結婚する時に記念写真は必要でした 

June 26 [Wed], 2013, 9:59
昔から、「結婚する時には必ず記念写真だけは撮っておいてね」というのが私の母の希望でした。


その他の、こういうことがしてほしいとか、こういう場所でしてほしいとかそういう希望は全くこだわりがありませんでしたが、記念写真だけは絶対だったようです。


そして、やっとその願いを叶えてあげることが出来ました。


これで少しは親孝行出来たかなと思っています。




さて、母がどうしてそこまで結婚の記念写真にこだわるのかが気になっていましたのである時聞いてみました。


すると、「結婚式での記念写真があれば、あなたが嫁いだ後もそれを見て結婚式での幸せそうな笑顔を思いだせるし、見る度に、結婚したんだなと実感が湧くからよ」ということでした。


母にとっての記念写真の必要性とは、その時の情景を思い出すとともに私が結婚したということを改めて実感する為のもののようです。


確かに記念写真とは、そういう役割があるかもしれないなと私も思いました。




記憶の中だけでは忘れてしまうこともアルバムなどで写真を見ればその時の出来事が鮮明に蘇ってきます。


そして、またその話題で笑い合えたりします。


特に記念写真となれば、その思いはとても強くなります。


結婚は人生の節目でもあります。


結婚記念日の日は、その写真を見て当時の思いを思い出し夫婦で改めて会話を交わしてみるのも良いと思います。


そんなことを考えると、結婚する時にはただ入籍する、式を挙げるだけでなくせめて1枚、記念写真を撮っておくと良いでしょう。