中さんの国吉

April 25 [Mon], 2016, 2:31
いま日本においては、インドネシアやフィリピン、ベトナムとの間で結ばれたEPA(経済連携協定)に則って、外国人介護士候補生の受け入れを行っています。けれども、日本語を使った介護士国家試験に3年間のうちに合格し、晴れて介護士、とならなかった場合には自国に帰らなければならないのです。
介護施設などで就労や研修を行いながら、日本語を学習し、それに加えて、同時に、国家試験のための勉強を行う必要があり、大変シビアであるようです。毎日、介護士として頑張っている中、数えきれないほど大変なこともあるでしょう。そしてつい、楽な病棟はないか、などということを頭の中で検討していても、おかしなことではないでしょう。



全体的に見て、比較的忙しくないと考えられている病棟は、残業の少なさから、精神科、眼科、整形外科などがピックアップされるようです。とはいっても、介護施設にもよりますし、どんな症状の患者さんが多くいるのかなどによっても、業務のハードさについては差があります。病棟に勤める介護士は、夜間も常に患者のケアにあたるためほぼ確実に夜勤があります。
夜勤の時間帯については、勤める介護施設が2交代勤務か3交代勤務かによって変わります。主に2交代制勤務のシフトでは、夜勤が17時間(休憩含む)と長いです。対する3交代勤務の夜勤では時間に余裕のない厳しいスケジュールを組まれることがあります。求人に応募しようとする介護施設がどういった交代勤務を採用しているのか理解しておいてください。介護士資格の最大の利点は、なんといってもブランクがあったとしても心配はいらず、また介護士に戻れるという点です。どうしてかというと、介護士の仕事が専門職だということ、働き手が足りていない現状が深く関与しています。どこでどのように働くかにさほどこだわっていない人の場合は状況次第で五十代でも復帰できます。


なぜ介護士をやるのかといわれたときに、とても現実的な理由として「給料が高い」ということがあります。

初任給で考えても、同世代の新入社員と比較して多くもらえていることがわかると思います。


そうはいっても、そうやって高いお金をもらって働くということは、その分、自分自身も精進に励み、患者さんに返していかなければなりません。
介護士という職業は勤務する時間が不規則な上にハードな仕事内容であるということを理由に違う仕事に転職しようとする方も多数いると聞きますが、案外、介護士資格はいろいろな職種において役立てられることがよくあるといいます。


例を挙げると、病人への対応や体の仕組みに関する知識があり、人の体を扱うことにも慣れているので、未経験でも働きやすい職場といえば、保育関係やリラクゼーションサロンなどです。
検査や治療に当たっては採血や注射がつきものですが、これは一般的に介護士が行います。注射や採血を好む人は稀なタイプだと思いますが、注射されるなら痛くないよう、上手に打ってくれる介護士にお願いしたいですよね。
ですが、痛みを感じるかは介護士の腕によるところもあって、上手に刺してくれる人もいれば、まだ慣れていない介護士に処置されて痛い思いをすることもよくあります。
上手な人にあたるかどうかは運でしかありませんから、あまり考え過ぎない方が良いかもしれませんね。
一般的に、同じ介護施設で長く勤めて実績を積んでいくと地位が高くなっていきます。
例えば、婦長という階級はその役職も想像がつきやすいですが、そのほかにもいくつかの役職が存在しています。
最近はパートの介護士や看護学生が介護施設で勤めているケースも少なくありませんので、正介護士であれば役職的には上の立場に立っているという訳です。役職になればお給料は上がりますが、その分、責任も大きくなります。

介護士としての技能を高めたいと望むのであれば、答えは簡単です。経験を積む、これだけです。
ケースごとにきちんと対応方法がマニュアル化している、という単純な業務とは言えませんから、着々と確実に業務をこなして、そこから学んでいく他はないようです。ところで、更なるスキル向上を狙って別の仕事先を探す人も一定数います。救急や最先端の介護を行なう大きな介護施設などで介護士スキルをさらに底上げを図ろうとする、大変に積極的な仕事の選び方です。介護士が介護施設で働く際、病棟勤務か外来勤務、片方を選択することになるわけですが、子育て中であれば外来勤務を選ぶと良いでしょう。日勤だけですので、保育園や学童を利用して働くことが可能になります。また、病棟勤務と違い、夜勤はないですし、多くの場合は土日と祝日はお休みになります。外来勤務が忙しくなるかどうかは、介護施設による部分もありますが、人気の医師のところなどでは、待合室に患者があふれるようなことにもなって、てんてこ舞いになりますし、待ち時間の長さのあまり、クレームを入れる患者もいます。外来勤務で働く上で、必要となるスキルがどういったものかはどの診療科で働いているか、どういう介護施設かによって大きく違ってくるはずです。

能力評価では、自分の介護士としての能力が、どんな段階にあるかがわかります。
実行している介護施設がほとんどのようです。

介護士の個々の能力を、間違いなく位置づけできるよう、きちんとした評価基準を作っているところも多いです。
能力評価は、月々に行なう所や、年に一度だけ、という介護施設もあるようです。

自分の能力評価を受け続けることで、次回の評価までにこうしたい、という目標ができますし、高いモチベーションを保てます。



介護施設という場所で働く介護士はなかなかリラックスできる暇などなく、こうした生活が続くと大抵、大きなストレスを感じることになるはずです。つまりこの仕事は、体力的につらい面に加えて、さらに精神的なダメージも蓄積するわけです。ストレスを和らげ、自らをケアする手段を持っているということは大きな利点であり、介護士であり続けるためにはかなり重視するべき点ではないでしょうか。

実は、介護士でも公務員の立場に立てることがあります。

その方法は、国公立介護施設や公立機関で働くという方法です。

本来、職業としての介護士が知識や経験を積みながら長く働ける業種で注目されていますが、さらに加えて、公務員の待遇もあれば安定性は確実です。公務員は福利厚生が手厚くサポートされていたり、解雇の可能性が少ないという点が、何よりも魅力的だと思います。

夜勤を含めた交代勤務が必須などハードな仕事を強いられる介護士でも、特に油断できない仕事が申し送りです。

担当の患者の状態や処置についてを理解して、きちんと申し送りをする介護士に引き継がなくてはいけません。それほど重要でない情報もよくありますが、介護的に重大な処置に関する申し送りは間違えたり言い忘れがあってはいけませんから、誰でも慎重になります。

介護士長の役割とは、各病棟を取りまとめる以外に看護部長をサポートしたり、介護士の指導教育といったもので、一般企業においては課長の役職相応でしょう。普通に課長職といっても、その年収がそれぞれの企業によって差異があるのと同様に、勤めている介護施設の大きさが、看護婦の収入に違いを生んでいます。



他にも、公立介護施設と民間介護施設の差や、都会や田舎といった地域差も年収に影響しており、ついでに言えば、最も高額と考えられるケースは公立介護施設に勤めた場合で、およそ750万円程度だと見られています。介護士として働く人は女性がかなりの割合を占めている職業なので結婚であったり、出産であったりで一度職を離れる人も多く離職率が高めの仕事であると言えます。加えて、勤務時間が一定でないこと、厳しい労働環境であることなどが影響して離婚に至ってしまう人の割合も高いと言います。たとえシングルマザーであっても十分子育て出来るくらいお金が入ってくることも離婚してしまう人が増える一つの原因になっているかもしれません。未婚の友人の中でも介護士をしている人が結構います。男性から人気が高い介護士が、独身の女性も多いです。
具体的に調べてみると、介護士の結婚年齢は全体的に、早い人と遅い人の差が大きい事が分かりました。

挙げられる理由としては仕事の忙しさに追われて異性と出会うチャンスが無かったり、キャリアアップを最優先に考えるため、結婚を先延ばしするタイプも少なくないようです。

平均的に離職者の多い介護士という職業は、転職率も高いですね。ですから、転職サイトによっては介護士のみに対象を絞ったものが増えつつあります。
このような転職サイトを活用すれば、もっと簡単に希望通りの求人を探すことが出来るので、仕事に追われて時間のない介護士にはぴったりですね。複数の転職サイトをランク付けしているサイトがあるので、こちらも合わせて活用すると、さらに便利だと思います。


国家資格を有した正看になるためには、専門学校や大学で看護を学び、しっかりと単位を取って卒業するのが絶対条件です。卒業できなければ、試験の受験資格がありません。

ですが、看護の専門学校も人気が高く定員が少ないので、専門学校に入学するための予備校も人気があるのです。



准看として働きながら正看の資格取得をめざすならば、通信過程で学べる学校が存在しますから、興味があれば調べてみてください。



どこの介護機関でも介護士は不足していることが多いため、介護士の転職は比較的かんたんです。

転職に際しては、まず履歴書にて選考を受け、これに通れば、面接という流れになるのがふつうです。

これまでの経験や職務について、志望動機など話を聞いてもらったり、相手の質問に答えたりしますが、能力的なこと以外に、面接官によって、あなたが同じ職場で働く仲間としてどうなのか、人間的な部分も注意深く観察されることになるはずです。

技能や知識のみならず、人としての良い面をアピールできると、とても有利でしょう。



病気の治療では患者との信頼関係が重要になります。
患者に不信感を与えないためにも、介護士は服装や外見を意識しておくことが重要です。
メイクをする女性の場合、派手な化粧はなるだけ控えておいて、広い世代に好印象になるナチュラルメイクにしておくのが一番です。

