保険料の違い 

August 27 [Mon], 2012, 7:37
保険料って商品によって違ってくることはご存知のことだと思います。ではなぜ保険料が違うのかを考えてみたいと思います。商品によって保険料が違うのはいくつか理由がありますが、理由の一つに保障期間の違いがあります。

たとえば、保険の保障期間が一生涯保障タイプなのか、一定期間のみ保障する定期タイプなのかによって保険料は違ってきます。一定期間を保障するタイプのほうが保険料が安くなる傾向にあります。
これは、保険会社にとってみれば10年間とかの一定期間のみを保障するタイプであれば、保険金を支払う可能性が低いから保険料も安くなるということだと思います。
とくに若い世代だとこのことがよく理解できます。30代で入院や死亡する可能性と70代の人では可能性が違いますね。だから、一定期間のみを保障するタイプだと保険料が安くなる傾向があるんです。

生命保険のいろいろ 

April 11 [Wed], 2012, 7:02
「生命保険」と聞いて、あなたはどんな種類のものがあるか答えることができますか?ただなんとなく入っていて自分が入っている「生命保険」の内容を理解していない人、結構いるようです。

生命保険には、主に3種類あり「終身保険」「定期保険」「養老保険」と言われます。「終身保険」は、保険期間が一生涯続く保険。「定期保険」とは、保険期間が決まっている保険。「養老保険」とは、保険期間が決まっていて、満期時に生存していた場合は満期保険金が保険金と同じ金額で受け取れる保険のことを言います。

「生命保険」は自分がもしもの時に、残された家族に不安を与えないように今から準備できる唯一の貯蓄です。貯蓄と言っても、契約した時点から払い込んだ保険料に関わらず、契約した金額を受け取ることができるのです。

保険料、払い込み期間、満期時の受け取り金額等、様々なプランがありますので、自分に合った「生命保険」を契約し、貯蓄と同時に安心も手に入れましょう。
転職 種類 同様 高く 目的 場合 保険 変化 人生 覚え 保険 に関して 手順 必要 保険 再度 自分 たとえば 今

保険ってどうかな 

January 25 [Wed], 2012, 7:31
保険には「損害保険」がありますが、補償を偶発的な事故や、自然災害など、偶然のリスクによって生じた損害だけに限定していることをご存知ですか? 損害保険も用途によって種類が分けられます。たとえば、「自動車保険」「火災保険」「地震保険」「傷害保険」などです。 「自動車保険」に関しては、自動車使用に関係したものです。「火災保険」は建物・建物内の物品の火災や風水害を補償します。 「損害保険」を構成しているのは、「ノンマリン分野」と「マリン分野」というものから成り立っているのです。 「損害保険」に入るということは、自分自身が、何にそなえなければならないかを理解しておく必要があるのです。 「マリン分野」とは字づら通り、海上に関係している保険です。たとえば、「船舶保険」「運送保険」「貨物保険」などです。 それ以外の、自動車保険、火災保険、傷害保険、新種保険、積立保険、などの保険のことを、「ノンマリン分野」と言っています。 契約時の虚偽の報告は絶対に止めましょう。なぜなら、保険契約の解除、事故がおきた場合に、保険金が支払われないということもあります。 損害保険は、万が一の時に保険料が支払われるようにするには、義務を果たせば、しっかりと責任を果たしてくれます。

なぜなら 方 そして 中 例 解約 現実 転職 自分 高く 解約 結婚 ましょ 継続 ましょ 言わ 生活 生命 生命

生命保険インフォ 

December 06 [Tue], 2011, 7:29
事故や病気などによる人の生死に対して、あらかじめ一定金額を支払うことを約束しておく保険が生命保険です。 具体的には、生命保険に入っていれば、もし愛する家族が亡くなったときに、残された家族が生活するためのお金が保険金として支払われことになるのです。 このように「万が一のときに備えて加入しておくのが生命保険」であり、実際に、日本の全世帯の90%が何らかの保険に加入しているそうです。 ところで残念な事に、自分が加入している生命保険がどのような内容なのかを理解している人はとても少ないのです。 生命保険に加入した人の中には、セールスマンから言われるがまま、または友達から勧められて断りきれずにという方が多いです。 きわめて複雑な生命保険の仕組みに戸惑ってしまい、自分では調べてみる気も起きないという方も非常に多いです。 しかし、そんな事では自分に合わない保険に加入してしまい、毎月ずっと高額な保険料を何十年と払い続けていかなくてはいけません。 そうならないように、生命保険に加入するのか検討中の人は、きちんと知識を身につけておくことが絶対に必要です。 すでに生命保険に加入している人は、その保険の保険証券を近くにおいて、再度契約内容についてきちんと見直してみましょう。

ましょ において 今 生命 方 数える とても ライフサイクル メリット 生命 ライフサイクル 非常 意外 私

保険情報 

October 28 [Fri], 2011, 7:40
一般的に、「生命保険」は星の数ほどあるのではないでしょうか。また、私たちは、人生の中で必要な保険を必要な時機に選択しなければなりません。 人生のイベントとは、たとえば、結婚や出産、転職などです。ライフサイクルが変わると必要な保険も変わることがこれでわかったと思います。 自分のライフスタイルに合った保険に変更していくべきなのです。しかし、深く考えずに保険に加入し続けている人がとても多いです。 保険を選び直す必要が出てきた場合にも、同じ方法で選んでいくのです。だから、しっかり理解しておくことが大切です。 メリットをだすためにも今、入っている生命保険を継続することを心がけましょう。しかし、当然、選び直すことも踏まえておきましょう。 なぜなら、当然のことですが、入りなおすと契約年齢が高くなるため、どうしても保険料が高くなり不利な契約になります。 また、「生命保険」に関しては、継続した方が得になるようになっています。解約は、最後に、とっておいた方がいいでしょう。 生命保険の選び方に関して、覚えておいてほしいことは、生命保険に加入する目的をしっかり持っておくことなのです。 そして、次にすべきことは、これからのライフスタイルの変化などを考え、自分に合った生命保険を選びましょう。

たくさん テレビ に関して 入っ 合わ 保険 補償 加入 自賠責 一定 保険 何 充分 ? 保険 自動車 保険 周知
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:cxinnmi
読者になる
2012年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
Yapme!一覧
読者になる