レボリヌス・ファシアタスで広(ひろし)

January 06 [Fri], 2017, 11:45
仮に便秘になっても、薬を飲めばいとも簡単に、解消できると思いますが、薬頼りになってしまうのはよくないので、やはりまず最初に食生活を見直してみてください。例えば食物繊維が多く含まれた食品を摂取することがよくって、不溶性と水溶性の2種類の食物繊維をバランスよく摂ることが大切です。他にも野菜、海草類をすすんで食べましょう。



乳酸菌シロタ株と聞けば、ヤクルト。
昔、白血病になり病気を克服した経験のある渡辺謙さんのコマーシャルでおなじみです。
あざやかに白血病との闘病生活から帰還し、ハリウッドでまぶしい活躍をしているCMでの渡辺謙さんのお薦めをみていると、大きな効果が期待できそうな予感がします。いつ乳酸菌を摂れば良いのかですが、決まったものがありません。
商品のパッケージには適量と回数が、書いてあるところがありますから、それを基準にして下さい。

その日の摂取量を一回にして取り込むよりかは、こまめに分けた方が体内への吸収ということで効果のある方法です。俗にいう乳製品以外にも、含んだ食品が存在することを知り、一体乳酸菌て何だろうと調べてみました。

そうしたら、乳酸菌は乳酸の菌ということじゃなくて、化学反応によって乳酸を作り出す菌類をそう呼ぶのだそうです。



これは常識なのですか?30年余り生きて来て、知らなかった事実を発見です。
便が溜まった事って一生のうちに必ず一度は誰もが体験したことがあるものだと思います。

特に辛い時は一週間お腹が張った状態のままなんてこともあります。
お通じの改善に役立つ薬もありますが、個人的にはを飲むのに抵抗があるので、穏やかに効いてくれるオリゴ糖で腸内環境を整えています。
効き方が穏やかなのが安心ですね。実は乳酸菌を摂ると体には色んな効き目があります。善玉菌を数を多くして悪玉菌の数を抑え、お腹を良くしていきます。その結果に、免疫力がアップして、沢山の健康に対する良い効果が得られます。

例えば、アトピーに対しても改善効果があったり、インフルエンザにも予防の効果があります。乳酸菌は身体の健康を促進する働きかけが高いんです。
母は重度のアトピー持ちです。遺伝したみたいで、私もアトピーを発症してしまいました。
皮膚がボロボロになって、毎日保湿を欠かすことができません。
ケアを欠かしてしまうと、何もままならないです。
別に母を責めるつもりはないのですが、将来、私の子供にも遺伝するのではないかと思うと、絶望的な気持ちになります。
以前、私は便秘がとてもひどかったのですが、今では少しずつ便秘が治ってきています。便秘改善に効果があった方法は、とにかく、ヨーグルトを食べるという対策でした。この方法で、長年の便秘を改善したという話を知ってから、、私も真似してみようとヨーグルトを買いこんで毎日食べてみたのです。

実践していくうちに、だんだん治ってきて、ひどい便秘になることもなくなりました。近年は毎年のように冬になるとインフルエンザが大流行することが続いています。

年々予防注射をする人数も上昇しているようですが、都市部ではかなりの人数が感染しています。

いくつも感染経路は可能性がありますが、電車や街中、仕事場など、大人数と触れる場所で感染することが考えられます。
ここ最近の研究でインフルエンザの予防のためには乳酸菌が高い効果を誇るということが分かり始めてきました。



実際、インフルエンザというのはワクチンだけで全てを防ぎきることは出来ません。

日頃から乳酸菌を摂ることで免疫力が上がって、インフルエンザを防いでくれたり、症状を軽くしてくれる効果が高まると言われます。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ショウタ
読者になる
2017年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる