生命保険加入を考える時には必ず複数社に見積りをとろう

April 10 [Wed], 2013, 11:32
高校や大学を卒業し社会人としてスタートしたら身体が資本なので、生命保険など万が一の備えをしておく必要が有ると思います。


日本の場合国民皆保険制度がありますが、治療費も最近は自己負担の金額負担が大きくなって来ているので、それだけでは不十分だと考えます。


結婚や子供ができるなど、守るものが出来た場合はなおさらですね。




生活費と比較してどの程度の保険料なら支払えるのか、大きな怪我、病気患ってしまった場合、どの程度の保障ががでるのか?複数の会社から見積り比較検討しながら考えないと行けません。


民間の保険会社の生命保険や医療保険に加入する場合、いろんな保障内容が選べるようになったのですが、実際にはどの程度の負担でどの程度保障内容か、人生のそれぞれの場面で金額も異なってきますので、何年かに一度見直す必要があると思います。


保険料の金額や入院などの補償の金額も気になりますが、実際には保険会社の担当者や、代理店さんの担当者さん、どのような方と出会うのかも大きいと思います。


アフターフォローをどのようにしてくれるかは担当者さんやどのような代理店さんなのかで、実際に契約する保険会社が同じでも、印象やその後のつき合い方も変わりますからね。