変形性膝関節症とはどんな病気?

July 19 [Tue], 2016, 19:14
変形性膝関節症(肥満を予防して膝への負担を減らし、膝周りの筋肉が?えないように注意しましょう)とは、主に肥満(原因も人それぞれで、食習慣に問題がある、親からの遺伝で太りやすい、疾患や服用している薬の影響、睡眠不足で太りやすくなっているなどが考えられます)や老化が原因で起こりがちな膝の関節痛(原因として代表的なのが、通風や関節リウマチ、変形性関節症などです)の一つでしょう。スポーツなどが原因の膝の酷使や、重い体重(健康のためにいい健康体重、見た目にこだわる人が目標とすることが多い美容体重など、人によって理想の体重は畭なるものです)を支え続ける事に因る酷使・長い年月の蓄積・老化などによって、膝の骨が変形してしまい、痛みを発症する関節痛です。元々、膝は体重を支えるために酷使される関節の一つです。関節は軟骨(骨と骨の間などにあって切り餅のように弾力があり、軟骨組織と軟骨膜で構成されています)がすり減ったりすれね、修復する機能が備わっているのですが、肥満(原因も人それぞれで、食習慣に問題がある、親からの遺伝で太りやすい、疾患や服用している薬の影響、睡眠不足で太りやすくなっているなどが考えられます)や老化・スポーツなどによる酷使により、磨り減る→修復→すり減る→修復を繰り返すうちに、骨の形が変形が生じてしまう事があるでしょう。この時、多少の変形であれば、そして、膝に負担をかけることがない生活(ささいなことの積み重ねですが、疎かにしているとある日大変なことになるかもしれません)であれば、特に問題ないケースもあるのですが、骨の先が尖ったように突き出す骨棘によっても痛みを感じると言われている関節痛(原因として代表的なのが、通風や関節リウマチ、変形性関節症などです)です。症状としては、最初のうちは立ったり踏み出そうとした時に、ズキッと痛みを感じる事から始まるんです。この段階では、まだ初期といえるのですが、進行していくと歩いたりする度にいつも痛みを感じるようになって、特に階段の昇り降りが辛くなってきます。さらに進むと、ただ歩くだけでも難しい状況になって、膝の曲げ伸ねしも困難になってしまうでしょうから、座るのにも苦痛を感じるようになります。放置していても、ますます症状(なかなかつらさを他の人にわかってもらうのは難しいものです)が進み、膝に水が溜まるようになってしまいます。場合によっては、手術が必要とされるケースもあるでしょうから、可能な限り早い段階で病院を受診されることをおすすめします
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Nana
読者になる
2016年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/cu8nlctotei65a/index1_0.rdf