東海道 京都への旅:1日目 

April 29 [Thu], 2004, 23:30
4月29日4時30分 ついに京都に向け出発!メンバーは冒険部局長セッキー、副長イト、ノッチの三人。スタート地点は京浜急行神奈川新町駅裏の公園(東海道神奈川宿跡)。
順調な出だしで距離を伸ばし、7時30分には平塚通過。湘南の海を眺めながら西湘バイパス沿いを走り、10時小田原到着。ここでなんとスペシャルゲスト、みじゃもとが給水ポイントを作って待っていてくれた。せっかくなので小田原城を見ていくことに。天守閣に昇ってこれから行く方向に目を向けてみると伊豆半島が遠くに見える。遠っ!でもすでに通り過ぎてきた江ノ島はかすんで見えもしない。だったら見えてる場所に行くのなんて簡単だろ!と一同鼻で笑ってみせる。でも人生そんなに甘くない事を後で思い知るようになる。小田原城を見物した後はこれから待ち構える箱根の峠に備えおだわランチ。だんごや小田原名物だという鯛めしを食べた。さてお腹も満たした事だし、そろそろ箱根へ。
箱根の山の苦労は誰でも想像がつくでしょう。その通りでキツかった。ギアを一番軽くしても延々と続く坂には歯が立たず自転車を押して歩くこともしばしば。陽も高くなり気温も上昇、汗が吹き出る。それでもどうにかこうにか登り始めて3時間後ついに芦ノ湖に到着。箱根を越えると三島までしばらく下り坂が続きます。峠の疲れを回復させながら猛スピードで駆け下りていくと遠くには駿河湾が広がってくる。
沼津辺りから三人に強烈な眠気が襲い掛かり、一気にペースダウン。なんでもない平地でも息があがり、緩やかな坂でも太ももが悲鳴をあげるようになった。それでも必死に漕いだがなかなか距離は進まず。というよりおかしい。予定では今日の走行距離は三保まで136kmだったのに距離メーターが120kmを表示していてもまだ富士市にも達していない。どうやら参考にしていた東海道のガイドブックの各地点の距離と実際の距離が相当ずれてたらしい。
清水からは大型トラックが100q以上のスピードですぐ横を通り過ぎるバイパスのような道を暗闇のなか走るハメに。本当は19時に着く予定が宿に着いたのは22時過ぎ。三人ともさすがに疲れ果て、ほとんど会話もなしに就寝。

東海道 京都への旅:2日目 

April 30 [Fri], 2004, 23:00
4月30日8時20分 2日目の朝、激しい筋肉痛は見当たらず、若干ももに疲労感があるくらい。軽くパンをかじってからユースホステルを出発です。
ちなみに三保のユースから6qくらい続く三保の松原は日本三大松原の一つとして有名。
三保から焼津方面に向けて海沿いの自転車道を走っていくと、いたる所にいちご狩りの看板が。どうやらここはいちごラインというらしい。さっそく朝ご飯がてらいちごのソフトクリームを食べることに。甘いんだけどさっぱりした味でおいしかった。さらにお店からのサービスでいちごをいただく。いちごジュースつき。いちご三昧。またも店の人の好意でいちごのビニールハウスを見学させていただくことに。この地方独自の栽培法らしく近くの農園にヘレンケラーも来たことがあるそうです。いちごをたっぷり堪能したあと、とりあえず御前崎まで行こうと大崩海岸などの海沿いを走る。
ここで、この旅最大の事件が発生する!なんと御前崎手前でノッチとはぐれた…。
まさか逃げたか?と慌てたが、その後すぐにノッチを発見、でもどうも様子がおかしい。どうやら膝が痛いようで走り出してもすぐ俺ら二人から遅れてしまう。その表情からは明らかに疲労と苦痛がうかがえる。
そしてさらに今日は思わぬ難敵が三人全員を苦しめる。それは風。遠州灘の空っ風というらしい。風を正面からまともに受けると全力で漕いでも5kmは速度が落ちる。体力を瞬く間に削られてしまった。浜松まではほとんど平坦な道が続くのだがそれだけに余計進んでいる実感がわきづらい。途中で浜松まで30qという標識を見たが辿り着けるか不安になってきた。
18時半についに天竜川を越える。浜松までもうすぐ。しかし日没が近い。今日の宿の浜名湖YHまではまだまだ距離がある。21時すぎに浜名湖のユースホステルに到着。ノッチも俺らから遅れること1時間で宿に辿り着いた。しかし昨日も今日も後半に、大型車が行き来する危なっかしい道を死に物狂いで走りぬけ、それでも宿の門限を過ぎてしまっている。それにご飯もほとんどコンビニで、まともなものを食べていない。今日もホントはうなぎを食べたかったのに。

東海道 京都への旅:3日目 

May 01 [Sat], 2004, 19:35
3日目の朝、苦しい決断を迫られる。ノッチの膝の痛みが悪化し、これ以上の走行は困難と判断、彼だけここでリタイヤすることに。自転車は宅急便で送り電車で実家へと帰ります。代わりにノッチのお守りを預かり必ず京都まで連れていく事を約束。ここからは二人だけになるが今日も100km近く走り一路名古屋を目指します。この日はチャリ旅の醍醐味とも言える素敵な出会いが連続して起こった。名古屋へ行く途中、岡崎で近藤勇の首塚がある法蔵寺というお寺に寄ってみたら名古屋新選組同好会の人たちがいて、なんだろうとチラチラ見ていたら「着てみますか?」と言ってくれて新選組の隊服を着せてもらう事に。いろいろ新選組の話でも盛り上がったり、ものすごい貴重な体験でした。
次に岡崎城を見ていこうと公園内に入ると日本縦断という旗を掲げた自転車に乗ったおじさんに声をかけられる。なんでもFM北海道の企画で沖縄から稚内まで自転車で旅をしているそう。49才なのにたいしたもんだ。俺らも負けてられない。おじさんから将来の夢はなんですか?との質問に、一生こういう旅を続けていたいと答えた生涯アスリートが目標な冒険部。思わぬ出会いでテンションが上がり、快調なペースで進み続ける。平均時速20q以上は出てる。照りつける陽射しに体が焼けて真っ赤になってきたけど、驚くほどの早さで本日は予定より一時間早い17時に宿に到着。時間があるので地下鉄で名古屋城まで行くことに。しかし行ってみて愕然、もう閉門してるではないか。仕方ないので遠くからライトアップされたその姿を拝む。金のしゃちほこが眩しい。気がついたらお腹がぺこぺこだったので、タクシーに乗り込み味噌煮込みうどんがおいしいというお店に案内してもらう。そこで名古屋コーチン入り煮込みを食べた。この旅行始まって以来のしっかりした食事に満足し、名古屋の繁華街をぶらつきながら帰ってきた。さぁ、明日も距離は長い。鈴鹿越えもある。万全の体調で臨むため、今日も早めに就寝。

東海道 京都への旅:4日目 

May 02 [Sun], 2004, 16:36
朝6時半出発。さすがに名古屋の街も交通量は少なく、テレビ塔を横目にチャリンコも好きなだけ飛ばせる。できる限りのハイペースで四日市を9時半には通過し、12時くらいには鈴鹿の手前の関宿というところで昼食をとることができた。すでに80kmも走ってます。でもこれからまだ60km以上はあるみたいで気が重い…。いよいよ鈴鹿越えが待っている。しかし、鈴鹿の峠も箱根並みにキツイのかと思っていたら緩やかな坂が長くダラダラ続いていてしんどいことはしんどいが箱根ほどではない。予想よりも早くあっさり越えてしまった。越えたあとは下り坂や追い風に助けられ平均時速30kmで順調に進行。出発前は夕方6時までに着けるか心配したが、なんと4時半には到着。重要文化財にも指定されている趣のある宿にチェックインし夕食までのんびり過ごす。夕食は近江牛のステーキ。夜10時には就寝して朝は7時起きなので今日はゆっくり寝られる。

東海道 京都への旅:5日目 

May 03 [Mon], 2004, 20:30
今日はいよいよ京都にゴール予定。8時30分に宿を出発。ちょっと曇り空。雨が降らないといいな。11時ごろ、東海道の宿場町、草津に到着。新選組も泊まったという草津の本陣を見学。宿帳らしきものがあったので記念に名前を記入して雰囲気を味わいます。ここまで来たらもう京都は目の前。しかし、もったいぶるように大津の手前で寄り道、南郷というところで温泉に入り、ちょっと休憩。アロエ塩というのがあったのでそれで体を擦り、ここまでの旅の垢を落とします。すっきりして京都へ向け、ラストスパート!
そしてついに16時20分、東海道の最後、三条大橋を渡りついに東海道の旅ゴールを迎えました!横浜からの総走行距離594.52km!走ったぁ!感動のゴールをした後はさっそく京都市内を観光。だが、あまりの観光客の多さに閉口。池田屋跡も立ち止まることがあまりできず。しかたないので先斗町のお好み焼き屋に入ることに。そこで焼酎とワインとラムネを割ったアカ酒なるものを飲む。なんとも微妙なワインだけが濃いようなそんな味。これ一杯で局長は悪酔い。烏龍茶のビンをひっくり返すなどの大暴れ。その後もチャリで人をひきそうになるなど、さすがはかつて幕末の京を剣で震えあがらせただけのことはある。悪酔いはまだいいとしてユースに着いてから大ハプニング!俺らの予約が入ってない?調べてもらうとなんと局長が勘違いして明日あさっての日付で予約してしまったらしい。しかも女性部屋はキャンセルがでててなんとか空いてるが男の方は目いっぱいでイトが泊まれるかかなり微妙とのこと…。なんかこういう話新選組の逸話でもあったよね。局長への当てつけに芹沢鴨みたく外で大焚き火して暴れてやろうか。でもとりあえずまだチェックインしてない人の部屋に行き、その人が来なければそのまま泊まり、来ちゃったら部屋の床に布団をしいて寝るはめになるということにする。……なんとかそれは免れたみたいで、無断キャンセルだったようで今日もゆったり就寝。

東海道 京都への旅:6日目 

May 04 [Tue], 2004, 19:30
この旅初めての雨の日。時折ものすごい大雨が降りますが、バスを使って一日中市内観光。まず新選組の最初の屯所があった壬生寺、八木邸へ。朝早いにもかかわらずもう長蛇の行列が…。八木邸へ入るとガイドさんの説明があり、芹沢鴨暗殺事件などの話を聞く。その日もこんな雨が降る夜だったそうで、そう思うと一瞬にしてタイムスリップしたような気分に。
すぐお隣の壬生寺では近藤勇の胸像などを見学。その後は新選組資料館や第二屯所の西本願寺、霊山資料館の新選組展を見て完全に新選組の世界に引き込まれていきます。参謀伊東甲子太郎が暗殺された油小路などマニアックなところも寄っていきます。そこからは電車を使い少し離れた伏見まで向かい、鳥羽伏見の戦いで新選組や幕府軍が陣を張った伏見奉行所跡地を見るためにしばらく歩いてみるもののなかなか見つからない。やっとの事で見つけるが団地の入り口に石碑のみがひっそり立っているのを見てちょっとがっかり。ここまでマイナースポットを訪れる人は珍しいのか。思えば観光客の多さのピークは朝の八木邸と霊山護国神社で、あと行ったところはほとんど人がいなかった。そこに一般の観光客とは違う、わざわざチャリで600kmかけてきた冒険部の意気込みが見えるような気がする。寺田屋や鳥羽伏見の戦いの銃弾跡を見ていたら日も暮れてきたので四条まで戻り、今日も先斗町で飲んでいく。酒は熱燗。当時の隊士もこうやって飲んでいたのかと思いを巡らせます。明日は旅の最終日。

東海道 京都への旅:7日目 

May 05 [Wed], 2004, 23:24
京都最終日の今日はまず太秦映画村へ。ここでは時代劇の衣裳を身につけてしばらく村内を歩けるのでもちろん新選組の格好をさせてもらう。ものすごく厚化粧をされ、昭和の銀幕スターのような顔に。かつらと衣裳を身につけ、しばし外を練り歩く。自分たちを写真に撮りまくりたいなと思っていたが、それより道行く人たちに「一緒に写真を撮ってください」と頼まれまくる。順番待ちの列までできて軽いスター気分。サービス精神もでてきて何枚か撮る人にはいろいろポーズも変えてみたりする。そのためだんだん刀さばきもサマになってくる。本当に映画村で働いてる人だと思ってたおじさんもいた。さんざん写真を撮ってはしゃぎまくって映画村をあとにする。京都御苑では銃弾の跡が門に残る蛤御門を写真撮影。同じく修学旅行と思われる女子中学生が写真を撮ってガイドさんの話を聞いていたが、いまいち???という顔。やっぱりこういう歴史は中学生には早いんだろうな。俺らも当時はぜんぜんわからなかったもん。そのあと見に行った二条城も実は修学旅行で行ったところ。そのときはあまり興味なかったものも今回では長い間足を止めて見るようになった。ようやく歴史の重みがわかる歳になってきたんだなぁ。電車の時間も近づいてきたので京都駅へ。ついにこの旅も終わりが近づいてきております。苦楽を共にしてきた愛車も輪行するため折り畳んで袋に入れてこれからはえっちらおっちら担ぐことに。
しかし、ここでもハプニング!折り畳んだ時、折り畳む部分の蝶つがいというか連結部分の金具がポロリ…、どうやらナットが外れてたみたい。周辺には落ちてないのでおそらくどこか他のところで落としてそのまま走ってたのかも知れない。そう考えると背筋がゾッとする。もし時速40kmで下り坂を走ってるときに空中分解してたら…。パンクもなく無事に来れてると思ったら実はそうではなかったんだな。やはりどこかにガタはきてるもの。次回からは気を付けます。
18時過ぎに京都を出発。いままでチャリンコで必死こいて走ってきた道をこれから電車で通り過ぎていきます。横浜に着くのは4時17分。それまで旅の道程を夢に思い出しながら眠りに就きます。
これにて京都の旅は終了です。

甲州街道 日本橋〜勝沼へ:1日目 

June 19 [Sat], 2004, 23:15
6月19日6時30分 神奈川〜日本橋〜山梨(勝沼)編 いよいよスタート!まずは東海道を完全に制覇するために再び国道1号線を走り、お江戸の日本橋を目指します。30km程度だから順調に行けば2時間後には着けるでしょう。絶好の自転車日和に恵まれ、出発!
8時くらいには東京タワーの近くを通過。普段電車で行く所を自転車で通るのは不思議な感じです。
8時30分 日本橋到着。ついに東海道制覇!ここから甲州街道を通って山梨を目指します。
1時ちょっと前、八王子に着いたところで駅前のなか卯で昼食。割りといいペースで走ってます。八王子まで76km、やっと折り返し地点を過ぎたかなといったところ。高尾山の手前からは緩やかな坂が続いていくとの事。暑さにも気を付けなきゃいけないので、かなり神経を使いそうです。15時過ぎには高尾山からの上り坂をやっと登りきり、だんだん下りになりはじめた。途中、小原宿本陣屋敷で休憩。もう少しで相模湖です。相模湖ピクニックランドもこの近く。しかしまぁ、今日の暑さにはホント参りました。ありえないくらい汗が出て、コンビニも自販機もない道で脱水症状になりかけるし。やっとの事で大月の手前の上野原という駅でノッチと合流し(※今回ノッチは自転車旅には不参加)、自転車を畳んで電車で勝沼のノッチの実家に向かいます。ここまでの走行距離107q。
まずノッチの案内で露天風呂からの眺めが最高だという「ほったらかしの湯」へ行ってきました。山の上にあるそこからは甲府盆地の鮮やかな夜景がぐるりと見渡せ一日の疲れも一気に癒されます。しかもこの温泉の特徴は脱衣所が露天風呂の上に清水の舞台のようにせり出していて青空のもとで着替えができるということ。まさに、ほったらかしの湯!ものすごい解放感でした。ノッチ家(けっこう豪邸!)に帰るとノッチのお母さんがほうとうをごちそうしてくれました。ほうとうのあとには山梨で採れた桃やさくらんぼなどがたくさん出てきてさすがはフルーツの郷だなと唸るばかり。冬のソナタを見るお母さんの邪魔をしてはいけないので、早々に自分達の部屋に引き上げ、早めに就寝。

