医療費控除手続き

March 30 [Sat], 2013, 17:04
住民税の普通徴収による分割払いは通常6月・8月・10月、そして1月の4回払いです。実際、確定申告すれば、その情報が各自治体の方にも連絡される仕組みになっています。

もっと分かり安く言えば、所得税の医療費控除手続きは自分で申告し、返金してもらう主導方式!それに対し、住民税の医療費控除は、全て役所が手続きし、差し引いた納税額を請求してくれる全自動方式です。そして、その源泉徴収票は、会社から居住地の自治体に送付される事に決まっているのです。

医療費控除を差し引いた住民税は以下の通り計算する事が出来ます。勿論サラリーマンのような分割払いも認められている事は認められていますが、サラリーマンのように12回払いという訳には行きません。

時に追加徴収される事もあります。この特別徴収で納税しているという事は、一応少なからずとも定職と一定額の給与所得があるという事ですから、まあまだいいでしょう。

医療費控除と文書料の繋がり
プロフィール
  • アイコン画像 ニックネーム:cwpquzjg
読者になる
2013年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/cwpquzjg/index1_0.rdf