暑寒 

2006年09月13日(水) 17時27分
まだまだ蒸し暑い!!

と思っていたら、

この涼しさ・・・というか肌寒さは何でしょう!?

こんなに一気に秋へ突入ですか!?

こんな時(時期)は自分が思っているよりも身体が冷え冷えです。

湯船につかろう!
飲み物はホットにしよう!
布団をもう一枚引っ張り出そう!

わたしたちの身体に冷えは禁物です。

体調に気をつけましょう。。。

雨のあと 

2006年09月01日(金) 9時08分
雨のあとには 虹がでる。

冷たい雨も

大粒などしゃぶり雨も

蜘蛛の糸をやさしく濡らす雨も

止んだら 一掃された世界が広がる。

雨はその世界を作るために

いろんなものを洗浄してくれるのでしょうか。

だから雨のあとはよく晴れるのかな。

明日のきみのために。

あまたミツバチ 

2006年08月16日(水) 9時21分
この間十数匹・・・いや、二十数匹くらいのミツバチたちが

ひだまりに乱入してきました。

朝、入り口の掃除をしていると

一匹、また一匹と

次々 次々 と中へ中へ入り込んできたのです。

幸いミツバチだったので何とか外へ出そうと試みましたが、

出しては入って、出しては入っての繰り返し・・・。

そこで、最終兵器!!

♪チャラララッチャラ〜♪
    『掃除機〜』

でスポスポ吸って一件落着☆

ハチ駆除は掃除機が安全、確実ですね。

ただし、スズメバチなど危険大なハチたちは専門家に頼みましょう!

夏空色 

2006年08月03日(木) 13時53分
夏の青い空は
建物の輪郭をはっきりさせて、
見てくれとばかりに
ぼくらの目を見開かせる。

クリアで眩しくてどこまでも青いから
吸い込まれそうになるよ。

夏の青い空は
トマトの赤や向日葵の黄色がよく映える。
食べてくてとばかりに
ばくらの目に訴える。

お日様に焼けたそれを食べたら
夏の一部になれた気がした。

七夕 

2006年07月06日(木) 15時20分
今日から七夕祭り。

明日やっと

一年ぶりに

織姫と彦星が会える日。

距離が遠いから

気持ちも遠くなってしまわぬよう、積み重ねよう。

この日のために募る気持ちを。

さみだれ 

2006年06月15日(木) 9時45分
梅雨の雨も、

夏の暑さも、

ちっぽけな頭で考えることも、

同じような事件も、

先を見ていない人も、

五月雨のようだ。

だらだら だらだら と。

台風1号 

2006年05月18日(木) 9時18分
はじめは小さなそよ風でした。

でも、ひとりは淋しいと

周りのものを引き寄せるために

少し強く吹いてみました。

みんなは飛ばされまいと抵抗するものだから

もっと強く吹いてみました。

もっともっと・・・。

そよ風はいつの間にか台風へと成長していました。

この強すぎる思いはみんなを苦しめるだけでした。

力を使い果たした小さな小さな風の子は、

時折吹き抜けるそよ風のままがいいと思いました。

優しく優しくきみの頬を撫でるよ。

人波 

2006年05月08日(月) 9時28分
人 人 人

休みの日は町に人が溢れている。
そんな日は人波に酔って頭が痛い。

人 人 人

人にはそれぞれ夢がある。

それぞれの人がそれぞれの夢を持っていて、
それは目には見えないけれど、
だけれど、
そう思うだけで
キラキラした水面のように見えてくる。

人 人 人

人の数だけ夢が、キラメキがあると思った。

風の便り 

2006年04月22日(土) 12時52分
風がふく。

埃が舞う。地面を掃除するために。

風がふく。

葉っぱが落ちる、どんぐりが落ちる。動物や虫たちのご飯として。

風がふく。

たんぽぽの綿毛が飛ぶ。咲くために、生きるために。

風がふく。
風がふく。

 

2006年04月16日(日) 10時05分
雨が降りました。

寒い日でした。

花粉が飛びませんでした。

濡れるのは嫌いじゃないです。

新しい傘と出かけたくなりました。

「雨かぁ・・・」と沈む気持ちもあるけれど、

こんな雨もあっていいかなと思いました。

心に恵みの雨を!
2006年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
アイコン画像ひだまり
» さみだれ (2006年07月06日)
アイコン画像平山 芳夫
» さみだれ (2006年07月06日)
アイコン画像ひだまり
»  (2006年04月21日)
アイコン画像源一朗
»  (2006年04月20日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:cure-hidamari
読者になる
Yapme!一覧
読者になる