奨学金の無利子枠拡大

September 09 [Mon], 2013, 10:12


債務不履行で以前から話題になっていた、奨学金について新たな方針が定まった。

27日、文部科学省は日本学生支援機構が大学生らに貸与している奨学金の無利子枠を5万6千人分増やす方針を固めた。またそれに伴い、現在返済に苦しんでいる人の偏差猶予期間を延長するなどの救済策も固めた。

文部科学省は来年度の予算の概要要求に関連費用を盛り込む予定だ。

今年度は新入生向けの無利子枠を4万人分増やすとともに、東日本大震災で被災した学生向けに4千人分を拡大。
さらに海外留学する学生のための無利子奨学金制度を創設していくとしている。



経済的な理由で進学を断念する学生が少しでも少なくし、返済に苦しむことがない、そんな環境を作りあげていく、これが今後の課題であろう。