苦労ばかりで、良いことはありません。
自分を追い詰めずにおおらかにいくこと、それが大切です。



妊娠しづらいように感じ初めたら、まずは基礎体温計を購入することをお薦めします。平均体温と基礎体温は違います。

基礎体温を見ると体の状態というのがよく分かり、妊娠につなげる手がかりとなるのです。

普通の体温と違って基礎体温は、運動量が体温を変えてしまうので起床時に「毎日測る」という決まりがあるので、きちんと守っていくことが大事です。
一日忘れても根気よくつづけていきましょう。
妊娠中に大切な栄養素は様々にありますが、近年では特に葉酸が注目されている事をご存知でしょうか?水溶性ビタミンの一つである葉酸は、適切に摂取をつづけることで、赤ちゃんが先天的な神経系障害を発症してしまう危険性を抑えてくれるというデータが発表されています。
具体的な一日の葉酸摂取量の推奨値として、厚生労働省は1日当たり0.4mgの摂取を推奨しています。



葉酸の摂取は、妊娠後出来るだけ早く摂取することが望ましいとされています。赤ちゃんを授かったその時から、健やかな成長を促せるように、妊娠している女性はもちろんですが、今妊娠を要望されている方であっても、葉酸の摂取を心がけてみてちょーだい。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:タケシ
読者になる
2016年11月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/cyc41saruhwehh/index1_0.rdf