春の萌

July 09 [Wed], 2014, 22:02
时光如白驹过隙,不知不觉步入社会已是五年有余,当每每看到匆匆而行背着书包的学生时,勾起了学生时代记忆深处的一段段往事,那缱绻的思绪里,镌刻着曾经一起踏过的青葱岁月,那些逝去的画面里,在心底深处轻轻的翻开了扉页。
月日は瞬く間に、知らず知らずのうちに社会は5年余り、ときに、よくだけてはかばんを背負って学生の時、学生時代にさわった記憶の奥の一段昔の事、それが刻まれているバインドの思いで、一緒に踏み歳月が過ぎにそれらの画面に、心の奥にそっと開いた扉。

十六岁那年,正值花季的我们,怀抱着对大学美好向往的追求,一起踏入了高中的大门,为了曾经的理想,多次的擦肩而过,却只是匆匆的回眸一笑,就是这浅浅的微笑,留下了深深的印记。也许,初识里的心洁如莲,一尘不染只是匆匆而过的陌路人而已,为了学习,抛开一切红尘执念,忙碌于三点一线的生活,静看着时光的飞逝。
十六歳、ちょうど花季の私たち、抱いて大学に対してすばらしいあこがれの追求、一緒に踏み入れた高校の門は、かつての理想のために、何度ものすれ違いながら、ただ慌ただしくの振り返ってほほえむは、この小さな微笑み、深く印を殘した。かも知れない、中の心潔まえ玄関で会っように蓮、清白ただ慌ただしくて過ぎて見知らぬ人だけ、勉強のために、すべてを投げ捨てて紅塵の執念、忙しい三昧の生活は、静かに時の流れを見て。

三年时光在争分夺秒,孜孜不倦的学习中渐渐走完,也在一次次你我擦肩而过的回眸一笑里渐渐的远去。也许,曾经的擦肩而过,没有留下太多的回忆,只是在彼此的好感里慢慢的淡出了视线,青春的萌动也轻轻的压在了心底,一线生机随着岁月的荏苒,最后消失殆尽,慢慢的也忘记了曾经的蠢蠢欲动,因为彼此都有着追求的理想。
三年の時、寸暇を惜しんで、コツコツと勉強の中でゆっくりと歩き終わって、も毎回あなたがすれ違う振り返ってほほえむにだんだん遠ざかる。かも知れない、かつてのすれ違い、たくさんの思い出を殘していないで、ただお互いの好感にゆっくりうせ、春の萌えも軽くおさえた心、一縷の生きる望み月日は流れて、最後に消えていくが、ゆっくりとも忘れた。かつての欲動がうごめくさま、お互いが追求の理想。

やればできる、三年の苦労を飛ばした、かつての理想は、いずれもそれぞれ見知らぬ都市から、人生の中で別の1段の勉強生活。もう二度とない何度もすれ違う振り返ってほほえむ。一人で歩いては大学のキャンパスのデジャビュの道にさわった心の奥にかつてあの弁明していないの爱念、なぜか気に毎回が全部、時には笑って自分、そのすれ違いの美しくて、あまり気にしなくてすむ忘れましたか?

転倒花いけない、何気なく挿した柳成荫。そのとき、高校の文化祭に参加して母校で、学園祭の時には、この熟知した道は、再び彼女とすれ違い、お互いが足を止めたので、少なくなった昔の振り返ってほほえむに行った後、ターン目の織りなす。ほこりに埋もれる記憶の爱念次第に目覚め、あなたはすでには元のあなた、私は昔の私、唯一変わらないのは身近な環境、かつてあの星はしきりに片思い君の心。たとえ千言万語、今、ただ慣れて挨拶;たとえが、今、ただ波の知り合い。そして後の度に肩を拭いて会う喜びの中で、いつもちくちく乱れて、だって、私はあなたを置いていない。

可遇不可求的爱情,总是不甘心;未曾实现理想的你,对于爱情的追求,总是遥遥无期。最后,我宁愿选择把你深深的珍藏在心里,静静的守候着,等待着,陪伴着,一直到你实现理想,再去追寻属于我们相依相惜的美好时光。四年的大学时光在我的苦苦等待里,你的努力学习里逐渐走完,最后你实现了当初的理想,而我也如愿以偿的找上了自己喜欢的工作,之前思念里的煎熬,你学业里的苦涩与辛酸,在温暖的七月逐渐消融,苦尽甘来。
会ったことができないのは愛情を求めて、悔しくない;未実現の理想のあなたは、愛情についての追求、いつも気が長い。最後に、私はむしろ選んであなたを深く心にしまうよ、静かに待っていて、待って、ずっとそばにいて、あなたの理想を実現するため、私達に属して迷ってるか素敵な時間。四年間の大学生活の中で私は待って、あなたの努力次第に勉強に歩き終わって、最後に君は当初の理想を実現し、僕も念願の自分の好きな仕事を探して、恋しい思いの中であなたの苦しみを前に、学業に苦いさ、温かな七月が溶けて、苦しい中。

寒冷的十月,离别的车站,恋恋不舍的眼泪淹没了一切,一个紧紧的拥抱,就怕火车启动那一刻你的离去。可你终在火车撕裂的长鸣里渐渐远去,空留我一人在原地,寻找了那份熟悉相依的气息,但终究被无情的寒风吹散了,一丝不留。
寒さの十月、別れの駅で、名殘の涙で埋まったすべてを、抱きしめて、恐れが列車の起動あの時のあなたの立ち去る。あなたは終列車を引き裂いてゆく空の中に、私を殘して1人の場所で、探したねあの熟知の息、やはり無情の木枯らして、少しも殘さない。

时光清浅,如指尖流沙,彼此无限的眷念穿梭于两个熟悉的城市,美好的幸福铺面了感情的道路。相见时的喜悦,离别时的伤悲,一起笑过,一起哭过,但我们甘心情愿坚守着这份异地的爱情。
時間は淺く澄みきっているように、指先砂、お互い無限の懐かしいシャトル二つの熟知した都市で、美しく幸福の店頭に感情の道。会えた時の喜びは、別れの悲しみ、一緒に笑った、一緒に泣いたことだが、私たちに心から望むするこの異郷の恋。

曾经多次的擦肩而过,熟悉的环境,感谢它们曾经的牵线搭桥,那一幕幕的情景,记录着我们感情的初识,如今,两地爱的奔波,聚少离多,其中的酸甜苦辣,记录着我们感情的幸福,美好。一段段幸福的瞬间,续写着永恒的爱。
何度ものすれ違い、身近な環境に感謝して、それらはかつての縁結びバイパス、一幕一幕の情景、記録している私達の感情のまえ玄関で会っ、今て愛の奔走し、ポリ少なく離れが多く、その中の辛酸苦楽、記録している私達の感情の幸せ、美しい。一段幸せな瞬間、永久不変の愛を続けている。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ろう
読者になる
2014年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/cv1256/index1_0.rdf