海外進出の話 

January 13 [Sun], 2013, 14:39
旅行誌のライターという仕事柄、国内の観光地にはそれなりに通じているつもりだけど、海外旅行事情にはまったく疎い

今のところ、国内の仕事ばかり引き受けてるので、不便はないが、当然ながら海外の旅行情報誌のお仕事も舞い込んでこないとは限らないので、英語や海外の観光についても勉強せねばとは思いつつ億劫な自分がおります。

旅行会社に勤めてる方にお話をうかがっても、「大して英語話せなくても、添乗なんてなんとかなっちゃうもんだよ」なんておっしゃるもんで、余計に甘えが出てしまうのね。


定期的に英会話を習いに行く時間もないものだから、持ち歩いてるiPadを活用してたまに覗いてるこのサイト。

【英会話・英語の学習のツールとして myberry(http://myberry.jp/)】


例えば英語のYoutube動画や英文の記事を教材のように使える「Study Life」(http://myberry.jp/studylife/)は、学校の授業でこんなことやったな〜という懐かしさもあるんだけど、元ネタは時事だったりするので頑張って読み解いて損をした気分がしない。

もちろん、日本語訳や、熟語の解説も表示できるので、スッキリした気分。なにより、「がんばって聞き取ってやろう」って思わせてくれるのがすごいんだよね。


そんなわけで、来たる海外進出に備えて、準備を整えます。。。

[PR]


顔ハメな話 

March 02 [Fri], 2012, 19:04
「CUARTO DE ESTAR」に「京都・建仁寺編」を追加しました。
http://cuartodeestar.gionsyouja.com/





相変わらず、旅はしてて、前回は最近、一眼レフを買ったという後輩をつれてと、言うよりは、その当日納車のキューブに強引に乗せてもらい、龍潭寺に「撮影旅行」に行って来ました。(http://cuartodeestar.gionsyouja.com/ryotanjiryugashidou.htm



うなぎ!おいしかったです。。。



「写真を教える」ってのは難しいね!って、自分も全然教えられるレベルではないんすけど。



相変わらず美しい龍潭寺庭園。考えたら、前回は工事中だったなあ。


龍潭寺からも程近い、東海地方屈指の「SHOW NEW DOW」の竜ヶ岩洞にも足を伸ばしたんですが、ここがまた「古き良き観光地」の香りがして、なんとも好きでした。




普通に観光を終えると、謎の看板を発見。


「各種顔ハメ大賞」に輝く! って、そんな賞があるのか。

しかも「各種」ってことは複数あるんだよね。



ってか、そもそも「顔ハメ」って、何?














ああ、なるほどね。こいつは大賞だわ。




須賀利の話 

February 19 [Sun], 2012, 21:20
「CUARTO DE ESTAR」に「須賀利編」を追加しました。
http://cuartodeestar.gionsyouja.com/



昨日は尾鷲の方に出かけて、生まれて初めて「まんぼう」を食べたよ。

これがその写真↓





ってか、天ぷらにしてしまったら、まんぼう感がまるでないですね。


「まんぼうはまずい」って、複数人から聞いたことがあって、恐る恐る食べたんですが、鶏肉みたいでうまい。

「まずい」っていうのは刺身の話?

知ってる方がいれば、教えてください。




さて、この地方に訪れた理由は、「須賀利」という小さな港町を訪ねること。




リアス式海岸に抱かれた静かな漁村。


本当に観光地でも何でもない場所でしたが、「船でなければ行きづらい」「美しい漁村」というキーワードに惹かれての来訪でした。

人によってはこの町での滞在が退屈に感じるかもしれないですが、自分には魅力的な場所に映りました。




忘れちゃいけないのが「町唯一の喫茶店」が印象的だった(笑)

まず船で着いてすぐに、さっそく喫茶店に入ったんですが、その時はやっぱり常連の地元の人に混じって、コーヒー飲むの、すごく違和感あったんです。


そして、船が出発するまでの時間に、もう一回入っちゃったんですが、だんだん居心地がよくなってくるのがわかりました。




2回目の来店の時に頼んだチョコレートパフェ。
おそらく、あんまり注文を受けることは少ないと見たものの、丁寧な作りで、おいしく頂きました。



マスターのお母さんも、1日に2回も来店する、妙な若者一行に、「どこからいらしたんですか?何もないでしょ?」みたいなことを話してくれたんです。

どの土地だって、住んでる人は気づいてないことが多いけど、魅力的な場所なんですよ。どの土地だって。

旅をするといつもそれは思う。



それにしても、船の旅って、なぜか帰りは少しセンチメンタルになるね。






これからも、有名な観光地だけじゃなく、魅力を掘り起こすことに力を注ぎたい。



日記を書くと果たして反応はあるのか?っていう話 

February 05 [Sun], 2012, 21:16
最近は「つぶやき」ばかりで、「日記を書く」という習慣がなくなってダメですね。

昔はもうちょいまめに書いてたんですが。。。



果たして、日記書いたところで、みんな見てくれるのかという疑問もありますが。



さて、ホームページ(http://cuartodeestar.gionsyouja.com/)にも載せましたが、「高田本山・専修寺」という寺院に行ってきました。





Y田家は「真宗高田派」らしいので、その総本山というわけです。

もちろん、普段、宗派がどうとか、全然気にしてないのですが、休みの日にひとりだったので(←さすがに渋すぎて誘えない)、行って見ることにしたんです。

一眼レフも買ったことだし。



そしたら、想像以上のスケールに驚いたよ

とにかく圧巻だったなあ。




拙い写真と文章で、恥ずかしいんですが、最近、これを「仕事」にしたいと思うようになりました。


「旅人」っていう職業はあるんですかねえ?

旅して、物書いて・・・。需要はないだろうか。




なんか、中二病みたいで痛いですが、今はそんな気分。


東京の話 

April 10 [Sun], 2011, 9:20
「CUARTO DE ESTAR」に「鉄道博物館編」「隅田川紀行編」をupしました。
http://cuartodeestar.gionsyouja.com/


東京に住む先輩方との、前からの約束だったので、行ってしまったよ。

何回も、「行っても大丈夫?」って確認しましたが、「案外、普通なのでおいでよ」って言ってもらえたので、単身、ギャランを走らせ東名を東へ。

本当に暗くなってたのかは不明だけど、「トンネル内節電中。走行注意」という電光掲示とか、SAでもエアタオルが使えなかったりと、やっぱり平和なときとは違う様子で、道中、ちょっと不安になりました。

それでも、走行中、富士山がきれいで、テンション上がったなあ。



東京について、キムチ鍋パーティーを開催してもらいました。

どうやら、生鮮食品はあるみたい。


しゃるさん、森さんはやっぱり天才だ。あの節回しがなんとも言えない。

森さんがチェルノブイリに言った話とか、もう、すごいとしか言いようがない。マック赤坂も。


かなり久しぶりのもげさんも、どこかもげっていて、ホッとしました。






滞在中、2回余震に遭遇しました。

1回目は埼玉県で。車に乗ってても十分に気づく震度4。

2回目は森さんを新横浜まで送ってる道中の首都高で。

緊急地震速報がケータイでビービーなりました。流れてる首都高の真ん中、どうしていいもんやらと一瞬思いましたが、揺れ的には緊急地震速報が出るレベルじゃなかったみたい。

パニックになるよねえ。




東京に行ってみた感想ですが、確かに生活はできるし、ガソリンも給油できたし、浅草とか人で賑わっているけど、とにかく「不安定」。

コンビニは薄暗いし、欠品も目立つ。





そんな中、迎えてくれた先輩方には本当に感謝。

宮城や福島の様子は報道されていても、意外に報道されていない東京の様子もライブで見れたのは貴重でした。




スカイツリーが完成してる頃には、平穏な日々が送れてるといいなあ。

お邪魔でなければ、何度でも行きたいです。


食品サンプルの話 

April 10 [Sun], 2011, 9:03
だいぶ前のことになっちゃいましたが、前の会社の面々と久しぶりに会って、郡上八幡に遊びに行ってまいりました。






今回の主な目的は、この地方の地場産業(?)の「食品サンプル」をつくる体験。

ええと、正直、笑えないくらい不器用なのがばれるのが怖く、できるだけこういうのを避けてきた経緯があったのですが、みんながやりたいと言うのならしかたあるめぇ。







「天ぷら」をつくるコースだったんですが、作り方としては、蝋を湯の中に落として、衣を作り、(もともとできあがっている)野菜(←もちろん偽物)に被せてあげるというもの。

蝋を水に落とす勢いがポイントみたいっすよ。








じゃーん。そして、出来上がりがこれ。






・・・

・・・・・

・・・・・・・・




作ったところで、これどうするの?っていうツッコミはさておき。






キタの話 

March 14 [Mon], 2011, 23:00
「CUARTO DE ESTAR」に「大阪・キタ編」を追加しました。
http://cuartodeestar.gionsyouja.com/


こんなときに、大阪で遊んでていいのかと悩んだけど、家にいても鬱な気分になるので、友人のゴッツンが待つ、大阪に予定通り行きました。

結果的には、すごく平和で、美しい大阪に触れられて、すごくよかったです。

感謝。




有名な観光地から、そうでないところまで、日本のきれいな場所をたくさん見ておきたいです。生きてるうちに。




そういう気分。















でも、今日は会社の電話、ひっきりなしに鳴ってて、就寝前になっても、電話の音が鳴り響いてる感じがする。

まあ、内容は、商品の発送についての問い合わせだね。ちゃんとモノは届くのか?っていう。







これから大変になるよ。

食品に限って言えば、確実に「しばらく食べれないもの」がこれからたくさん出てくるはず。




昨日は夢のように楽しかったけど、今日は現実を見た。





氷見・寒ブリの話 

February 12 [Sat], 2011, 12:42
「CUARTO DE ESTAR」に「氷見・寒ブリ編」を追加しました。
http://cuartodeestar.gionsyouja.com/



魚大好きな管理人junとして、「氷見で鰤しゃぶ」というのは、いわゆるひとつの夢・あこがれだったわけなんですけれども、見事実現しました。








今回の旅は、寒ブリだけが目的で、あとは何も決めてない状態だったので、車の旅にも関わらず、思いつきでローカル線に飛び乗り、高岡へ。



忍者ハットリ君列車は、車内アナウンスも、ハットリくんが直々に担当。ニンニン。




いや〜、我ながら奔放すぎて、同行の友人を振り回しましたが、ちっとも反省しておりませんので。




熱海の話 

February 01 [Tue], 2011, 21:48
「CUARTO DE ESTAR」に「熱海編」を追加しました。
http://cuartodeestar.gionsyouja.com/


「日帰り」というと、強行軍だと思われてしまいそうですが、6時間ほど滞在しました。

駅から近い範囲で見所が多く、温泉に入れる熱海ならではの魅力でしょう。



でも、気になったのは、入った飲食店の接客態度が気になった。滞在中、昼夜ふたつ入ったけど両方とも。


ウェイティングで名前を書いて待つように促すときの言葉遣い、カウンターでお客と向かい合わせなのに大声で怒鳴るように店員に指示を出す、茶とおしぼりは出てない、客が入ってきたのを知りながら無視、メニューを渡すとき言葉も掛けない目も合わせない…。


とにかくひとつ気になり始めたら、とことん気になってしまいました。

たまたまだと思いたいけど、2軒ともそうだと、熱海の街のイメージがそうなっちゃうよね。




自分の旅のスタイルは「人とのふれあい」とか別に求めてなくて、割とドライな感じだと思うんですが、

なんだかんだ言って、「旅は人」だよね。


うまく言えないんだけど。




シカたない話 

January 09 [Sun], 2011, 21:30
「CUARTO DE ESTAR」に「龍野編」を追加しました。
http://cuartodeestar.gionsyouja.com/







久しぶりにひとり旅を楽しんできました!

帰りには明石に寄って、明石焼。

めちゃめちゃ好きなんですよね。明石焼。

ひとりで、普通に店に入って、ビールも飲んじゃうくらいの度胸はあります。



ただ帰りの電車でハプニングがありまして。

関ヶ原あたりで、ドンという衝撃とともに、急ブレーキ。

一両目に乗っていたので余計に感じましたが、なにかしらと思ったら、アナウンスによるとなんと電車が鹿と衝突。



なかなか運行再開しなくて、乗り合わせた人は「なんだよお〜、疲れてんのに〜」くらいの雰囲気でしたが、子供だけは「しかさんだいじょうぶ?しゅじゅつするの??」って母親に何度も聞いてて、なんだか頭なでなでしたくなりました。





大人ってダメだね。