顔のシミと肝斑

January 20 [Mon], 2014, 2:30
肝班という顔にできるシミがあります。肝班ができる理由は、ホルモンの分泌によります。左右対称にできること、色が薄いことなどが肝班の特徴です。目のまわり、頬、おでこ、鼻の横などにできます。肝斑は普通のシミとは違って、シミの線がはっきりとしないのが特徴です。ホルモン分泌の関係で、濃くなったり薄くなったりとするのも肝斑というのシミの特徴です。肝斑という顔のシミは30歳以上の女性に多く、妊娠中や口径避妊薬などを使っている場合に出来るケースもあります。レーザーを用いるシミ治療がありますが、肝班に対してレーザーを使うとシミが悪化することがあるため、レーザー治療をすることはできません。肝班の治療方法は、光を照射するシミ治療や、トラネキサム酸を経口摂取する治療法があります。トラネキサム酸はもとは止血剤で、錠剤型で使用することができます。紫外線のためにできるシミと違って、肝班はホルモンの分泌量によってできるものです。バランスが崩れるとプラスミンという情報伝達物質が分泌されて、メラニンの生成を活発にさせてしまいます。トラネキサム酸を使用することで、メラニンの生成を抑制する事で、肝斑ができるのを防いでくれるのです。顔のシミというのは、いろいろな原因によって治療の方法も異なってきます。顔にできたシミを治療によって目立たなくしたいという場合は、肝班か他のシミかなどをまず判断する必要があります。安い 自動車保険をご紹介しています。

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:cuojaio4ur10c5
読者になる
2014年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/cuojaio4ur10c5/index1_0.rdf