甲州街道 日本橋〜勝沼へ:2日目 

June 20 [Sun], 2004, 19:00
朝起きてからノッチ家の近くの笹子峠に矢立ての杉という天然記念物に指定されているという樹を見に。中が空洞になっていて10人くらいは軽く入れる大きさです。
その後行ったのは笹子峠の旧笹子トンネル。地元では有名な心霊スポットらしく、車から降り200mほどのトンネルを歩いて通ることに。まったく明かりがないため昼間なのにトンネル内は真っ暗。ちょっとした肝試し気分。勝沼といえばぶどう、ぶどうといえばワインということで勝沼ぶどう郷のワイナリーへ。といっても全員ワインは苦手なのでアイスでぶどうの味を楽しむことに。それから駅まで車で送ってもらい、ここからは電車で日野まで向かいます。
日野駅で電車を降りると今度は自転車で土方歳三の生家に向かいます。ここは土方歳三資料館として遺品や関連のものが一般公開されていて、この日も多くの観光客とファンが詰め掛けていました。中で歳三の子孫の方が展示品の説明をしてくれます。その展示品の中には有名な土方の愛刀「藤原和泉守兼定」も抜き身で公開されていました。おそらく現存する日本史上の刀のなかで最も多くの人間を斬った刀…その刃先と微かに光る刃紋を見ていると背筋がゾクゾクッときて言いようのない緊張感が出てきます。
外には土方が幼少時代自らが立派な武士になりたいという志を持って植えた矢竹が今でも青々とした葉を茂らせ大きく育っているのが印象的でした。資料館からまた日野駅近くに戻り日野宿本陣跡を見学。日野宿本陣は土方歳三の姉のぶの夫、佐藤彦五郎の家でもあります。そのため土方をはじめ、近藤勇や井上源三郎、沖田総司といった天然理心流試衛館のメンバーもよく出稽古や遊びに来ていたと記録に残ってます。中を見学しながら土方歳三も昼寝をしたという部屋でおそらくこんな感じで寝てたんじゃないかなと思いつつ自分達も寝てみました。その後高幡不動尊に行って土方歳三の銅像と近藤・土方の顕彰碑である殉節両雄の碑を見たあと、自転車を走らせ八王子から電車で横浜まで戻ってきました。今回の旅の総走行距離は126.19km 暑さと上り坂に悩まされた旅でしたが、ノッチの協力で山梨を満喫できました。

うつくしま福島 会津若松〜仙台・松島へ:1日目 

July 17 [Sat], 2004, 20:15
今回の旅はちょっと趣向を変え、メインは車(イトのマイカー日産キューブ )での移動。でもしっかり後ろには自転車を積んでいます。これで会津内を巡るのだ。しかし、果たして出番はあるのか。福島は数日前から記録的な豪雨。テレビでは連日その被害が報じられています。そんななか冒険部は旅を決行。横浜を早朝に出発。東京までは曇り空だったが埼玉では青空。これはいけるか?しかし、鬼怒川あたりから再び天気がぐずつき始める。そしてあっという間に大雨。やっぱ来るんじゃなかったかなぁ…。
何はともあれ、せっかく来たのだから楽しまねばと車で会津若松を観光。まずは鶴ヶ城、城内の資料品はやはり幕末と新選組中心になってました。そのあと近藤勇や斎藤一の墓をお参り。雨のせいか墓に来ている人はほとんどなく寂しい墓参りとなりました。ってかそりゃそうだよな、墓だもん。雨で各交通機関や高速道路もストップ。ユースの予約も俺ら以外は皆キャンセルだったらしく唯一泊りに来ているのは雨で近くの川が氾濫した時のために待機している青年団のみ…。
でもおかげでゆったりでき、夜はオーナーとその友達(皆60才前後)と日本酒を酌み交わしながらおしゃべり。聞くとこによると会津の人達は親しい者同士“仲間講”なるものを作ってお金を出しあって積み立て、月に1回程度飲みに行ったりしてるんだとか。で、仲間の誰かが選挙に出たりとかしたらその人は仲間講のお金を資金として借り受けできたりするらしい。ちなみにここのオーナー、横浜の中田市長や桂三枝などにも顔が聞くらしい。何者なんだろう?
2004年04月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
アイコン画像手マンの伝道師っすwww
» 東海道 京都への旅:1日目 (2009年05月11日)
アイコン画像すかし
» はいさい!沖縄本島一周の旅:7日目 (2008年10月18日)
アイコン画像じゃぶ
» はいさい!沖縄本島一周の旅:7日目 (2008年10月04日)
アイコン画像よしと
» はいさい!沖縄本島一周の旅:7日目 (2008年10月01日)
アイコン画像俺と妹
» はいさい!沖縄本島一周の旅:7日目 (2008年09月27日)
アイコン画像隙間男
» はいさい!沖縄本島一周の旅:7日目 (2008年09月25日)
アイコン画像ちちち
» はいさい!沖縄本島一周の旅:7日目 (2008年09月24日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:cyaritabi
読者になる
Yapme!一覧
読者になる