ずっと一緒に行こうな。

March 31 [Tue], 2009, 18:39

あ、フールズじゃなくてバークスだったかも!>たなか
それとお花代忘れてたから明日返します!>たなか
あとアリスの次は絶対にアトムをオススメするぞ…!頭から順番に見るんだぞ…!!>たなか


今日は退任する先生へお花を持ってご挨拶に行きました。
3時集合予定だったのに3時に起きた私。
女とは思えぬ速さで身支度を整えた私。
車がないから原チャにまたがった私。
かからないエンジン。
バッテリーの上がった原チャ。
涙目でタクシーを呼ぶ私。
思わぬ出費だった…。

しかしあの先生が移動とはなー。一番好きな先生だったのに。
あの先生だったから数学まじめにやったもんなー。
移動先の学校でも数学嫌いを克服できる生徒を増やしてほしいと思います。





あとこれフラゲしてきたー!
ラーメンズの最新公演DVD!
「TEXT」というタイトルの通り、言葉遊びネタが満載のライブです。
しかもこれ最後泣けるんだなー!!!
あーニヤニヤする。今から見る。

我々はこれを完成品とは認めない!!!

March 29 [Sun], 2009, 15:33

通称・地獄の合宿が終了しました
と言っても今回ばかりは演者としての参加はなかったので言うほど地獄ではありませんでした

終わった
とうとう終わったよ私の合唱団員生活が
後輩に「団員の全員がエリ先輩のいない合唱団を知らない」って言われた時にはさすがに10年って長かったんだなあと思った
歌は上手くならなかったけど度胸だけは身に付けさせてもらったw
本当にいろんな経験をさせてもらったな。
ありがとう、そしてさよなら。

なにかの素材です

March 28 [Sat], 2009, 2:02

だぁー合宿の準備めんどくせえー(ってジャージとパンツしかいらんのだがな)



ここであえての寝るという選択肢

散財

March 26 [Thu], 2009, 22:58


スタジアム振り込んできた!
特典CDって15日と16日別だったのね!
開けるのもったいない気がしてきたなあ
ファイルも2枚もらったけど…いらねえええええww




あとこの辺ね。

ジャンヌDVD
ライブ映像にあるまじきクオリティ。笑
演奏の安定感と音質!あと映像美!
さすが時間があっただけに凝ってた。
大変よろしかったです。

天使シングル
これはA面よりもB面目当てだったよね実際!
ライブで聴いた時に絶対空耳だと思った歌詞、「ラブフォーユー」
キリトがラブフォーユーてwwwww
とか言いつつマルチパーソナリティーが一番好きだったりする

ラーメンズサントラ
ライブ「椿」、「鯨」、「零の箱式」、「雀」で転換中に使われたサウンドトラックを収録してあるんだが
鯨の曲は全てが桐原が好きなチェロの独奏曲なのでとてもわくてかで聴けた。ライブビデオでは転換はカットされちゃうからね。
かなりいい安眠CDとなっている。が、程よくリラックスしてきたところで変拍子の曲がきて目が覚める。むずむずする(ってそのむずむず感が変拍子のおいしいところなんだけれども)

ポツネンサントラ
コバのソロ公演のサントラ。
やっぱりアナグラムがきもちわるくてすげえすき。変な音階!変なリズム!
これもまた最近の安眠CDとなっている。

うさぎとかめ

March 25 [Wed], 2009, 21:52

小6の時の担任の先生が授業で「ディベート」をさせる人だったのね。
ディベートってのは討論会のことね。ある議題に対して異なる立場に分かれて意見を戦わせること。
先生が出したお題に対して「賛成派」と「否定派」に分かれて、自分が何故そう思うのかを発言する。
しばらく討論したら、今度は賛成派と否定派を入れ替え、または席順で立場を分けて討論。
つまり、自分は賛成派なのに否定派としての意見を出さなきゃいけない場合もある。逆も然り。
自分がさっき相手の意見を打ち負かそうと発言したことが逆に仇になったりして。すごく難しいんだけど、自分が否定していたもののいいところを必死に探すから、すごくいい発見が出来たりする。
今考えてみたら小6にえらい難しいことさせてんなーって思うけど、あれはとても面白かったなあ。身になったしね。今やったらもっと面白そうだなと思う。ちなみにお題はあとくされなさそうなやつでw
まあ私は反対意見の粗を探して追及して二の句を継げなくさせるいやーな奴だったけどね!(…


なんでこんな話をしたのかと言うと理由はない。ただ唐突に思い出したからだ。

あ、天使シングルと邪DVDは入手済みです。
まだちゃんと聴いて&見てないからこれからぼちぼち見る!

いいのに団

March 23 [Mon], 2009, 18:19

体重が5kg落ち


ればいいのに。


落とす、とは言わねえぜ!
何故なら言っといて出来なかったらダサいから!
座右の銘は不言実行@
(基、不言不実行)

あやとり

March 23 [Mon], 2009, 6:17



ジョイフル会議 in ガスト!!





ジョイフル会議はジョイフルでしか開催してはいけないなどと誰が決めた?

丑三時のマジック発動
たなかは紙ナプキンすらキャンパスに変えるんだぜ

本日の総括
「あの頃の自分に現金と音源とライブチケットを手渡し『このバンドには絶対にハマっておけ』と命じたい」
あと「たなかはバニーボーイを鑑賞すること」

以上!がすとしね!

バニーボーイ

March 23 [Mon], 2009, 3:03

何でも聞いてるよー♪








ここ見てる人には絶対通じない!
誰かラー見てよーーそして私の話し相手になってよーーー

しかしこの作りの粗すぎる兎耳について

君の席

March 22 [Sun], 2009, 1:21

私はどうしても、作品にハマると作り手の中身を覗き込みたくなる性分なので
バンドマンにしたって芸人にしたって役者にしたって映画監督にしたって、オフショットだったり雑誌のインタビューだったり対談だったり、その人の考えや素の部分を垣間見られるものには食い付くタイプです。そういうのをどっちかっていうとマメにチェックする方…だと思う。

で、今ラーメンズにドハマりしている現在。
例に洩れず今ラーのことを知りたい衝動がガッツリときているんだけど。
コバがね、「(素の自分を知られてしまって)コントでの役が見えなくなってしまうのがとても怖い」って発言してるのを見たの。
そう言われてみれば確かに、私は何の情報もなしにラーのコントを見てた時は小林賢太郎が小林賢太郎に見えたことがなかったんだなあ。演者が見えなくなるほどにキャラを作り込むのが上手い人で、そんな「変幻自在」で「どれが本物なのかわからなくなる」ところに私は惹かれたのだけど(逆に片桐仁は何をしても片桐仁であるところが強みだと思う)。
だから今、「彼のことを知りたい!」っていう気持ちと「彼のことを知るのが怖い」という気持ちがすごくせめぎ合っている。これ以上踏み込むべきか否か。
そうかー、今までこんな心境になったことがなかったのはバンドマンっていうある意味「素が勝負」な職業の人に燃えていたからかあ…。音楽人への「燃え」はその人間の本質を知れば知るほど楽曲に深みが増すことだったからさ…。
でもさー知られるのが怖いっていう割にはコバって懇切丁寧にしゃべくってくれるタイプの人じゃない?笑
見たいじゃない…ていうか見ちゃうじゃない…笑
そういうところはあれなんだろうな、片桐が言うところの「あいつはサービス精神の塊みたいな人間」の意味なんだろうな…。求められたら求められた分だけ期待に応えたい人なんだろうな。なんなら求められるよりももっとすごいものを見せつけて慄かせてやろう、っていう人なんじゃないかと思う。それを負けず嫌いとも言うね。笑

キー、にんげんっておくがふかいぜ!むずかしい!

LENS

March 20 [Fri], 2009, 1:00


天城がすきすぎる…
あたいレンズ(この芝居のタイトルね)見すぎだとおもう…
芝居もさることながらまさに大正ロマン!って感じの舞台のディティールが細かくて何度見ても本当飽きない…
コメディのようでミステリーのようでホラーのようでコメディ。飽きない。
あ、ちなみにこれ椎名林檎の短編キネマ「百色眼鏡」の設定でコバが書き下ろした舞台公演です。百色のような淫靡さは欠片もないけれどww映画でコバが林檎ちゃんと出会う前のお話。

本公演と君の席とエレ片と完売劇場は制覇した…かな?
GB公演とKKP公演をあと3本…あと片桐ピンの舞台…は引っ越し後に収集頑張る。
DVD関連は引っ越しの荷詰めが大変なので(CDはデータが残ってれば実家に置いてきても我慢できる)、なるべく向こう行ってから購入しようと必死に我慢している…つもりだったのにこれ買っちった…。



コバ著の漫画。ハナウサギ。この目がなんともムカつく…
レビュー見たら「面白い」って人と「何が面白いのかわかんない」って人が真っ二つだったんで、ツボればいいなーと思いつつも全巻まとめて買ってみた(怖いもの知らず)。ツボだった。シュールで無意味。でも時々ちょっとイイ話。買って良かった。

ハッ…いかんこれ以上引っ越しの荷物を増やすには…!!
って言いつつラーとコバソロのサントラもポチっちゃったー!!!はははー!!!
舞台のBGMにまで凝ってるんですよこの人たち。コバソロのアナグラムBGMが好きすぎて曲を聴きたいがためだけにDVDを流し続けていたからね…。



こんなことに散財しているからカラオケに誘われても断るハメになるんですよ