消えるお皿のナゾ

June 15 [Fri], 2012, 19:00
どうも笑久々に予定もなんにもなく、可愛い娘たちと休日を満喫してます。
何もない日は本当何ヶ月ぶりって感じで放心状態なあたし。
久々にワンコについて、日記を書いて見ようと思います。
今はチップとデールのふとんでくつろぐみるくですが彼女は休日の朝から、あたしを困らせてきました朝食後にペット用の牛乳をあげようと、ワンコ達のお皿を探したのですが。
見付けても見当たらず3Pさっきまでそれで朝ごはん食べてたのに、なんでそのお皿がもうないのと、無い頭を使って謎を解こうとする迷探偵クラビット。
知ってるーと聞くも、知らん顔のみるくとここあ。
スイッチを入れると、勝手に笑いながら転がる猫山さんというオモチャに興奮して、あたしの事は無視。
ったくー、見つからなかったら牛乳あげないんだからねっとぼやきながら、お皿を見つけること数十分やっぱりどこにもないお皿。
なんであたし捨ててないよなとゴミ箱まで、漁って見つけているあたしの後ろでアハハーアーッハッハッハ猫山さんの笑い声ウインウインゴロンゴロン、バタン猫山さんの転がる音ヴぅワンッキャンキャン興奮して騒ぐバカ犬二匹そんなBGMを聞いていたら、何だかバカらしくなってきたあたし。
もーお前ら煩いわっうっとおしい皿と、猫山さんのスイッチを切って、騒ぐチビ達をシカトしてお皿探しを再開。
あまりにも見つからない事に、少しずつ疲れて来たその時テレビの後ろから、聞いたことのある金属音が。
そう、その音は犬たちが例のお皿を舐める時に、床にぶつかって響くあの金属音まさかっ迷探偵クラビット、急いでテレビの後ろを覗き込みました。
お皿、無事に発見。
犯人のみるくは、あたしのただならぬ気配を感じてか、覗き込んだ瞬間に逃亡笑猫山さんが動かなくなった事でつまらなくなったみるくは、テレビの後ろに隠しておいたお皿を舐めに行ったのだろうそう推理し終えた瞬間、ものすごい疲労感があたしを襲ってきましたなんだったんだろう、必死になってお皿を見つけてたこの時間は。
猫山さんに夢中になってなければお皿を舐め続けてたであろうみるくに、もっと早く気が付けてたのに何故、あたしはスイッチを入れた猫山さんを床に置いてしまったのだろうか泣きっとコナン君なら、こんなミスしないんだろうなぁと一人虚しく考えるあたしだった。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ct8gcvl2rl
読者になる
2012年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/ct8gcvl2rl/index1_0.rdf