「未来の食卓」

July 06 [Mon], 2009, 12:16
映画『未来の食卓』

今から10数年前、私が中学生になるかならないかの頃、
ドイツの環境問題についてのテレビ番組を観ました。
私の記憶なので数字は定かではありませんが、

1980年代、深刻な環境問題に直面した(有名なシュバルツバルト=黒い森の減少に代表される酸性雨の被害などだったと思う)ドイツは、
ごみ問題の解決や、都市部の交通の規制を行うことにより、
10年間で目に見える解決をした

という内容でした。
少しの工夫で未来は変えられるんだなぁ、と強く感じたのをよく覚えています。

番組を観た約10年後、テレビで流れている内容は全く変わっていませんでした。
エコ先進国=ドイツ→すばらしい、といった内容。
日本はどうなんだろう?
私を含め、毎日たくさんのゴミを出し続けていました(それは現在も)。
確かに進んだこともあります。
大雑把だったごみの収集は細分化されました。
リサイクル商品もいたるところに、場合によっては安価で手に入れられます。
道でごみを捨てる人も減ったのかもしれません。
それでも、目に触れ易いマスメディアは海外の取り組みはすばらしいって紹介するばかり。
実際に私たちの住んでいるところはどうなっているの?
二酸化炭素の削減目標を提示しているけれど、
実際はどれくらいの行動が必要で、どれくらいできているの?

目の前の理想や目標ばかり掲げられて、
ごまかされ過ぎているような気がしてなりませんでした。

そして今、やっぱり状況は変わってはいないのでしょうか?

私の実感ではやはり変わっていないと思います。
変えようとしている人たちはたくさんいます。
結びつきもたくさんあります。
でも、この問題に関しては、
本当に、みんながみんな干渉しあっていかないと変わらないんだと思います。
様々な状況下において、多種多様な趣味・嗜好を尊重しつつ。

とても難しいことです。
第一、私は家族でさえも変えられない。
自分自身も変えきれていない。


映画「未来の食卓」は、上の画像にもある通り、
フランスのある村が学校給食をオーガニックにする取り組みを追った作品です。

春先にパリに行った時、
どんなスーパーでもオーガニックの商品に広いスペースを割いているのを見ました。
メインの通りのあちらこちらにビオを掲げたお店が、
日本でコンビニに入るように気軽に入れる雰囲気で建っています。
食糧自給率は日本では想像できないくらい高いし、
毎日食べるパンはとっても安い。

東京でひとり暮らしをしていた頃、
納得できる素材を選び、必要な分だけ購入し、作る、
たったこれだけをする時間や場所がありませんでした。
それを提供する側の仕事をしていたにも関わらず、です。
ごみを排出してるだけじゃないか、と毎日葛藤していました。

私のうちは(厳密に言うと 元)農家だから、
今は、毎日のお米にはこと欠きません。
畑にはおばあちゃんが無農薬で育てた野菜がわんさかあります。
毎日ここで紹介しているように、
いろんなお料理を作って、おいしくいただいています。
前より数段恵まれているけれど、
それでも納得できないこともあります。

私たちの食に対する行為は、そのまま地球に対する行為につながっています。
それは、ドイツもパリも、日本の東京だって、ここ茨城の田舎だって同じ。

ドイツに住んでいた友人によると、
実際はそこまで厳密にみんなが取り組んでいるわけではないし、
アバウトなところもあり、ズボラなところもあるそうです。

無農薬、オーガニックを冠しているものが、
すべて 良いもの ではないこともあります。

ごみを分ければそれで終わりではないし、
お料理も食べれば終わりではありません。

理想を美化するのではなく、
目の前に差し出された事実だけを見るのではなく、

全てをつながったものとして、理解し、咀嚼し、吸収する。

この映画が
かわいいな とか
素敵だな とか
すばらしいな とか
だけじゃないなにかを描いてくれていることを期待して、
観に行こうと思います。

reiri

映画『未来の食卓』
  • URL:http://yaplog.jp/cutlery/archive/189
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
reiri
もちろんです
July 06 [Mon], 2009, 21:37
rie
私もお供します!!!
July 06 [Mon], 2009, 21:17
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:cutlery
  • アイコン画像 現住所:茨城県
  • アイコン画像 趣味:
    ・料理-次回のキャンドルナイト、現在熟考中。
    ・食べる
    ・旅行-それぞれ行きたいところがあるみたい。
読者になる
特に何ってわけでもありませんが、食を通して何かを伝えられたらと思います。

mixiにコミュニティー[cutlery]もあります。是非ご参加ください。


***これまでのイベント***

6/24(wed)キャンドルナイトにお越しいただき、ありがとうございました。

9/26、27ポコニャン・ダークナイト楽しかったです。また料理したい

12/1(tue)とっても寒いなか、キャンドルナイトにお越しいただき、ありがとうございました。

8/3(tue)とっても痒いなか、キャンドルナイトにお越しいただき、ありがとうございました。痒かったけど、星がキレイで良かったと思います…

12/4(sat)外に飛び出して!(屋内でしたが…)Cafe RAGBAGでのキャンドルナイトにお越しいただきありがとうございました。満腹で気持ち良かったです。

******************
お手紙下さい:)

TITLE


MESSAGE

2009年07月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31