素顔の時ともまた違っているので、親しみやすくきちんとしたイメージになるので、印象が変わることは間違いないでしょう。一般的に見て、介護士の給料というものは良いですが、内実は純粋に多いというよりも、夜勤の手当てを含めて稼げる金額が多くなっているのが実情です。仮に「いいお給料で介護士をしたい」というのならば職場選びの際、日勤だけではなく夜勤がある勤務先を選択してください。この夜勤があるかどうかによって給料の額は違ってきます。


介護士になって最初に勤めた介護施設では、人間関係に悩むことになり、結局辞めてしまいました。

その時、自分にはもっと向いた仕事があるかもしれない、などと迷ってしまったのでした。

さんざん迷った後で、やっぱりこの道しかないという結論に達しまして、「転職しよう」と決めたのです。



そこではたと困ってしまったことがあります。情けないですが、履歴書をどう書いたらいいかがわかりませんでした。スマホ片手にサイトを探したり、それらしい本を買ってきたり、四苦八苦しましたが、ともかく書き上げたのでした。けれども、自分はもう子供ではなく、人生に関わる大事なことは自分自身の考えで決定し、それには責任が伴うのだといやでも思い知らされた出来事でした。資格取得の難しさですが、介護士資格の場合はどのくらいのレベルになるのでしょうか。受験生全体の介護士国家試験合格率は毎年90%前後ですから、決して低くありません。

試験内容も、学校でしっかりと勉強していればそれほど苦労なく合格できるものですから、特別に高難度な資格ではありません。


介護士の人間関係は、構築が難しいなどと、言われることは多いですが、高い割合で女性の数が多い仕事場であることが、理由の一つであるようです。


俗に、女性は仲間うちでグループを作りやすいと言います。
それは協調性の高さの表われでもありますが、そうして集まれば誰かの噂話や、あるいは陰口などを囁き合ったりしますし、どうやら女の人ばかりの仕事場では、そういったことは多いようです。職場がそんな人間関係ばかりだと少なからず嫌悪感を覚えることもあるでしょうけれど、そんな風になりやすいのも、ただ単に女性の数が多い職場だから、と達観しておくのが良いでしょう。ハードでありながらも、大きなやりがいを得られる介護士の仕事ですが、最もやりがいを覚えるのは患者さんが元気になって退院していくだけでも嬉しいのに更に、後に改めて介護施設まであいさつにきてくれた時です。
それから、患者さんの家族の人たちに涙ながらにお礼を言われるような時も、大変に感動したりします。


夜勤も休日出勤もあり、その上、激務でもある介護士の仕事は、かなり心身に負担がかかりますから、仕事からやりがいを得られない場合は、きっと辞職しようと考えてしまうはずです。


色々な働き方ができる介護士なのですが、大半の介護士は介護施設で働いています。



介護士といえば介護施設で働くもの、というイメージがありますが他でも、意外と介護士でなければできない仕事というのはあって、働く場所となるのは、大きな企業内にある医務室、保育園の保健室、あるいは介護施設や市の保健センターなどになります。

こうした職場で介護士として腕を振るう人も多いですし、人気が高くてなかなか採用されないようなこともあります。
つまり介護士であれば、介護施設ではなくても働ける場所は色々あり、人生において重要なターニングポイントである結婚や出産といった際にその時々で最も条件に見合った所に転職していくことができます。



介護士の勤務先は、介護施設以外にもあります。

グループホームと呼ばれる、介護施設の一形態においても介護士は必要とされています。

グループホームで介護サービスを受けている方というのは、認知症患者の方であるため、十分留意したうえで関わらなければなりません。介護関係に携わりたいという介護士の方は、職場としてグループホームを選ぶということも考えてみると良いでしょう。介護士は給料が良いことで知られているものの、実はその金額は職場の規模の大小、公立か個人介護施設かなどによって、全く異なってくるようです。そして、気になる退職金は、国立介護施設や公立介護機関に勤めていたのでしたら、公務員や準公務員の扱いになることもあって、勤続年数などから計算され、それを支払ってもらえるでしょう。個人介護施設はどうなっているかというと、退職金について、はっきりとした決まりもないことがあり、どうやらその辺は、トップの胸三寸といったところがあるようです。


つまり、規定に沿う額の退職金がきちんと支払われるのは公立介護施設で、あとは介護施設によるようです。国際化する社会においては、海外で助けが必要な人たちに、介護に携わる者として何かできる事がないのかと考えている介護士の方も多いのではないでしょうか。海外でも介護士の需要は大きくなる一方で、笑顔で患者を支えることの出来る介護士は、多くの国で求められている職業です。

海外においては医師や患者と意思疎通をはかる上で、英語が必要不可欠なのです。

介護士として海外で働きたい場合、英語をしっかりと学ぶべきでしょう。

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Yuto
読者になる
2016年04月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/cwpkia6blhre5e/index1_0.rdf