どっちが親か・・ 

October 18 [Sat], 2008, 21:53
長男の高校の文化祭に行った
・・・ヤンキー校だ
校内は、文化祭で校則が緩やかになってる女生徒が、ここぞとばかりに化粧しまくりで「ここはキャバクラか」と、勘違いするほどの勢いだ〜

で・・でも、そんな子は優しくて面倒見が良い子ばっかりだった・・・。
一緒に行った末っ子には、とても優しく声を掛けてくれたり、私たちがお化け屋敷に入る時に「バックは邪魔だろうから」と預かってくれて、私たちが出てくるまでバックを胸にギュッと抱きしめて安全に持っててくれたり、(安全に持ってなきゃいけない空気も怖いが(笑))、迷子になってた何処かの子供を抱き上げて「ママはドコですか〜?」と探し回ってる生徒もいたな。

長男に、そんな話をしたら「格好がヤンキーだからって、本当に悪い生徒はいないし。お母は見掛けで人を判断しちゃいけないよ」と・・。あい・・すんまへん



部活が遅くなり、バスがなくなった長女を車で迎えに行った
途中まで、他の生徒も一緒に乗せて来たんだけど、道中で私が長女に「まったくさ、お父がア〜でコ〜で・・」と、一日の出来事を話しながら走っていた。

その生徒を降ろした後に、私はその子は両親がいなかったことに気付いた

「ありゃ・・気付かないでお母さんは自分の家族のことをベラベラ喋っちゃって、○ちゃんに悪かったかな・・」と長女に言うと「別にそれでいいんだよ。そんなことを気遣って喋ると、よけい○ちゃんは傷ついちゃうんだから。そういうことを気遣うほうが失礼だし」と・・。あい・・そうでした。反省します


夏川りみ 

October 13 [Mon], 2008, 21:10
地元で夏川りみコンサートがあった。
無理矢理に友人に誘われ、まったく興味がないまま行く事になり・・

もう寝ちゃうのが判っていたから、ファミレスで眠気覚ましにコーヒーをバカスカ飲んで「お前!つまんなかったら5500円返せよなっ」と悪態をつきまくりwだった。

開演前も、やはり無理矢理引っ張られた他の友人と「開演一分前なのに、こ〜んなにドキドキしないコンサートも初めてだよな」と、まだ言ってたw

が・・・いいじゃん・・夏川りみ・・・
歌が始まると、その歌の詩と歌声に不覚にも酔いしれてしもうた〜〜

気付くと、私ってば涙ボロボロ流れてるし
やっぱし、親子や家族の愛の歌を、あの声で聴くと、ガラにもなく涙もろい私は鼻水ズリズリであった

我が子たちが生まれた時の気持ちを思い出しては泣き、半年前に死んだ父のことを想っては泣き・・

でも、コーヒーバカ飲みした事が祟って、コンサート最中にトイレに立った客は私ひとりきりだった・・
お恥ずかしい限りだ

なんかなぁ・・2 

September 14 [Sun], 2008, 23:51
子供とスパへ行ってきた いっそ住んでしまおうかw

露天風呂に滑り台があり、久しぶりに滑ってみた
こ・・怖い 「ひゃ〜〜〜」と悲鳴を上げながら滑り込み、鼻の穴に大量の湯が入り込み呼吸困難だ

それを見ていた子供は「・・・なんか怖くなった・・」と滑らず、「じゃお母さんだけが滑るね」と調子に乗って遊んでいた。

そんな時に、婆ちゃんと孫(二人)らしき連れがやってきて、お兄ちゃんは滑り台で遊んでるんだけど、弟がどうしても怖くて滑れない。

婆ちゃんが弟に「滑れなくて悔しくないの」と何回も言っている。弟は無言。

「じゃママに、滑れたよ〜って言うの?出来なかったのにウソついて言うの言えないでしょ?だからやってみな」 ・・あまりに無謀な

さらに「じゃもう帰ろう」と言い出し、もちろん孫たちは「嫌だ〜」と言ったら「じゃ滑ってごらんよ」・・そりゃ汚いやり方だ

「悔しいって思わないの できなくて悔しくないのママにウソつきたいの」と何回も同じことを言っている婆ちゃん。

悔しい悔しくない・・ってのは本人が思うことで、婆ちゃんは関係ない。婆ちゃんだけが悔しいんでないのか?
たかが滑り台ぐらいで、何でだ 本人が滑りたくなったら勝手に滑るしw

