浮気の証拠を握るためには探偵に浮気調査を

January 15 [Sun], 2017, 19:26
浮気の証拠を握るためには、探偵に浮気調査を依頼するのが最も確実でしょう。



とはいえ、探偵への調査依頼は高額なので、どんな人でも簡単に調査を頼めるという所以ではありません。



探偵へ浮気調査を頼んだら、金額はいくらほどかかるでしょう?探偵事務所が変われば価格はそれぞれ異なるので、調査の前には見積もりを依頼することが賢い選択です。

生涯の伴侶の不適切な恋の調査を調査員に行って貰う場合、一般的には、調査員の人数と浮気調査の期間を事前に話し合います。



1時間当たり1万円を超える人件費がかかるため、浮気調査をした時間が長ければ長いほど請求される調査費用も多額になります。

調べる人の事務所により、使う機器や調べていく人の才能には差があるため、口コミなども調査した方が良いかと思います。


探偵による調査は高額ですから、自分で尾行してしまえと思う奥さんもいるみたいです。


テレビドラマだと尾行は大変沿うに見えませんが、実践してみれば沿うはいかないもので変に思われず相手を見張りつづけるというのは並大抵のことではないのです。
勘付かれれば警戒をされるものなので、浮気の証拠を押さえられなくなってしまうかも知れません。相手の非を認め指せるには確実な証拠がいるため、その道の専門家にちゃんとお願いして、しっかり浮気を調べたほうがいいと思います。探偵の浮気調査を例に挙げても失敗する場合があるでしょう。探偵が浮気を始めとした調査の達人だといっても、予期せぬトラブルにみまわれることが少なからずあります。
相手が急にタクシーに乗ったり、新幹線を使ったり、尾行者の存在に気づく時もあるでしょう。


また、浮気調査期間中に不倫相手と接触しない場合には証拠写真も撮れません。



不貞の慰謝料は200万円前後が相場ですが、50万円程度のケースもありますし、400万円くらいまで跳ね上がっている場合もあります。離婚しなくても慰謝料を求めることができますが、金額は低いです。さらに、不倫相手が浮気を認めない際は必要なのは証拠です。

どの人からみても明らかな不倫の証拠が不可欠です。

興信所か探偵事務所か迷うちがいの差ですが、これと言って無いと言ってもよろしいでしょう。興信所も探偵事務所も、浮気調査から身辺調査、ストーカー対策や行方不明者の捜索みたいな類似したシゴトをしています。
とはいっても、差があるとしたら、傾向としては興信所は企業や団体から多く依頼され、探偵は個人向けのようです。調査機関に依頼したところ、自分の結婚相手の浮気が明らかになった時、離婚するかしないか心が乱れますよね。


ひとまず冷静になって、浮気調査を依頼してしまうよりも先に、よく考えておくことが賢明です。夫婦である以上、不貞行為がないというのが当然のことですから、不貞行為に対する慰謝料を要求して結婚生活を解消するのもいいでしょう。



事前に成功報酬といわれていても、もし、浮気調査の依頼したとすると、調査期間が3日間だったとして3日間で浮気が発覚しなければその調査は成功としてあつかわれてしまいます。


実際のところは不明白であっても、3日の間に浮気が発覚しなければ、浮気かどうかの証拠をつかむことなく、調査期間を終えてしまい、事前に約束していた成功報酬を支払うことになるのです。浮気調査の第一段階ですべき事は、本当に浮気しているのか? という疑問を確信に変えることです。


浮気の痕跡が確かでない場合はひとまず、依頼主に調査続行の意思を確認することとなります。
残念にも、伴侶の不実が確かなものとなったら、ここで浮気相手が誰かを探ることとなります。



主にパートナーの尾行を中心として、こちらの存在を悟られぬよう注意をしながら、不倫相手の正体を押さえるのです。


探偵事務所の役割は依頼の調査のみすればそれでおわりとは言えません。

浮気しているかどうかを調査すると、意外な問題が起こる場合もあります。



その時、どれだけ依頼者のことを最優先に考えてくれるのが信頼に値する探偵と言えます。信頼してもいい探偵なのかは、相談中の相手の印象を見るようにして慎重に決めるとよいでしょう。
不倫をされてしまったら、交際相手を含めた二人に対して、慰謝料を求める事ができます。しかしそのような場合でも、不倫を始めるより前に、仮面夫婦と化していたり、夫婦の関係が冷め切っていたときは、配偶者とその不倫相手にに慰謝料を求める事が出来ません。



慰謝料の額は、いかに精神的に苦しかったか、あなたの年齢、結婚歴等総合的に判断して裁判官の決定を待つことになります。


探偵による浮気調査の結果、誰が見ても沿うとしか思われない証拠が見つかれば、配偶者と不倫相手から慰謝料を支払って貰うことも可能です。信頼のできなくなったパートナーとこの先の長い時間を供に過ごすことはストレスは相当なものになりますから、慰謝料を請求して離婚することは決して悪いことではありません。
さらに、原因である不倫の相手に慰謝料を請求すると別れ指せることも難しくはありません。浮気調査に対して探偵に払う費用は「実費」と「時間給」の2つです。実費とは具体的には交通費やフイルムや現像料などをいいますが、調査の際の食費が上乗せされることもあるでしょう。
時間給というのは、調査をした人数×調査をした時間で、算出した費用です。


短時間で調査を完了すると費用も安くすむ所以です。



探偵が何もミスをしなくても、残念なことに依頼者の気もちが先行してしまい、パートナーが警戒心を抱くことになって浮気調査が難しくなり、証拠が揃わないこともあります。


探偵に依頼したからといっても、確実に証拠が手に入る所以ではないのです。成功報酬にするのかどうかについても、調査を始める前に探偵と依頼者で決めておくことがポイントです。料金体系が成功報酬制の探偵事務所は、調査に成功した場合でないと報酬が得られないという不安があるため、成功した場合はそれなりに高額の料金を請求されます。その結果として、成功報酬のシステムだからと言って、浮気の調査費用が安くなる所以ではないのです。調査に対するこれまでの実績などもチェックして、信頼できる料金システムを提示している探偵事務所に依頼する方が納得いく結果が得られるでしょう。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:龍生
読者になる
2017年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる