なんとも不思議な 

2005年08月27日(土) 11時01分
すごい不思議な夢だったし、長編だった。
つらつらと印象に残るものを書いてみよう。

何だか知らない土地に住んでいる私。
大地震がやってくる。
私は地震が来る事を知っていた。
でも、予想より早く来て、焦る。
一度、止まりかけた地震は、何度も再発する。
一度目はペットショップで起きる。
ひたすら家に残してきた自分の犬達を心配したが、
店内のゲージに入っている犬達は地震を気にも留めていない。

地震の中、何故だか大きな墓地に向かう。
電車に乗っていくのだけれど、猛スピードだ。
地震のため、停車はせずにひたすら走る。
大きな海だか川だかを渡る。
鉄橋のようになっているんだけど、以前壊れたことがあるらしく、
また壊れやしないかと心配する。
実際は見たこともない橋だけど、夢の中の私を含む、夢の中の住人は崩壊した事があるのを
知っていた。
無事に渡れたけど。

墓地に着くと、たくさんの人がいた。
色々な目的で列が出来ていた。
私達はその列を通り過ぎ、先祖供養にあたるのだろうか、その目的の場所まで行った。
来訪者記入帳みたいなのがあって、祖父が「記入しなくては」と言うけど
間違えた記入帳を開く。
そこには、亡くなった叔母のために来ていた叔父の記入があった。
正確に言うと叔母でも叔父でもなく、祖母の姉妹だけど。
洞窟みたいなその場所は何だか小人のような魔法使いのようなガーディアンがいて
何かをそいつから奪うかもらうかしてクリアしなくちゃいけなくて困った。
クリアまでの旅みたいになった。
急に場所チェンジしていて、内容も少しだけ違うんだけど、
変な兄弟に会う。
兄弟と、妹。
私も実際に兄弟はいないけど、夢では兄がいた。
夢の中では何だか私がその兄弟の弟の方が気に入っているらしい話になっていた。
私の兄がその兄弟と1泊旅行を計画する。
兄がなんとか計らおうとするが、相手の兄は「弟の事が好きなんだろう、その計画だろう」
みたいな事を言う。あたしは夢の中で心外だ!って思う。
あたしは好きな人のために墓地に向かおうとしているのに!って思ってた。
好きな人が死んでいるわけでもないけど。
その兄弟には実際会った事ないし、夢の中でもスキだって思っていない。
ただ、そのような事になってた。

そういえば 

2005年06月13日(月) 13時18分
いつからスキだったんだろう
恋心が初めはなかった。
でもしかった。
それは今でも変わらないから・・・
きっとずっとしてるんだろうな。
から始まった
終わった
終わらない。 

終結しない感情に戸惑い続けている。

2005年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:cunwintku
読者になる
Yapme!一覧
読者になる