自分の子が怖がってるのを放っておいて、自分だけ滑って遊んでた私はどうしたらいいんだ・・オロオロ

立て続けに、行く末の気の毒な子供を目の当たりにしてしまい、とっても嫌な気分であった。


なんかなぁ・・・ 

September 14 [Sun], 2008, 23:11
ある大学で、大学生の兄さん姉さんが子供相手に科学的な面白い実験をやってくれる催しがあった。
面白いカテゴリがたくさんあり、理科好きの末っ子を連れて行ってきた。

大盛況で賑わっているなか、外で親の大声がする。
ふと見ると、小1ぐらいの男の子を立たせ、その前で母親が説教をしていた。

「やる気を出せば出来るでしょ なんでその一歩が踏み出せないの
その一歩でアナタの気持ちと世界が変わるかもしれない一歩なんでしょ
その気持ちを持ち続けることが、とっても大切でしょ
なんで・・なんでそういう気持ちを出すことが出来ないのよ〜
アナタには、それが出来るのママはそれを解っているの。何でそれが出来ないの〜

・・って・・。

兄さん姉さんが、「科学に少しでも興味を持ってくれれば」の楽しいイベントで、そこのママ。。そりゃかなり大げさでは
 多分、そのママが子供に参加させてみたいプログラムを子供が嫌がったような感じだった。

説教ママは、通りかかる他の親たちを何回も横目で確認しながら説教してて、雰囲気的に「皆に見せてる」?
説教してる自分に非常に酔ってるとしか思えなかった。

可哀想なのは立たされて下を向いたまま泣きそうに「はい!はい!」って返事させられてる子供だ。
自分に酔いしれてるママの小道具かよ。

参加したい。したくない。ってのは親の思いと子供の思いは違うっちゅ〜ねん・・。
面白さへの興味も、大人と子供の世界は違うっちゅ〜ねん・・。

子供を無視してまでも押し付けるんだったら、自分だけで参加すりゃいいじゃん

自分の欲望を、「ママはあなたのためを思って」と摩り替える。
「ママはあなたのためを思って」じゃない。「ママは自分だけが満足するために。周りに自分が褒められたいために」
















「こんにちはっ!!」 

September 14 [Sun], 2008, 22:51
長女の高校の生徒は挨拶が素晴らしい。

高校へ行くと、出会う生徒一人一人に「こんにちはっ」とキッパリ&早口で挨拶されて頭を下げられ・・・こっちも、いちいち挨拶を返しながら歩くので、なかなか教室まで辿り着けないし

前日の三者面談で行った時も、挨拶三昧で校内を(迷いながら)歩いていたら、向こうから長女が歩いて来た。

校内では「赤の他人を装う」ってのが長女の鉄則なのでw、私から「こんにちはっあの・・3年6組はどこでしょうか?」と聞いたら、「はいっそこをあっちに曲がって、あっちに行ったらこっちに曲がればあります」って・・・

お前は幼稚園児かよっ ちっとも判りゃしね〜よ!

やっとの思いで迷路の教室に到着して、面談終了後は長女はサッサと親を見捨て部活に戻っちゃったんで、帰りもまたまた迷子の親。必死で迷路の中をさ迷い歩く私であった

行きと帰りは景色が逆になるから、判らん・・・

何でもやる課 

September 14 [Sun], 2008, 22:41
いつもは、すぐに出てくれる家が何回行っても出て来ない。

部屋の電気も点いてるのに・・と、ピンポンじゃなくてノックしてみた。
やっと出てきてくれて、どうやらピンポンが故障してたようだ

「どうやって直すのか解らないから放っておいた」と言うので、「それじゃ毎月集金の私が困るよ〜」ってことで、ヅカヅカとその家に上がりこんで、ピンポン修理してきた

自分の家の家電修理はダンナ任せなのに、自分が困ることになると苦手な家電でも力を発揮できる私

眠れぬ森のブ女 

March 12 [Wed], 2008, 1:56
長男の高校入試も終わり、私は今日からオーストリア&ドイツに旅立つ
ダンケシェーン

今夜はダンナに対して「お勉強会」を行なった。
家事の手順、ゴミの分別&出し方、洗濯機の使い方、その他雑用モロモロ・・・。
「そっかぁ・・・一週間俺は大変だなぁ」と言いながらも雰囲気が嬉しそうなのは何故だっ

ダンナに「電話やメールする時は、時差を考えてからしてね」と言われ・・・そのセリフは私のほうから先に言いたかったのに・・・く・・悔しい

子供たちにもダンケシェーンの国に行くことを話した時は「えぇ〜〜うっそぉ」と言われるつもりだったのに、返ってきた言葉は「じゃぁ飯はどうすんの」って・・アンタ


今日、一緒に成田まで行く人が、私以上に頼りない人間で「私がしっかりしなきゃ」と気合を入れてたら、とうとう眠れなくなり・・・
もう真夜中だよぉ〜 緊張で眠れねぇよ〜 西岡すみこだよぉ


寝過ごしたら、ジ:エンドだから もう眠らないことにしたっ

一週間の滞在で帰ってきた頃に私は きっとドイツ語しか喋れなくなっていることだろう
では・・・ダンケシェーン(これしか知らん・・・)





ウィ!マダム 

January 21 [Mon], 2008, 21:39
子供のメガネの作り変えに店に行った。

終わって店を出る時に、私は静電気が凄いのでドアに触りたくなくて、子供が先にドアを開けるのを待っていた。

子供は子供で、私がドアを開けるのを待っていた(らしい)

そしたら店の担当者がすっ飛んで来て、ホテルのボーイさんのようにドアを開けてくれて。。。しかもエスコートしてるし

赤っ恥〜〜〜〜

間違えなく、「店員がドアを開けろよ」状態で立っていたと思われた・・・。












使えねぇ靴下 

January 21 [Mon], 2008, 21:19
長女の高校用紺ソックスが、替えても替えても右足親指だけお見事に穴が開く

「安い靴下だから」と思い、それなりのお値段のを買っても穴が開く

ダンナに「こんなに右足だけ穴が開く・・って事は、最初の一歩を右足で歩き出してるんじゃないのか 左足より右足の歩数が一歩だけ多いから一歩分だけ消耗が早いんだっ」と言ったら、ひっくり返って笑ってる

「右足で歩き出しても、左足で歩き終わってたら歩数は同じじゃん バッカじゃないのっ」と言われ、「あ・・・そっかぁ」と発見を即却下されますた

強行突入 

January 06 [Sun], 2008, 21:18
カーナビにCDを入れようとした。
普通なら挿入時にス〜ッと吸い込まれるようにCDが入るんだけど、何故か吸い込まない。

「いつもと違うなぁ・・・寒いからかな。。」と変な理由をつけて、CDを無理矢理突っ込んだ

カーナビから「ウィーンガタンガタン!ウィーンガタンガタン!」と規則正しく変な音がして、こ・・壊れた

ダンナに「あのカーナビ、正月から壊れちゃったよ」と訴えると、「どれどれ・・」と様子を見に行き、2分で直して帰って来た。

「あのさ・・・オーディオの中に、CDが二枚も入ってたよ・・前に入れたCDを取り出さないで入れただろ・・ほっんとに信じられない

アッパレダンナ
今年も私の後始末に頑張って頂きたい
P R
2008年10月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
http://yaplog.jp/cyacyako/index1_0.rdf
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:cyacyako
読者になる
Yapme!一覧
読者になる