カードで現金化優良店

June 24 [Tue], 2014, 5:17


商品を購入した場合、業者はその商品代金のおよそ15%から30%程度の利益を差し引いて、利用者に現金を支払ってきます。
従って、商品の購入代金がそのまま利用者に戻ってくる訳ではない事も認知して置いてください。
ちなみにこの業者利益を差し引いた、利用者が手に入れる現金の率を還元率と言いますので、この言葉は覚えておいた方が良いでしょう。
業者によって、商品の取り扱い方法は千差万別です。
その為に、振り込みまでのスピード、還元率などが変わってきますので十分に比較した上、ご利用ください。


同時にスピード化した現在では、お金の動きも流動的で、いきなりお金が必要になることがしばしば起きてきます。
そのような時に、手もとにそれだけのお金があればいいのですが、普通は手許には当座の生活費しか用意していないので、何とかして必要なお金を工面しなければならなくなります。
このような場合、以前でしたらクレジットカードのキャッシング枠ですぐにお金を借りることができましたが、法律が改正された今では、クレジットカードのキャッシング枠が一杯になっていると、それ以上のお金は用意することができません。


物事はすべてが需給バランスの上に成り立っていますから、現金化業者の数が増えれば、それだけ業者間での競争が激しくなるのは当然のことと言えます。
したがっていわゆる還元率も昔より利用者に有利になっていますし、現金化のスピードも速くなっています。


このように見てきますと、ショッピング枠現金化の即日サービスは、まさに即日そのお金が必要な場合にはメリットになりますが、そうではない場合には逆にデメリットのほうが多いとも言えそうです。
しかしすぐにお金が必要で現金化をするのですから、その意味では即日サービスを望む人が多く、また現金化業者としては、そのニーズに応えるサービスとして、即日を前面に打ち出しているのです。


クレジットカード現金化が消費者金融に比べて安心できるのは、最初から審査に落ちる可能性もなく、また審査そのものが存在しないという点です。
クレジットカードの加入時に審査を受けた人ならわかる事ですが、一度審査に通ってしまえばクレジット枠、ショッピング枠共にしっかりと返せていれば、クレジット会社からあまり深いツッコミが入らないという点、クレジットカードが便利だと実感できますよね。
実際はカードの利用は与信情報として信用調査会社に蓄積されている為、クレジットカードの利用の場合には返していけるという事がとても大事な訳ですが、それ以外の点で何を買ったかとかどのような用途でクレジットカードを使ったかなどについては、個人の利用の自由の範囲内にあります。
これは、カード会社としては介入的に規制したい所とはいえ、やはり現況消費者の自由の方が優先されるのは確実な点なのです。
クレジットカード現金化で還元された取引は明細上、ネットショッピングのようにそれ程詳しい事が記載されるわけではありません。
また、カード会社としても大きいお金が動いた後ホルダーがしっかりと返済を行っていれば、それ以上の事を干渉できません。
現金化のより安心できる秘訣としては、とても初歩的な事なのですが返済の計画をしっかりと立てて返していくように心がけましょう。


この返済方法には一括返済と分割返済、リボ払いなどがありますが、その中のどの方法にするかも現金化ではあらかじめ考えておかなければなりません。
また一括返済以外には必ず金利(分割手数料)が加算されますから、そのことも忘れてはなりません。
通常では一括返済をする人はまずいないでしょう。
多くの場合はリボ払いだと思いますが、その金利はクレジットカードのキャッシング枠での金利よりもショッピング枠の金利のほうが低く設定されています。
しかしそうは言っても金利もまとまれば無視することができませんから、クレジットカードのショッピング枠の金利については常に意識を持つようにしましょう。


フリーターの人たちの大きな特徴は、上述したとおり低収入であるというケースがほとんどという点です。
ですからかつてはキャッシングローンを利用し、金銭的なやりくりを行う人が非常に多かったのですが、このキャッシングローンは総量規制により、厳格な審査が導入されたことで、収入面の厳しいフリーターにとっては非常に利用しづらいものとなってしまいました。


どちらもキャンペーンですが、現金化をする人には1%でも還元率が高くなることは有利なことには間違いありません。
しかしそうだからと言って不要不急な現金化は避けて、利用しすぎに注意する姿勢も必要です。


そんなところに、カード現金化が即日融資を受けられる新しい方法として登場しました。
当時の現金化業者はショッピング枠を利用して購入した商品を転売して還元するという方法自体は現在と変わらないものの、店舗での営業が主で、広告を行っている媒体は主にスポーツ新聞でした。
三行広告の片隅に即日融資と謳うタイプの広告を多く出し、消費者金融の審査に受からない方が藁をもつかむ思いで店舗を訪ねるという形式です。


うまい話には裏があるという言葉もありますが、都合の良い部分のみを鵜呑みにし、悪い部分を把握しないことで、時に大きな損害をもたらすことも決して少なくはありません。
メリットと同じくデメリットも確実に把握し、ショッピング枠現金化の検討を行いましょう。


P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/ct57seq6/index1_0.rdf