イデアでピピン

April 20 [Wed], 2016, 21:13
引く手あまたの介護士は就職しやすく、さらに転職に際しても簡単なことが多いです。転職に際しては、まず履歴書にて選考を受け、これに通れば、雇用する側との面接になるでしょう。面接では、今まで勤務してきた職場における経験などについての話を聞いてもらったり、相手の質問に答えたりしますが、介護士としての能力と同様に、性格的な部分や、職場にスムーズに適応できそうか、という面もしっかり注視されていることを、知っておきましょう。仕事上の能力や技能はもちろんですが、人間的な魅力なども相手側に知ってもらうことも大事なことなのです。学校を出てすぐに勤務した介護施設で、めまぐるしく働いて、無理をしすぎたせいもあって辞めることになり、介護士は向いていないのではないか、辞めた方がいいのかも、とぐずぐず悩んでしまいました。
ですが、ハードな仕事ではあるものの、やっぱり自分には、介護士という仕事しかないだろうと考えて、別の介護施設で働こう、と転職を心に決めました。そこではたと困ってしまったことがあります。情けないですが、履歴書をどう書いたらいいかがわかりませんでした。

スマホ片手にサイトを探したり、それらしい本を買ってきたり、こうかな、違うかな、などと考え考え書いたのですが、自分はもう子供ではなく、人生に関わる大事なことはなんでも自分自身で決定し、責任をもってやっていかなきゃ、ということがつくづく実感したものでした。


数年ほど、介護士として働いているのですが、思ったことは、一般に介護士は喫煙率がすごく高く、またアルコールを飲む習慣を持つ人の割合も高いです。
煙草の害については、散々耳にしますし、社会的にも否定的な面が大きくクローズアップされていることもあって、ヘビースモーカーの介護士も減ってはいますが、別の業界と比べてみたら、きっとまだまだ高い喫煙率を示すでしょう。



それから、たまにあるお酒の席などで見られる、介護士たちの酔い方、といいますか、酔態は阿鼻叫喚とは言いませんが、そこに白衣の天使はいません。



とは言え、こうした醜態も日頃から仕事で抱え込んだストレスのせいだとも理解できますので、少しでも発散できるのなら、多少目をつぶった方が良さそう、と思いました。高い給料をもらっている介護士でも、もっと収入を得たいと考えて、Wワークに挑む人もいます。
Wワークに向いた仕事も様々で、健康診断をサポートしたり、修学旅行などに同行するツアーナース等々、その日その時の単発ものから、短期の仕事も多くありますので、本業の休みの日を使ってWワークというのも、体力さえあればやりやすいようです。
ですが、本業で勤めている介護施設で休みをきちんと取らせるためにも、Wワークを禁じているところはありますし、第一、本業の介護士としての仕事がまた、ハードワークそのものであり、体に無理をさせてまで副業をするのは、決しておすすめ致しません。あまり意識されたことは無いかもしれませんが、介護士にもそれぞれ階級があります。高い階級から言うと、職場によっても違うのですが、大抵は看護部長や総介護士長がトップにあたります。


実際に階級を上げるためには、同じ介護施設に長期間勤務して実績を積むなど、一目置かれ、認められるような存在になることが大切なようです。

階級が高くなるほどに高い収入を見込めます。


医師の仕事と介護士の仕事の間の、この二者間の決定的な違いといえばなんだと思いますか。



はっきりした違いは、医師がすべきことは患者さんの診察を行い、そしてそれに沿って治療を行うということや、病気をいかにして予防するかを助言したり、そのために必要な薬の処方を行うといったことが仕事です。
その一方、介護士さんの行うことはといえば、医師の指導の下、医師が行う診療の補助を行い、介護面はもちろん、精神面でも患者さんをサポートしていく仕事です。職場にもよりますが、介護士の給料というのは、他と比べると、女性の仕事としては、随分と高給です。

人命にかかわる緊張感のある仕事だということや、夜勤や残業が多く、それに対する手当を間違いなくもらえる、というのも大きいです。他の人より夜勤をたくさんこなしていたり残業を厭わずに長時間こなす等々、そんな介護士なら確実に給料は、普通に働いている他の人と比べると、かなり高くなるでしょう。新卒で勤め始めた新人介護士や、他の介護施設から転職してきた介護士の場合、残業したことによって支払われるべき給金が未払いになることがあります。残業代の未払いは、雇用された人の経験やスキルは関係なくはっきりと労基法に違反しているのです。

行なった残業は、労働には違いありません。


なので、当然、働いた分のお金は、対価をもらう権利があります。昼夜を問わず介護施設で働き患者の状態を見る必要のある介護士はほぼ確実に夜勤があります。夜勤の時間帯については、勤める介護施設が2交代勤務か3交代勤務かによって変わります。



主に2交代制勤務のシフトでは、夜勤が17時間(休憩含む)と長いです。
また、3交代勤務の場合、休みと出勤が8時間で区切られるため、家に帰っても十分に休めない事もあります。
求人に応募しようとする介護施設がどういった交代勤務を採用しているのか調べておいた方が、実際の勤務に向けた心構えが出来ると思います。

当然ですが、介護施設には患者それぞれの症状に対応する科がたくさんあって、部署が違えば、介護士として必要になる技術やケアなど、看護の方法が違います。それまでの配属部署以外の部署で研修するローテーション研修では、自分の部署には無い幅広い看護技術を修得できますし、介護士として全体的なものの見方が出来るようになり、知識を深められるでしょう。

将来的な夢を現実的に見据えるキッカケになりますから、新人介護士の意欲も高まります。介護士には夜勤がつきものですが、夜勤をすると心身に悪影響が及ぶような場合、日勤だけの勤務を条件に、転職を考えてみてください。
ですが、注意点ですが、夜勤の際の深夜労働手当てが支給されないので、夜勤で働いていた頃に比べて結果的に給料が減ることが少なくありません。今の収入を減らしてでも、転職するのかどうか、後悔しないようにしっかりと計画する必要があります。


街コンはもうご存知の方が多いと思いますが、そこではたくさんの出会いが待っています。
このイベントに参加する介護士の方は少なくありません。
女性の多い職場であるためなかなか男性と関わる機会がなく、結婚相手を見つける目的などのある介護士が、街コンに参戦しています。



街コンでは、介護士という仕事は一種のステータスとなることが多いです。
しかし、もしも新しい出会いがあっても仕事が規則的でないということが原因で、上手くいくケースばかりではないのが現実です。

介護施設で介護士として勤務している人の中には毎日の勤務時間がばらばらであり、過酷な労働環境だということも相まって、まったく違う仕事に移る方も少なからず存在するそうですが、実をいうと、介護士の資格を持っているとその他の仕事でも有益であるケースが多いのです。



例を挙げると、病気になった人をどう扱うかや、体の仕組みについて知識を身に付けているため、未経験でも働きやすい職場といえば、保育関係やリラクゼーションサロンなどです。介護士として働くということは、イコール夜勤の仕事も含んでいるという場合が大半ですから、介護士の中でも小さな子を持つ場合にはとても難しい問題となっています。

小学生になる前の子供だったら、24時間いつでも預かってくれるような保育所を探したり、介護施設付随の託児室があればそこへ預けることもできますが、現実問題として、就学してしまうと預け先が極端に減るということがあります。

ですから、パートで働く形に変えていくという介護士も相当数いると思われます。国家資格を有した正看になるためには、看護課程の専門学校や大学を卒業するのが必須です。卒業できなければ、試験の受験資格がありません。ですが、看護の専門学校も人気が高く定員が少ないので、看護学校の受験合格を目指した予備校も人気があるのです。


正介護士の資格が欲しいけれど、いま既に働いているという方は、通信教育課程も幾つかありますから、検討してみるのも良いでしょう。貴重な人材である介護士が必要とされている場は介護施設以外にもあります。
それはどこかというと、介護施設です。


そのうちのグループホームでも介護士は必要とされています。

このグループホームにいるのは、基本的に認知症の方ばかりなので、特別な配慮が必要となってきます。
介護の分野に関心があるという介護士は、一つの選択肢として、グループホームで働くというのも視野に入れてみてください。専門職だけあって、介護士という仕事についていると、仕事にあぶれる心配はなく、転職も難しくありません。結婚、出産、子育て、または引っ越しなどといった諸事情による転職も多いですが、そんな中、もっと上を目指したいために転職しようとする人も大勢います。



そうした場合は、特にしっかりした志望動機を述べる必要があります。そうでなければ肝心の転職自体、できない恐れがあります。今よりもっと専門的な看護の知識を得たい、とか、大介護施設で最先端の治療に接したい、というように積極性を感じられる理由を挙げたいところです。「介護士」という仕事は、一般的には安定した収入が入るものと考えられていてもし、ローンを組もうとすることがあったとしても、比較的審査が通りやすいと言えます。けれども、非常勤で勤務している介護士の方など、不安定な雇用状態の場合には注意する必要も出てくるでしょう。ローンを組む際に、スムーズに行くことが多いのは派遣などではなく、正社員として勤めている介護士のように、安定している場合なので、たとえ介護士でも、非常勤で働いている方の場合は簡単にはローンが組めないということが起こり得ます。介護士を題材にしたドラマがよくありますが、あの様にはいかないのが現実なのです。普通の業務だけでも多忙を極めるのに、決められた労働時間以外の業務もあったりして残業を強いられることがままあります。

しかし、多忙を極めていてくたびれている時でも笑顔で患者さんやご家族とは接しています。つい先ほどまで愚痴をこぼしていたとしてもすぐに笑顔になれるので、時々、介護士は女優みたいだなと思うことがあります。

二年ほど前から、介護施設事務として勤務しております。


普通は仕事中に介護士さんとの接点はありませんが、常にみなさん忙しく働かれています。夜勤でも働いている方は、家庭、特に育児もこなすことは並大抵のことではないだろうなと感じます。しかし、案外、上手いこと考えられているなと、忘年会の時に感心してしまったのですが、子供を連れてきている介護士さんが少なからずいらっしゃるんです。先生方も歓迎ムードで、穏やかな雰囲気でよかったです。

介護士としての働き方はいろいろあります。

正社員で働くと月給制で給金が支払われますが、これがパート勤務であれば、多くの場合、時給計算で報酬が支払われます。時給がどのくらいなのかというと日勤業務のみのケースですが、下は1300円くらい、上は1800円くらいとなっていて、この辺が普通のようです。パートの仕事の割には結構良いように思えますが、介護士として、人命にかかわる業務をこなし、心身両方に負担のかかるハードワークを思えば、かなり控えめなお値段ではないのか、と言いたくなります。普通、介護士としてキャリアを積んでいくと昇進します。



例えば、婦長といったら分かりやすい役職ですが、他にも役職があるのです。
いまは、学生やパートの介護士が珍しくなくなってきましたから、資格を持った正介護士という地位も役職的には上の立場に立っているという訳です。
もちろん、役付きになればそれだけ給与が優遇されることは間違いありません。



一般的に、介護士という職業は高収入だというイメージが強いです。
現場においては、人の生死に関わるオペや変則的な勤務形態などハードな職業ですが、実際の年収にのみ注目するのであれば、他の業種の収入に比べると平均的に高水準を維持できることが特徴として挙げられます。また、景気に大きな影響を受けないことも介護士の特徴です。このような高給で安定した職場という面では介護士はメリットの多い職業だと言えます。
普通、注射や採血は介護士が行うものです。

注射や採血を好む人は稀でしょうが、もし注射されるのならば、出来るだけ痛くないようにお願いしたいですよね。とは言っても、注射の技術は介護士の腕に左右されますから、上手な人もいれば、残念ながら、何度も刺し直されたり痛くされてしまう事もあると思います。
これは運でしかありませんから、上手な人に処置してもらえれば幸運と思うくらいがいいかもしれないです。介護機関で正職員として働き、病棟勤務についていれば2交代制や、あるいは3交代制の形で誰もが夜勤を経験します。夜勤においては医師と介護士も含め、人員がだいぶいなくなり、そんな状態で夜間に容態が急変した重体患者が出たりなど、いつもの決められた作業以外に、急な事態に対応しなければならないことが増えるのです。



かといってルーチンワークもこなす必要があるので、作業量としてみてみると、日勤のそれを上回ることになります。介護士資格の最大の利点は、何てったって、たとえブランクがあったとしても、また介護士に戻れるという点です。

これはなぜかというと、介護士が専門職であることに加え、人が足りていないことが大きくかかわっていると言えます。どこでどのように働くかにさほどこだわっていない人の場合は時と場合によりたとえ50代でも介護士として再就職が出来るのです。ちょっと前までは一般常識として、介護士イコール女性の職業でしたが、昨今は男性介護士の割合も増加しています。



看護職においては、患者の移動の際やお風呂に入るのを手助けしたり、体力勝負の仕事があるため、男性介護士がより力を発揮できるということもままあります。お給料に関していうと女性とは変わらないのですが、女性のように出産や育児のためのブランクが生まれないので、より多くの経験を積むことが出来ます。


ケガをしたり病気になる確率は年を取ると高まります。
社会が高齢化していることもあり、このところ次第にお医者さんにかかる人が増加の一途を辿りつつあります。
ということは、介護士に関しても大勢が働いているべきなのに、現在、介護機関はどこでも人手不足のようです。
ですが、物は考えようで人手が足りないのであれば、それによって求人も多くなりますから、たくさんある中から条件のいい働き先を見つけられる等の利点を挙げることができます。いつ働くか休むかをコントロールしやすく、やりたい仕事を選べたりもする、等々が常勤ではなく、派遣という働き方を選んだ場合に得られるメリットです。
その時限りの単発の仕事や、短期間に限った仕事とか、長期の仕事もむろんあります。

なにしろ、こちらに都合の良い派遣先を、ある程度選べる訳ですから、もしも介護士の仕事を探している最中なら条件を選べる介護士派遣も、悪くはないはずですから、それを踏まえて求職してみても良いのではないでしょうか。
治療の補助や患者の各種ケアなど、介護士の業務は多岐に渡り、必要とされる度合いがとても高いですし、大変やりがいがある、と考えている人は多いです。


入院患者のいる介護施設ではもちろん24時間稼働しますし、介護士も介護施設に24時間いることになり、日勤、夜勤という形で業務時間を分け、交代制を採っています。こういった勤務形態ですから、上手に生活のメリハリをつけないと思うように睡眠をとることもできなくなってしまいます。

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Kaede
読者になる
2016年04月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/cxeeianrt5bdit/index1_0.rdf