NEC(代表取締役社長遠藤信博)は、ソー

February 14 [Tue], 2012, 13:25
NEC(代表取締役社長遠藤信博)は、ソーシャルメディア、いわゆるデータ関連事業、深刻な量の出現として、迅速に情報の巨大な組織です。現時点では、製品/サービスメニューの強化を含め、情報収集の分析を活用し、プロジェクトおよびデータ分析、戦略的優位の立ち上げに精通するための専門知識を促進することができます。製品改良の記事、写真、2月13日(DB)ソフト "インフォフレーム·リレーショナル記憶域データベース、優れたスケーラビリティを持つ最初のステップです。これは、初期展開のデータの増加のコストの約50%の減少に係る情報処理サーバーを追加するのと同じです。インフォフレーム関係ショップ "、エネルギーキャリアと通信、金融機関 - 機械およびインフォフレーム"情報 "CONNEXIVE"ソフトウェアの組み合わせを使用して、通信情報のために、 "M2Mの"サービスインフラ "の形で将来の展開します。 NECは、例えば、開発部門と営業部門、プロジェクトチームの戦略 "を立ち上げ、大規模なデータから成る約50人の"、今年2月に、組織として、実験や大規模なデータ関連技術の開発、マーケティングのデモンストレーションへの参加を強化しています今後3年間で、約200人に拡大する計画。さらに、社内の専門家が強化プロジェクトに応じて、エンタープライズ·ビジネス·ユーザーとデータ分析に慣れて、トレーニングに集中することができます。正人氏山本、今後3年間でビジネス·データのコマンドを取る上級副社長、 "熱心、あなたは15億円の円に大規模なデータを含む今日の40億元で、営業活動を展開すると。我々は、商業計画、データのセキュリティビジネス、セキュリティ、情報セキュリティベンダーを保護するために、さらなるビジネスチャンスを楽しみにしています。 (Zenfumisha)
P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/cy_vanessa22/index1_0.rdf