人が見てちょうだい! 

2012年10月02日(火) 0時22分
周坊の最近の口癖は、

「人が見てちょうだい!」
意味不明ですよね?
少し説明します。

周坊のいう「人」とは、イカの手の人差し指と中指を床に立てて、人間の足に見立てたもの(つまりVサインを逆にしたものです)。

例えば、一緒にプラレールで遊んでいるときに、「駅の階段も人が昇れるね」などと言って、指を動かして人が階段を昇るマネをします。特別ヘンなことではないですよね?

しかし、周坊のなかでは、指でつくった「人」は、一般の人間と同じくらい実在性をもっているらしく、自分に注目して欲しいとき、 
「お父さん、見てちょうだい」

と言うのではなく、

「人が見てちょうだい!」
と言って、イカの指を引っ張って、人がいるべき場所に固定しようとするのです。
指定の場所から人が動くと「動かないの!」と激しく怒り、また指を引っ張って固定しようとします。「人」が指示通りに動くと、周坊は満足顔です。


「人が見てちょうだい」はイカだけでなく、奥さんや義父義母にも強制しているらしく、周坊の相手をしている間中、指をしきりに動かすハメになっているそうです。親族からは「またイカがヘンなことを教えたんじゃないか」と思われているに違いありません。


最近「人」は、ままごと遊びの相手もさせられるようになり、木やプラスチックの食物を食べさせられます。周坊は、チーズに見立てた木片をイカの指の間に差し込みながら「チーズ食べるよ!」と食事を強制されるかと思えば、「チーズばっかり食べると病気になるよ」と注意までしてくれます。

とにかく、現在の状況は、
  「人」>イカ(父)

という数式で表現できるでしょう。

「人」に追いつき、父権を取り戻せる日はくるのでしょうか。

おしらせ 

2009年04月30日(木) 0時16分
イカの日記はミクシィに移動しました。

健康運は如何 

2009年01月07日(水) 0時03分
明け方、差し込むような腹痛で眼が覚める。

お腹を下し、左腹上部の痛みが続く。

今年はいきなり健康運がよくないぞ。

新年 

2009年01月01日(木) 23時18分
あけましておめでとうございます。

昨年からずっと風邪。本日発熱。
そのほか、腰の筋肉の痙攣、痛み。
頭部打撲、などなど。

お祓いを受けたほうがよいかも。


あと、年賀状は3通。

京都旅行その4 

2008年12月31日(水) 0時06分
田舎亭で、湯豆腐の朝食をいただいた後、
徒歩で高山寺へ。続いて八坂神社を散策したあと、
話題の甘味処「都路利喫茶」へ。
すごい行列。

20分ほど待った後、入店。都路利パフェを頼んだ。
並ぶだけあって、それなりにおいしかった。





そのあと、錦市場では、金物など、よい買い物ができたが、何しろすごい人だかり。
昼食場所も見つからず、さまよい歩いてしまった。
うまくもまずくもない豆腐屋でランチ。

午後は青蓮院に行く。
庭が美しかったが、何しろ寒い。
そそくさと京都駅へ戻った。

とにかく、今回の旅行は、疲れたでよ。

午後9時、うちに着いてテレビをつけると、紅白をやっていた。

あれよあれよという間に、2008年が終わったのでした。

京都旅行その3 

2008年12月30日(火) 1時35分
イノダコーヒーで朝食を食べた後、
JRに乗って彦根へ。

彦根城にいるひこにゃんを見るのだ。

彦根城は、写真で見たとおり、小ぶりで美しい城だった。

ただ、天守閣にたどり着くまで、けっこう石段を登らなくてはならず、

ようやくたどり着いた天守閣の内部は、

「足を滑らせたら死ぬな」と思うほど、

恐ろしいほどの急な階段ばかりで、これまた疲労困憊。

ひこにゃんはスキーに行ってしまったようで会えず。

しょうがねえやと思って、さっさと京都へ帰ろうとタクシーに乗ったが、
運転手さんが、話し好きな人で、
彦根の観光ポイントを聞いてもいないのに、いろいろと教えてくれた。

案内してもらった観光ストリート(名前を失念)で近江牛を食べた後、
「たねや」でケーキセットを頼んだ。

1000円なのに、ケーキが2つもついて、超お得。
味も美味なり。




京都駅に戻った後は、京都旅行最後の夜を過ごすために、片泊まりの宿「田舎亭」へ。

晩ご飯は、多少彷徨ったが、宿の近所にあった、安くておいしい小料理屋で食べることができた。

なかなかよい気分だったが、
宿に戻って、寝る前、部屋の電灯の笠で側頭部を強打し、一気にブルーに。

頭にバンテリンを塗りこんで、布団に入った。



京都旅行その2 

2008年12月29日(月) 1時22分
寝不足で朦朧としたなか、
京都駅からバスで上賀茂神社、下鴨神社へ。

下鴨神社近くの宝泉という和菓子屋で一服しようとしたのだけど、
あいにく休み。

疲労困憊気味だったので、タクシーに乗る。
タクシーの運転手さんが、話し好きの人で、
「今の季節は蕪ですなあ」
など、うまい漬物屋を聞いてもいないのに丁寧に教えてくれた。

京都駅に戻ると(運賃2000円)、
伊勢丹の中村藤吉で抹茶パフェを食べた。これまた美味なり。



夕食は、伊勢丹デパチカで、運転手に教えてもらった漬物をはじめ、
湯葉、柿の葉寿司、厚焼き玉子などを次々と購入。
わざわざ京都まで来て中食になってしまった。

京都旅行その1 

2008年12月28日(日) 0時44分
今日から、京都旅行。

晩ご飯は、鯖寿司で有名な「いづう」へ。

ここの鯖寿司は、厚い昆布で包まれていて、
鯖も肉厚。たいへんおいしかった。



ただ、ここで食事中、腰の筋肉が痙攣をはじめた。

痙攣は真夜中を過ぎても続き、眠れない。

夜中の4時過ぎ、これはさすがにまずいんじゃないかと思って、
自由が丘の漢方先生にメールをすると、
「骨盤の神経系の不調では? 不安にならないように」
との、救いの返事が明け方に届く。
もつべきものは、「かかりつけの医師」である。
先生、ありがとう。

というわけで、この日は疲労困憊。

年賀状切手がない 

2008年12月24日(水) 0時59分
みかんがあまりにも多いので、会社に持っていったら、
思いのほか、喜んでもらえた。
よかった。

昼休みに、年賀状の切手を買おうと、麹町郵便局へ行ったのだっけれど、
くじつきはおろか、年賀状っぽい切手さえないという。

「それじゃあ、記念切手ください」

と言って、最初に出されたのが、国体の記念切手。

短パンの選手が、ハードルを飛び越えている。

こんな切手、年賀状に貼れるか!

「ほかにはありませんか?」

と聞くと、出されたのが「日本の祭りシリーズ」

七夕とか、神田祭の版画がデザインされている。

ううむ・・・。と悩んでいると、

「あとは、キティーちゃんのしか・・・」

と言うので、しかたなく、祭りシリーズを購入。


郵政公社には、年賀状に張る切手はなるべく売りたくない、というポリシーがあるのか。
年賀状なら、専用のはがきを買え、ということか。
だったら、
年賀切手を中途半端に売るのとか、やめんさい!

エビちゃん 

2008年12月23日(火) 22時37分
活きたエビを大量にいただいた。

活きたエビを調理するのは、初めての経験。

ぴちぴち動いているエビの頭をもいだり、
竹串を刺したりするのは、なんともいえない気分。
正直、精神的な負荷を感じた。
ただ、生命を食べるとは、こういうことなのだ。
心して、調理し、食べなければ。

エビは、刺身と、焼き物にしていただいた。

とくに焼いたエビは、香りがよく、甘い。
ほんとうにおいしかった。
完食。





【ニックネーム】 cuttlefish(イカ)
【職業】 編集
【年齢】 42
【出身】 広島県
【現住所】 東京都
プロフィール
2012年10月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
アイコン画像あいこ
» 健康運は如何 (2009年01月08日)
アイコン画像イカ
» ヨガを受講 (2008年10月08日)
アイコン画像ビール部副部長
» ヨガを受講 (2008年10月07日)
アイコン画像ついに200人切り達成!!!
» 勝て勝てカープ (2008年10月05日)
アイコン画像イカ
» 教訓を生かす (2008年09月28日)
アイコン画像ビール部副部長
» 教訓を生かす (2008年09月27日)
アイコン画像イカ
» 驚異の肉コーナー (2008年09月17日)
アイコン画像ビール部副部長
» 驚異の肉コーナー (2008年09月16日)
アイコン画像イカ
» 連チャン (2008年06月17日)
アイコン画像ビール部副部長
» 連チャン (2008年06月16日)
Yapme!一覧
読者になる