浅草「崇Jバー」の電氣ブラン。

June 29 [Fri], 2012, 15:31
浅草の雰囲気も町並みも好きなんだけど、なかなか行く機会がないって言ってた彼女を、観光も兼ねて、浅草の美味しいものを少しずつ食べ歩きさせてあげるからってことで、6月18日に案内してあげることに彼女がどうやって浅草まで来るのかわからなかったけど、簡単な地図を渡して、わかりやすい崇Jバーが角にある交差唐ナ、夕方6時の待ち合わせにしましたメインの食事はホッピー通りのお店にするって事前に決めてたけど、私は今まで何度もお店の前を通過しているけど、2人とも入ったことがない明治13年創業した日本初のバー、崇Jバーでデンキブランを飲もうってことで急きょ意見がまとまり、会ってすぐにそのままお店に入りました2階がレストランカミヤで、3階が割烹崇Jで、もちろん1階の崇Jバーへ初めに席を確保してからの、昔のまま懐かしい前払い食券制でした飲み物だけってわけにもいかないので、きゅうりの漬物と、ウインナーとサラミの盛り合わせを同時にたのんで、唯一空いていた奥の禁煙テーブル席へデンキブランは結構強いお酒で、当時はアルコール45度だったそうです電気がwaiwa.jpめずらしい明治の頃、目新しいものというと電気などと呼ばれ、舶来のハイカラ品として、この名もぴったりで人々の関心を集めていたようですデンキブランのブランはカクテルのベースになっているブランデーのブランあたたかみのある琥珀色、ほんのりとした甘味が当時からたいへんな人気でしたちなみに現在のデンキブラン260円はアルコール30度ですが、違いについてはわからなかったけど、2人とも電氣ブランオールド360円にしてみたけど、美味しかったけど、思わず咳き込んでしまったアルコール40度の刺激でしたこの日は偶然にも18日で浅草寺のご縁日にあたるので、丹波黒豆を使用した浅草寺御加持の崇Jバー謹製福煮豆をお通しとして出してくれてお得でした浅草観光案内役もかって出た私としては、崇Jバーの電氣ブランの初体験に、彼女も大満足してくれたので、まずまずのスタートがきれたかなって感じでした次に通り向かいの有名な亀十のどら焼きをお土産にと思って寄ったてみたら、7時30分過ぎたあたりだったけど、全部売り切れになっていて残念でしたその代わりに浅草寺参道のお店で、浅草名物ほかほかの人形焼を買ってあげましたそしてそのまま歩いて浅草寺へ、ここは観音様なので男女には嫉妬する言い伝えもあるので、私は遠慮して彼女だけでお参りってことにしました彼女のための記念撮影もして、伝法院通りをぬけて浅草ホッピー通りへお店は何店舗もあるけど、私の一押しのお店居酒屋克iに行くって決めてたけど、残念ながらお休みで、それなら別なお店で雰囲気だけでもって思ったんだけどその次のお店、6月末で販売中止になるレバ刺しの美味しいお店大成苑でも食べることを決めてたので、彼女がそれならパスして次へ行きましょうってことにそこから約23分なので行ってみたら、なんとすでに閉店しちゃってましたせっかくの浅草グルメは中途半端になっちゃったけど、2人ともお腹がすいてたしチェーン展開してるし、特別浅草ってわけじゃないけど、個室居酒屋の土風炉へ彼女は和的な雰囲気と外の景色で、浅草っぽいじゃないって言ってくれたので、わざわざ浅草まで引っ張りだしてって思ってたけど、ちょっと救われたかなって後は移動して、彼女の撮影会なんかもしたりして、楽しい一日を過ごせました浅草崇Jバーrgnavicojpb721800
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:cvoglb9vpm
読者になる
2012年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/cvoglb9vpm/index1_0.rdf