花粉症の注射

October 06 [Sat], 2012, 13:29
花粉症の注射の種類には、いくつかのものがあります。

・抗炎症系(ステロイド型)

・予防系

・サプリメント系

などです。

抗炎症系の注射は、文字通り、薬の成分が含まれているものです。
予防系の注射は、花粉症の症状の発症を予防したり、また、花粉症になるのを防ぐものです。
そして、サプリメント系の注射は、ビタミンCやビタミンEといった、ビタミン剤などを注射するものです。

予防系のものは、サプリメント系とほぼ同じものが多いようです。
一般的に、ビタミン系のものは、抗炎症系のものよりも安全とされています。

なぜなら、花粉症の注射というのは、多かれ少なかれ“薬”ですので、副作用があります。

例としてふさわしいかは分かりませんが、トイレの便器のところに置く“ブルーレット置くだけ”の様に、体の中に、“徐々に溶けていく薬”みたいなものを打ち込むものもあります。

この注射を打つと、その注射、つまりは薬の成分が、シーズン中ずっと血液中に流れることになります。

これは、本来の体の免疫のバランスを崩す可能性も否定できません。

ホルモン剤を人為的に体に打ち込む行為そのものです。

公的機関から許認可を受けているものや認可を受けていないものまで、さまざまな注射や薬が出回っていますので、とても器具されるところです。


花粉症対策
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:いちか9wp1
読者になる
2012年10月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/csxrn76z/index1_0.rdf