ジャーマン・ハンティング・テリアでレッドソードテール

February 07 [Wed], 2018, 3:14
これはインプラント治療が最適、とされるのは周辺の歯に関係なく治療したいなどの要望があるケースです。ブリッジ治療で考えると、義歯を支える役目をする両サイドの歯は削らなくてはなりません。

これが、インプラントの埋入なら失った歯のみに働きかける治療と言えます。周辺の歯に影響を与えたくないと要望があるケースではやはりインプラント適用が一番でしょう。



インプラント治療を検討している方、大事なのは自分にとって最良の歯科医を見つけられるかどうかです。
最新の治療を実施できる技術があることは言うまでもなく、手術に至るまでの検査や治療、術後のアフターケアなどの点で全て歯科医の腕に任されているので決定的な違いが出てくると考えられます。インプラント治療は、特に歯科医ごとの差が大きい治療法だと言えます。良く検討した上で、歯科医を選ぶことがインプラント治療の結果を左右するのです。


人工歯の中でも、インプラント治療はほとんど保険が適用されません。

なぜ適用されないかというと、インプラント治療をすすめようとすると保険適用が可能な他の治療方法よりもコストがかかり、設備や技術も要するからです。土台であるあごの骨を調整し、インプラントを埋め込むことや、周囲の歯との力関係を調節するなど時間を要し、時間に見合った医療費がかかります。

もしこの治療が保険適用だったら、医療費のさらなる増大を招くので、適用拡大の見込みはありません。

インプラント治療を掲げている歯科医院で、外来で行う普通のインプラント治療の中でも、院内感染が起きないと言えません。

治療を受ける歯科医院を選ぶときは、院内感染対策をどうしているかきちんと知ることが重要事項の一つになります。感染症対策は重要な問題なので、その取り組みについてホームページ内で述べている歯科医院も当然のようになっているので、そこで調べるのも良いでしょう。
インプラントはどのくらい保つのか、歴史が比較的浅いのでデータも多くはありませんが、定期的なメンテナンスが行われていれば自前の歯と同じレベルの耐久性を保てるというのが多くの意見です。



そうだとすれば、セルフケアと歯科医のケアによって長い間自分の歯と同じように使えますが、セルフケアの手を緩めるとインプラントの維持が難しくなってしまうと考えなければなりません。入れ歯では噛んだ感じがしない方や、または単純に入れ歯は嫌という方には選択肢としてインプラント治療があります。



チタン製の人工歯根をあごの骨に埋め込む手術をして、それから上部の義歯になる部分を装着します。入れ歯に比べれば費用はかかりますが入れ歯よりも見た目の自然さに優り、噛んだ感じが自然なので、食べ物も美味しく食べられます。

何よりも見た目の自然さや快適な使用感を要求する方に向いています。最近話題になることも多いインプラント。しかし、この治療法も決して万能ではなく、難点もあるということに気を付けてください。それは何より、インプラント治療を受けることができないケースもあることです。
後から残念な思いをしないように、事前によく調べてください。
インプラントは、骨に器具を埋め込むという、患者さんの負担も大きい治療です。

ガンで治療を受けている方や、糖尿病、心臓病などの持病をお持ちの方、インプラントを埋め込む顎の骨が既に減ったり無くなったりしている場合も、残念ながらインプラントは利用できないとの判断になるケースがあり得ます。そのような場合は別の方法に頼るしかありません。

歯茎を切り開いて、あごの骨に穴を開けるといえばかなりの痛さを想像してしまうでしょう。
麻酔技術の進歩で、インプラント埋入手術で大して痛くないのが普通です。



切り開くあごを中心に、麻酔を十分効かせて手術するのが普通だからです。


術後、麻酔が切れてくると、腫れとともに痛くなってくることもあります。痛みに備えて、頓服薬を処方されるので耐えがたいような激しい痛みが続くことはまずないでしょう。


虫歯の危険性は、インプラントにはありませんがお手入れなしで長持ちするとは誰も言っていません。傷ついたらすぐに歯科医にかからなくてはならず、食べかすが歯垢となり、炎症を起こすと当然、歯肉炎や歯周病は起こり得ます。

自分の歯のお手入れと同じように必要なお手入れをきちんと指導してもらい、まずは口腔内をきれいに保ってください。

また、定期的な歯科医のメンテナンスが絶対欠かせません。インプラント治療も万能ではなく、基本的には様々な事情から、他の治療が受けられない患者さんが受ける治療です。


抜歯した歯が多く、クラウンやブリッジが入れられない。


義歯では力が入らない、噛み合わせが良くないなどの理由でインプラント治療を希望することになる患者さんが多くを占めます。


入れ歯に比べ、インプラントではより自然な噛み心地を得られるため食べ応えがあるので、食事が確実に美味しくなります。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Naoki
読者になる
2018年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる