妊娠が分かってすぐに普通に生活していたんですが

August 29 [Mon], 2016, 18:44
妊娠が分かってすぐに普通に生活していたんですが、外出先で大出血を起こして病院へ緊急入院になりました。

生理2日目の3倍くらいの出血で、お腹の赤ちゃんが流れてしまったと思い込みとても不安でいっぱいでした。

しかし、病院では赤ちゃんは心音が確認できているので安静にしている事を言われて寝たきり生活に入りました。

診断の結果、絨毛膜下血腫というもので初期に出血はよくあるという事だそうです。

赤ちゃんの隣に大量に血液が溜まり、安定期までにそれが出てくるか体内に吸収されてしまうという事を聞き安心しました。

それからというもの食事とトイレ以外はずっとベッドの上での生活が始まりました。

そのせいでカサカサ肌になってしまいました。

安定期に入っても落ち着いては出血する事の繰り返しで、無事に出産出来るのかも分からない状態です。

本当なら赤ちゃん用品を準備したり洋服を買いに行ったりして生まれてくるまでを楽しみたい時間なのに、私は一切出来ませんでした。

24時間点滴に繋がれているので思うようにお風呂に入れないし、ずっと部屋に閉じこもって孤独な毎日はとてもストレスでした。

入院生活が3ヶ月になった頃、運動が出来ないのでお腹が空かず食事が3食まともに摂れなくなりました。

毎週の健診では妊娠中なのに体重がどんどん減っていくことを看護師さんに指摘されたので、無理しても栄養を摂ろうと食べたくない食事を口にする毎日が本当に辛かったです。

その後、入院中の病院での出産を希望していたのですが、出血期間が長いのでお腹の赤ちゃんにどんな影響があるか分からないと言われてしまい、やむなく大学病院へ転院する事になりました。

転院先の病院では入院するはずがベッドに空きがないために自宅安静になり、毎週2時間近くかけて健診に向かうことになりました。

いつか破水するかもしれない不安と、お腹の赤ちゃんがこのまま無事に生まれてくれるのかという不安で毎日を過ごしていました。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:アンジュ
読者になる
2016年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/cx0etsrunjycoe/index1_0.rdf