サミ・ヒンカでひととっち

May 05 [Fri], 2017, 6:33
チタンでできた人工歯根をあごに埋め込むのがインプラント治療ですが、チタンは骨と一体化して安定した歯根となりやすく材質やコーティングの進歩によって、アレルギーもほとんど起こらなくなっています。もちろん、治療を始める前にはCT検査、レントゲン検査、口腔内検査など検査を一通り行い、治療方針を決めてから本格的に治療をすすめていくので納得した上で治療を始められます。


それから、治療後には、メンテナンスを欠かさず継続することで安全で、快適な使用が続くことを期待できます。

近年市民権を得てきたインプラント。人工歯の組成には、多くの種類がありますが、多くは義歯の表面にセラミックを用いるものです。



これは文字通り陶器でできた人工歯であり、見た目と機能に優れたセラミックの歯を形成できるかどうかは、実際に義歯を作る歯科技工士の技術によるのです。綺麗な歯を作るための美的感覚と、それを実現する高い技術が必須になってきます。いわば一点一点がオーダーメイドですから、時間・技術ともに大きなコストがかかってくる結果、従来の金歯よりも高額になるのです。骨に人工歯根を埋め込んで義歯を被せるインプラントの耐久年数はちゃんと使っていれば一生持つと言われるのですが、実際のところは、施術の完了後も欠かさずメンテナンスを行えるかどうかや、担当歯科医の治療テクニックにも掛かっています。毎日欠かさず歯磨きをするなどのケアを怠ると、数年でインプラントが劣化し、また手術を受けなければならなくなります。



また、歯槽膿漏などの口腔内の病気にかかってしまうと、歯根を埋め込んでいるアゴの骨自体が弱ってしまいますから、それだけインプラントの使用可能年数も左右されてしまうのです。インプラントの特徴として永久に虫歯から免れますが、インプラント周囲の組織に異常が起こることはあります。
インプラント治療は、治療そのものよりその後のケアが重要で、インプラントの土台を維持するために、毎日の歯みがきと定期検診やクリーニングは手を抜くことができません。ですが、インプラントを入れた後、歯茎の腫れや出血があればそれはインプラント周囲炎の可能性があります。
感染が重篤化する危険性があるので一日でも早く歯科医の診療を受けましょう。



耐久性の面で、インプラントはどうかというと、歴史が比較的浅いのでデータも多くはありませんが、きちんとメンテナンスを行った場合は自前の歯と同じレベルの耐久性を保てるとされています。ということは、日頃のケアを欠かさなければ長期間トラブルなく使うことも可能ですが、他の自分の歯と同じように、ケアが行き届かなければ維持できなくなる異常も起こりうるということを肝に銘じておくべきです。インプラントという治療法を聞いたことのある方も多いでしょう。



これは、歯のなくなった部分の顎骨に穴を開け、人工の歯根を埋没させて癒着させ、その上から義歯を付けるものです。
その他の手段、例えば入れ歯と比較すると、見た目もキレイですし、食事も格段にしやすくなっています。この最新の治療法には、歯科医をはじめ、歯科技工士などのスタッフの卓越した技術を置いて語れません。
患者さん一人一人の口腔内の状況に合わせた高度な施術ですが、保険はきかず自由診療なので、治療費は高額になっています。


歯科治療のインプラントとブリッジ、どこが違うかといえば、いわゆるインプラント治療では、あごの骨に小さな穴を開けて、そこへ人工歯根を埋め込み、固定されたところで義歯をつけます。



ブリッジ治療とは、欠損した歯の両隣に残った歯を一回り細く削り、その上から義歯のついたブリッジをかぶせるのです。

口を開けたところを見れば多くのケースではインプラントが優っていると考えられます。
ブリッジ治療では、両隣の歯は橋の支柱のように削ることになるという覚悟もしなければなりません。

インプラントの技術が確立されてきた現在では、医療スタッフもインプラントに慣れてきて、失敗は少なくなったようですが、今でも僅かながらトラブルの可能性はあります。人工歯根とその上の義歯の接続が不十分で、食べ物を噛む際に義歯がグラつくなどといったトラブルの事例もあるようです。

そのようなトラブルの多くは、歯医者さんの経験不足のせいといえるでしょう。高い技量を持つ歯医者さんを選択することが、インプラント成功のカギといえます。

典型的なインプラント治療は、3つのハードルを越えなければなりません。
最初に人工歯根を、歯茎を切り開いてあごの骨を掘ったところに埋め込みます。


あごの骨の中に人工歯根がしっかり定着するのを待ち、それからアタッチメントという連結部分をはめ込み、義歯をつける、というのが大まかなプロセスです。
この中では、人工歯根があごの骨に定着するまでに時間がかかり、もちろん、いろいろなケースがありますが、2ヶ月くらいは最低でもかかり、長い場合は6ヶ月ほどかかるのが普通です。このため、インプラント治療を始めてから義歯を使えるようになるまで、全部で3ヶ月から10ヶ月かかることを覚悟しましょう。顎骨に人工歯根を埋め込んで義歯を固定するインプラントは、全てが同じ構造ではなく、各パーツの構成により以下に示す何通りかに分かれています。インプラント(人工歯根)とアバットメントが一体であるのが1ピースタイプと呼ばれるもの。



そして、これらが別パーツになっている2ピースタイプがあり、こちらの方がメジャーです。

この2ピースタイプはさらに、人工歯根にアバットメントを接続する部位の形で、凸面(エクスターナル)タイプと、凹面(インターナル)タイプという二つの形式に分かれますが、インターナルタイプの方が最近はメジャーになっています。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Yuto
読者になる
2017年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる