田浦とぺーちゃん

September 23 [Sat], 2017, 12:59
植物中に存在する化学物質、フィトケミカルの一つであるイソチオシアネート類のスルフォラファンという揮発性の化学物質について、肝臓から分泌される解毒酵素の効率的な産出活動を支えているのではないかという事実関係がわかってきたのです。
エイズウイルス、つまりHIVを持つ精液や血液の他、腟分泌液、母乳、唾液等の様々な体液が、乳飲み子等の傷口や粘膜などに触れれば、感染するリスクが高くなってきます。
基礎代謝(きそたいしゃ)は人間が横になっていても燃える熱量であり、大半を体中の筋肉・最大の臓器である肝臓・大量の糖質を消費する脳で消費していると言われているようです。
2005年(H17)年以降新しく特保(特定保健用食品)の外観には「食生活は主食、主菜、副菜を基本に、食事のバランスを」というようなキャッチコピーの記載が食品メーカーに義務付けられている。
流行性感冒とも呼ばれるインフルエンザに適応した効果的な予防法や治療法など、このような必須とされる対策自体は、季節性のインフルエンザでも新型インフルエンザでも一緒です。
バイキンやウィルスなど病気を生み出す病原体(病原微生物)が口から肺の中に入り込んで発病してしまい、肺全体が炎症を起こしてしまっている病状を「肺炎」と総称しているのです。
過食、太り過ぎ、喫煙、消費カロリーの低下、不規則な生活、精神的・肉体的なストレス、高齢化など多様な素因が融合すると、インスリンの分泌量が低下したり、働きが落ちたりしてインスリン注射の必要な2型糖尿病(ICD-10:E11)に罹患します。
チェルノブイリ原発の爆発事故の長期間に及ぶ後追い調査の結果では、成人と比較して体の小さい子どものほうが漏れた放射能の悪い影響をよく受けることが判明しています。
筋緊張性頭痛とは肩凝りや首こり、張りによる最も一般的な慢性頭痛で、「まるでギューっと締め付けられるような強烈な痛み」「重くてたまらない鈍い痛み」と言い表されます。
杉花粉が飛ぶ1月から4月の時期に、まだ小さなお子さんが発熱はみられないのに頻繁にクシャミしたりサラサラした水っ洟が止んでくれない状況なら、その子は杉花粉症の可能性が高いといえます。
ジェネリックという医薬品とは新薬の特許が失効した後に購入できる、まったく同じ成分で経済的な自己負担を下げられる(クスリの価格の高くない)後発医薬品のことで、近年浸透しつつあります。
今時の病院の手術室には、御手洗や器械室、手術準備室(operating preparation room)を用意し、オペ中に撮影できるX線装置を設けるか、近辺にレントゲン撮影のための専門室を設置するのが常識だ。
学校のような大勢での集団行動をしている中で、花粉症が要因で他のみんなと一緒にエネルギッシュに行動ができないのは、患者にとっても残念な事でしょう。
虚血性心疾患の一つである狭心症(angina pectoris)の外科処置では大方の病院で「大動脈内バルーンパンピング法(IABP)」とグラフトを用いる「大動脈冠動脈バイパス手術」という2種類の手段が一般的におこなわれています。
アメリカやEU圏では、新薬の特許が切れた30日後には、製薬市場の80%がジェネリック(ジェネリック医薬品)に替わるような医薬品もある位、ジェネリック(後発医薬品)は先進国で浸透しているのです。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:向日葵
読者になる
2017年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる