永沢で井上堯之

February 20 [Sat], 2016, 17:42
ここ最近、デブになたので、もっとスリムになりたいなぁと調べていたら、いい対策を見つけました。それは、酸素を多く体にいれる運動です。有酸素運動は効果的で食事制限をするよりも、ずっとダイエットできます。私自身、数週間前に有酸素運動を始めたのですが、あっという間に痩せてきて嬉しいです。走ることはことのほかききめがあるんだなと感じた出来事でした。女性の立場では、結婚は人生で一度きりのはずのことなので、結婚を決めてから、私も人並みにダイエットに努力しました。それから、エステにも行って見ました。お金を色々と要したため2日しか通う事ができなかったけど、普通できないことをして少しだけ綺麗になれた感じがしました。若い頃は基礎代謝力が良いため、多少食べ過ぎて体重に影響があってもしばらく経てば元に戻ることが多いです。ですが、年齢を重ねるにつれて基礎代謝力が下がってしまい、エネルギー消費量も落ちてしまうので、何の行動もしなければ太ってしまいます。ダイエットしている時に、私が無性に甘い物を欲した時に摂取する食べ物は、常に変わらずに寒天です。これは好きな味付けをすることができるので、飽きずに食べられます。特別、缶詰みかんが入った牛乳寒天と、サイコロ状に切った味付けしていない寒天にたっぷりきなこと少々の黒蜜をまぶしたものが大好きです。実際、有酸素運動は、せめて20分は運動しないと効果が見られないといわれてきましたが、今は長く続けなくても20分を超える時間を運動していれば効果があるのではないか?といわれています。他方で、従来の筋トレのほとんどは有酸素運動とは反する運動ですが、無酸素、有酸素両方の運動を順々に行うことで効果をよりアップさせることが、できるわけですね。ダイエットに、効果的なのは息が上がるほどの有酸素運動と筋トレです。有酸素の運動で特に使われている筋肉は遅筋で、筋トレで使うのは速筋が鍛えられます。あなたも聞いたことあるかもしれませんが、遅筋は筋が肥大しにくいため、マッチョみたいになりにくい筋肉です。この、遅筋と速筋の両方を同時に鍛えると、憧れのスタイルになれるかもしれません。昔、炭水化物を少なくする方法で減量を試みたことがあります。よく噛むことで、満足度をあげようとしましたが、やっかいだったです。生粋の日本人ですから、たまには、がっつりと真っ白なごはんを食いたくなります。ですので、現在は、夜のみ炭水化物のものの飲食を控えるけれど、朝と昼は普段通りに食べることにしています。本格的な複式呼吸を覚えれば、基礎代謝アップが期待できるといわれています。おろした生姜入りのお湯を飲んだり、ストレッチをして体をほぐしたり、半身浴でリラックスしたり、代謝を上げるのも努力がいると考え始めていたので、とりあえず呼吸法を完璧にして、常時手軽に代謝を上げられるようになりたいと考えます。ダイエットを行う際にまずしておくべきことはまず最初に基礎代謝量を計算しておくことが重要な第一歩です。基礎代謝とは、特になにも動いていない状態において消費されるエネルギー量のことですので、数値が大きいほど、体質的に太りにくいだといえるのです。便利なことにネット上で簡単に基礎代謝が計算できるサイトがありますので、一度どのくらいの数値か知っておくといいと推奨します。ダイエットできる食事のイメージは脂肪分や糖分が少ないものが浮かびやすいと思いますが、私の経験から思うに、塩分の少ない食事がとても効果を感じやすかったと思います。特に下半身太りのほうが気になるという人は、まずは減塩対策をはじめられることをお薦めしたいです。基礎代謝量をあげるためには有酸素運動を日常に取り入れるのがよいといいます。一番簡単に取り入れられて効果もあげやすいのはウォーキングだということです。もちろん、のんびりと散歩のように歩くだけでは基礎代謝の向上にはつながりません。望ましい方法としては、下腹にぐっと力をいれながら、顎を心持ち引いて、できるだけ遠くの前方を向くなど筋肉を意識しつつ歩くようにすると、効果が出てきます。痩せる決意をしたその瞬間が、一番のモチベーションに満ち溢れているタイミングでしょう。ダイエットをやり遂げる為には、痩せるぞ!絶対!という思いをいつまでも持続させることが大切なんですよね。最初にマジで頑張りすぎると頓挫しやすくなってしまうので、ゆるくスタートしましょう。ダイエットをずっとやってると、カロリーを計らなくても、おおよその摂取カロリーが当てられるようになります。主食と主菜、副菜をこのくらいの量食べたので、昼食の摂取カロリーはこのくらいという具合に計れるのです。私にもデブだった時があるので、仕方ないのですが、少しセンチメンタルになります。痩せよう!と頑張って実行していると自分に厳しい食べ物の制限を立ててしまう人もいますが、断食などの無茶な減量は、禁物です。というのも、食べ物を制限していても胃がカラになってしまったら無理をせずに召しあがってください。できるだけカロリーが低いのものを食べるようにすれば一気に太ったりすることもありません。実際、もっとスリムになろうと思っても日々の運動で、長距離走をしたり歩行したりするのは本音はちょっと面倒な気持ちがわきませんか。そこでお伝えしたいのが室内での呼吸をしながらの軽い運動です。ラジオ体操も素晴らしい有酸素運動なので、軽い感じの服装で少し過激に体を動かし体操をすると、おのずとカロリーも消費されます。ダイエットには様々な方法がありますが、基本は運動と食事ではないかと思います。食事制限と運動を並行してするとまた一段と効果的となるので、毎日ストレッチやトレーニングをすれば良いかもしれませんね。スポーツジムといったところに通うのも良いと思われますし、それが無理な人は自分でトレーニングやジョギングを行うように心がけていきましょう。健康的にダイエットしたい場合には、マラソンを実施するのが有効です。どういったものかというと、これは水泳、歩行、走行といった運動のことです。そして、栄養面で考えるのはプロテインなどの、いわゆる良質なタンパク質を体に与えることです。脂肪を減少させるためにはタンパク質を要するのです。ダイエットに効率的な運動といえば、ウォーキングです。体重を落とすのを成功させるためには消費カロリーより摂取カロリーが上回ることが肝心なので使ったカロリーが多いジョギングやエアロビクスや自転車散策などの運動が一押しです。くわえて、身体を引き締めてメリハリのある体の線を作るためには、筋肉トレーニングもおすすめです。私の場合、子供を産んだ後、重くなった体を出産前の状態にもどすために、減量と合わせて人生初の筋トレをしました。母乳のみで育児をしていたので、思うように減量はできなかったのですが、筋トレはたくさん熱心にしました。おかげさまで、6カ月ぐらいで、ある程度元の体型になることができました。ダイエットしている時の間食は絶対にいけません。仮に食べ物が、いくらお菓子などではなくても、食べる=太るという事実を忘れないでください。過度の我慢も良くないけれど、朝食、昼食、夕食の三食をきちんと食べて、あとは食欲を抑制できるように体質を変えていきたいですね。体重を減らす為に朝食を抜くのは体に良くないので、きちんと食べる方が効果的です。カロリーを考える場合はメインの炭水化物をスムージーやヨーグルトに変えるといいです。他にも、温野菜やスープも代謝が上がりますし、肌にも良いです。時間がない時は果物だけでも良いので、きちんと食べて健康に痩せましょう。これを食べておけば痩せていくなんていう、食べ物はあり得ません。ただし、カロリーが低いものとか、食物繊維を豊富に含まれている場合など、お通じを促進してくれるものはダイエット効果という意味では有効ですよね。実際、野菜やきのこ類、海藻類をたくさん食べると、体重が増えにくくなるでしょう。また、カロリーの高い食べ物を控えなければなりません。ダイエットで人気のある有酸素運動は、もっとも効果のある心拍数を自分自身で把握することで自分の自身を効率よくエネルギーを燃焼して、脂肪燃焼を高めることが可能となります。しかしながら、長い時間体を動かせば動かすほどダイエットではなく、、特に激しいとされる運動は筋肉に酸素が十分に行き渡らず、逆効果になる場合もありえますので、注意してくださいね。私が痩せたいと思った時、自宅で可能なダイエット法として腕立て伏せや腹筋、スクワットなどの運動を行い、筋肉の量を増加することでからだの基礎代謝がアップしやすい状態にした後に、少し早めのウォーキングを30分以上続けました。これを毎日続けたおかげか、2か月で5キロのダイエットができましたが、実行し続けることはとても大変でした。ダイエットを頑張るならとにかく筋肉を増やして基礎代謝をガンガン上げていくこと大切です。ダイエットする為にはどんな筋トレがなくてはならないのでしょうか?ウォーキングなどの有酸素運動が効き目がありますが、やり過ぎは逆に筋肉がつきにくいと言われています。軽度の有酸素運動の以後に筋力トレーニングに取り組み、その後、また軽度の有酸素運動を行うのが効き目が表れやすいようです。ダイエットが続かないときには、ダイエットの成功例を聞いてみましょう。インターネットの噂などは信頼がおけないと思うので、機会があるならば友だちや家族などの体験談をじかに尋ねるのが良いでしょう。成功の経験を聞くことでやる気が上がります。ダイエットを実行中の人は運動によって減量を試みるのは普通だと考えられますが、時間を決めて行っているでしょうか?出来ることなら日々、朝だったら朝、夜なら夜と決められた時間に運動した方が痩せやすい体になることが出来るようになるのです。自分の生命をいじするための最低限のエネルギーを測ることは大切だと考えられています。その理由は、自分の代謝量を知らないまま、自分にどのくらい摂取カロリーが必要なのかわかることはすることはできないからです。若かった時のようなダイエットに無茶をするのが体に無理ができなくなった分、日常生活から静かに数値を考えていきたいと思うこの頃です。ダイエットをする時は無理をし過ぎないことです。食事を制限するダイエットは確実に痩せるのですが、体調不良に陥る場合もあるのです。私の場合は生理が止まってしまったのです。排卵が止まってしまって、婦人科で薬をもらい治しました。あまり頑張りすぎると長続きしないし、危険だと思います。実際、日常生活で歩く時にお尻に力を入れて大股であるくだけでも結構、違いが出てくるのです。もはや20年くらい前になりますが、その頃、流行した外国製の痩せる効果のあるサプリを験したことがありました。流し込んでしばらくすると、胸が苦しくなったり、息切れが発生したりしました。ききめがあると思えばいいのか、体に合わないのか判断できず怖くなり、たった一本で飲むのを中止することにしました。結局、体重も何も変わりませんでした。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Yuudai
読者になる
2016年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/cunij981mta5ra/index1_0.rdf