パトロン募集を膨大に喘ぐ体験記

April 07 [Sun], 2013, 1:56
2号さんは真ん中を使って出てきた。しばらくして4号さん(3号さん退職の後入社)が行き、奥の個室がまだ使用中だったと言った。
定年後の人が働く会社なのだそうだ。詳しくはよく分からないが、系列の会社らしい。開店の時間の15分くらい前から、ほかのところにも警備員さんが立つ。
そこでこの店に投入されたのが、B係長――かつて前半の記事で「本物の日の丸弁当」を持ってくることで紹介した人物だ。A課長の代わりになる人はいない。
ビルのエレベーターに乗った後、担当営業の若い女性が言ってくれた。「今の方がオフィスの室長のような方なのですが、
彼はその後、その派遣会社の内勤になったようで、何年も後に連絡が来た。「自分は今、X派遣会社の営業をしています。
その交通費は出ないし、時給が安いので今日と研修の交通費を差し引いたら給料がほとんど残らないし・・・・・・あまり評判はよくなかった。
とりあえず、様子見。「彼女、お休みの日はバスケットチームのマネージャーをしているらしいのよ」――バスケットだったか、
女性高収入内職
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:cvbbbbgt
読者になる
2013年04月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/cvbbbbgt/index1_0.rdf