妊娠の計画をされている方や妊娠初期の

November 30 [Wed], 2016, 4:18
妊娠の計画をされている方や、妊娠初期の妊婦さんは普段の食生活以外に、十分な葉酸の摂取が正式に厚生労働省が推奨しています。
葉酸を十分に摂る事で、赤ちゃんが神経管閉鎖障害などの先天的な障害を負うリスクを低減してくれるという話があるのです。

持ちろん、サプリメント(体質や体調、服用している薬との相性があるので、慎重に選ぶ必要があります)で補給するという手もありますが、その時は赤ちゃんのためにも、自然なものを摂りいれたいという方も多いでしょう。


ですから天然素材の葉酸サプリメント(体質や体調、服用している薬との相性があるので、慎重に選ぶ必要があります)にすることが大事なポイントだと言えますね。
今、二人子供がいます。二人目の子にむけて妊活をしていた時の話ですが、産み分けについて興味があったので、本を買って読みました。長男を出産した後でしたので、次は出来たら女の子が良いなあ、と思っていました。本に載っていた、排卵日の特定からタイミングを合わせたりして、産み分けにチャレンジしたという訳です。

妊娠が発覚した後、性別が判明する時までは緊張しましたが、無事に女の子を妊娠することが出来ました。妹が出来た、と家族で喜んでいます。

なかなか妊娠できないという人は、まずは基礎体温計を購入することをお薦めします。平均体温と基礎体温はちがいます。基礎体温を見ると女性のホルモンバランスの変化が推測できて、妊娠に通じる対策を講じることもできるためす。

普通の体温と違って基礎体温は、運動量が体温を変えてしまうので起床時に「毎日測る」というおヤクソクがありますから、きちんと守っていくことが大事ですが、時間もかからないので、すぐ慣れると思いますよ。葉酸は多彩な食品にふくまれている天然の栄養素です。青菜系の野菜に多くふくまれている事が有名ですが、フルーツでは、イチゴ、ライチに多いことが一般的に言われています。あるいは、柿やアセロラ、キウイフルーツも該当しますし、あるいは柑橘類も葉酸を多く含有しています。十分な葉酸を簡単に摂取するためには、オレンジジュースを飲んで葉酸を補給するのも良い方法だと言えますね。

葉酸の摂取期間についてお話しします。
みんなご存知のように、葉酸の摂取は妊娠前から妊娠3か月まで期間において重要であると厚生労働省が発表しています。ところで、この期間を過ぎた妊婦に葉酸が無くても良いのでしょうか。
妊娠後期は初期にくらべて、葉酸が不足する傾向が落ち着くのですが、だからといって全く気にする必要が無いのかと言うと、そのような事はありません。胎児が先天的な障害を発症する可能性を抑えてくれる、という葉酸の効果だけを見た場合に、妊娠初期が大変重要な期間という事ですので、妊娠期間中のなかでも、特に妊娠初期の段階での葉酸摂取を意識しようという事なのです。


親友の話なのですが、妊活中によく漢方を飲んでいたと思います。その子によると、体質から変えたい、と考えているようでした。


妊娠中は薬が飲めないと聞いていましたが、漢方なら安全に服用できると思います。


彼女は漢方をつづけていたようです。その効果かどうかはわかりませんが、結果的に命を授かることが出来ました。

彼女が妊活を頑張っていたことを知っていたので、良かったと思っています。



妊活を行う場合、重要視する事と言えば、食べ物の事ではないでしょうか。



日々の生活習慣を整え、妊活に励んでいる方はすぐに赤ちゃんを授かっても不思議ではありませんので、実際に妊娠したと分かるより先に、健康的なご飯で適切な栄養を摂取するようにしましょう。

中でも葉酸は、妊娠初期に最も必要になる栄養素であると同時に、最も不足しやすい栄養素です。

妊娠とは、妊娠検査薬によって発覚するより前から新しい命がオナカの中で成長をはじめています。妊娠は授かり物です。

実際に受胎した時、胎児の健やかな成長をサポートできるよう、妊活をはじめている方は、なるべく早めに胎児に十分な葉酸を与えることが出来るよう、ご飯やサプリ等に気を配ってみてちょーだい。



妊娠がわかったら何より先に葉酸を摂取するようにと言われるように、この二つは切り離せない関係の二つです。
なんとなくと言うと、妊娠初期に十分な葉酸を摂る事で、胎児の先天的な異常を発症するリスクを低減してくれると言われているからです。この話は持ちろん、妊娠中だけでなく、妊活中の女性にも同じことが言えますよね。



妊娠発覚後から葉酸を摂りはじめるよりも、妊娠しても問題の無い母体になるために、妊活中から、積極的な葉酸の摂取を心掛けてちょーだい。

妊婦にとって、十分な葉酸を摂る事で得られる効果には、いろいろなものが認められています。



その中でも赤ちゃんが先天的脳障害を発症するリスクを下げてくれる効果は大変重要なポイントですよね。


ですので、妊娠中に限らず、妊娠の計画を考えている女性は、葉酸を十分に摂ることが良いでしょうとはいえ、毎日大量の野菜を食べることは難しいですよね。



サプリを利用すれば、毎日の葉酸摂取がそこまで負担にはなりませんのでおススメですね。

一般的に、多くの葉酸を含んでいると言われる野菜は、冬が旬の小松菜、初春に店頭に並ぶ菜の花や、夏のモロヘイヤなど、青菜と呼ばれるものが該当します。
病院の検査で妊娠が分かってから、なるだけ早く、こうした食材を積極的に食べた方が良いと思います。

葉酸の摂取で、胎児の先天異常を発症させにくくすると知られています。

毎日野菜を食べるのがつらい場合には、他の食材で葉酸を摂取しても良いでしょう。納豆とかホタテにも、多くの葉酸がふくまれていますので、野菜の代わりにそれらを食べることをオススメしたいです。
あまり頑なに考えすぎず、臨機応変に葉酸を摂取するのが良いでしょう。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ユウナ
読者になる
2016年11月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/ctl5es2bybhefo/index1_0.rdf