みおで熱田

April 01 [Fri], 2016, 8:41
患者さんが入院する病棟だったら、入院患者さんの体調に配慮したり、また、雑務も看護師の腕の見せ所です。医師よりも、患者さん側の人間として患者のリカバリやメンテナンスを確認し、状況に応じて、機敏に対処するのが、看護師の大事なお仕事になります。国家資格を有した正看になるためには、専門学校や大学で看護を学び、しっかりと単位を取って卒業するのが必須です。

看護課程を卒業すること自体が受験資格なので、避けようがありませんね。

ところが、学校に入学するにも高い倍率を勝ち抜かなければいけないため、専門学校に入学するための予備校に通って勉強する人もいます。

准看護師に限らず、働きながら正看護師の資格を取ろうとする場合は、看護学校の通信課程もあるので、そちらで勉強して資格取得を目指すのがおススメです。



看護師というと病院に勤めているイメージがありますが、看護師が働く現場として保育園もあるのです。



保育園を職場にするのは、子供好きの看護師には、おススメの職場だと言えますね。ちなみに、どういった仕事かというと園児の体調管理と共に、お世話や授乳など保育士のお手伝いするという働きがいのある仕事です。新卒で勤め始めた新人看護師や、転職してきたばかりの看護師に対し、経験不足を理由に、通常支払われるはずの残業代についてちゃんと払ってもらえないことがあるようです。


ところで、雇用側が雇用者に残業代を払わないというのは、新人だということは何の言い訳にもならず労基法違反であり、犯罪です。

就業時間の内にできなかった仕事を時間外にしているだけ、などと考えず、こなした分はしっかり、働いた人に支給されるべきでしょう。看護師の仕事はその他の職業と比べて待遇がいいのも事実です。

それが理由なのかはわかりませんが、洋服に気合いが入った人が少なくありません。



しかし、時間的余裕の少ない職業でもあります。

ほとんど休めない様な病院もあって、せっかく収入があっても使うタイミングがなく貯まり続けるだけと耳にすることがあります。収入だけでなく、休日に関してもよく考えて、バランスのいい勤め先を選ぶのが最もいいと思います。日々、病院に伺うと次々と患者の方がくるので、お医者さんや看護師の方は常に忙しそうにしています。

テキパキとこなしていたり、大きい声で名前を言ったり、患者さんに説明したりなどと、この仕事は、しっかりしていなければできないとても大変な職種だと思います。
とはいえ、その代わり、やりがいがある仕事だと思いました。単純に看護師とはいっても、職場でガッツリ仕事をしたいのか、介護に関する仕事をこなしたいのか、もしくは、専門職の知識を発揮できる事務関係の労働をこなしたいのか、たくさんあるでしょう。それに、大きな病院で職につきたいのか、小さな個人病院に就労したいのか、勤務地の人数や働く時間に望みがあるのかも大切です。

どのような業種でも、業界の中でしかわからない言葉があります。任務をスムーズにこなすためなどの理由でその職にしか使えない言葉が使われています。
医療の現場で働く方でも同じように業界用語が利用されています。例を挙げると、心マは心臓マッサージ、ギネは婦人科、胸部の癌はマンマ、病院に泊り込みで治療をされる場合はアドミッションなど、数多くの業界のみの言葉を使用しているのです。看護のお仕事という看護師転職エージェントにある看護の仕事情報は、医療機関の求人の件数もとても多いのですが、そればかりではなく一般には公開されていない求人情報が多くあり、登録することで想定外の好条件の転職先を紹介してもらえる事があるかもしれません。担当コンサルタントによるきちんとした対応も特色としてあげられているようで、できる限り細かなリクエストにも対応してくれているようです。看護師の転職を上手くいかせるには、これからのことを考察して出来るだけ早く動くことが大切です。


また、何に重きをおくのかを定めておいた方がいいでしょう。



これからどうなりたいかをはっきりして、そのビションに合った次に働く先のインフォメーションを少しずつ収集してください。年収、職場環境、勤務形態など、個人的に譲れない条件もあれこれ思い馳せておきましょう。転職活動を行う時には、看護師の場合にも履歴書を書かなければなりませんが、注意すべきことがあります。


注意すべきこと、それは特に履歴書の中の志望動機をいかに書くかです。雇用条件であったり、労働環境であったりが良かったのが志望のきっかけだとは言わずに、技術や知識を学べるといった理由や「それまで身に着けたことを生かして働けそうだから」といった理由のように、やる気に満ちたような内容がいいと思います。国際化する社会においては、海外で助けが必要な人たちに、日本の医療を提供できたらという考えを持った看護師の方が増えています。
現実に、海外で日本の医療に対する需要の高まりから、看護師は常に求められているのです。



当然ですが、海外では意思疎通をはかるためにも、英語が必要不可欠なのです。

看護師として海外で働きたい場合、きちんと英語を学んでおくべきです。短期大学では、看護師と保健師、助産師の受験に必要な資格を手にするためのカリキュラムがあるのです。
大学だと看護の高度な知識を身につけられるので、専門性の高いスキルを持つ看護師を目指す方にはいいのではないでしょうか。大学というのは、専門や短大に比べて1年長いため、保健士についての勉強もします。他の職業の場合も同じだと思いますが、看護職員の方が別な仕事場を検討するとして、苦心するのが志望の理由付けです。



どうしてこの仕事場がよいのかを好ましいイメージを持たせるように伝えるのはそれほどシンプルなものではありません。高収入、休暇が多いといったそうした好待遇にフォーカスするより、看護職の能力をさらに深めたい等、前向きな理由付けの方が好まれ、受かりやすいものです。外来の看護師の業務は、病院に、訪れたことがある人なら知っているように、血圧測定や問診、注射、点滴などを行ったり、医者の指示に従い、患者に処置をします。また、手術や検査などのときの移送も看護師が行うことになっています。

患者といる時間が長いので、病の治療だけではなく精神の面でも配慮も行っていく必要があるでしょう。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:マコト
読者になる
2016年04月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/ctd60achtna3le/index1_0.rdf