ハロウィン 

October 30 [Sun], 2005, 10:02
今日はハロウィンだと言うのに
我が家はとくにイベントなしの寂しい日曜日だわ
昨日の夜、インド人の優秀夫くんに影響を受けて
「今日は勉強だ〜」って張り切る夫に
連れられていつものスタバへ
仕方なくわたしも英語の勉強をしたりしてお付き合い
帰りはそろそろ紅葉してるかなと思って
セントラルパークを通って帰ることに。
全体的にはまだまだだったけど
一部とってもきれいに紅葉してる木があって
みんなそこで記念撮影してた
わたしたちも撮影してみたけど
ブログに写真をのせる方法がいまだに分からない。。。
しかも今週は何回もブログを更新すべく何回も
書いたのに載せる段階になってなぜか画面が消えるという
トラブル続き
いまいち使いこなせないんだよねえ

ベジ中華? 

October 29 [Sat], 2005, 9:43
学校のお友達でインド人のTinaとその旦那さん、
私たち夫婦4人で中華ディナーに行った。
彼女たちはもともとはベジタリアン、
でもそれではアメリカでは生きていけないと
卵とチキンは食べれるようになったらしい。
中華を選んだのはTina夫婦なんだけど、
中華でビーフ&ポーク抜きはかなりキビシ〜
でも、さすがアメリカ、
ちゃんとベジ・ビーフ・ポーク・チキンと
おなじメニューでも選べるようになってる
ただ、中華といえば
小龍包・酢豚・えびチリ・回鍋ロー(?)etc
の私たちにはなんだか物足りない感じ。。。
(彼らはシーフードも食べない
インド料理にしとけばよかったわ。。。
食事はともかくお話ははずんで
お互いの夫を紹介しあうことが出来て
楽しいご飯でした
ただ、Tinaのご主人のインド人英語は私には超難解だった(笑)

お返しに 

October 25 [Tue], 2005, 9:14
クラスメイトのルーマニア人パヴェリーナが
しょっちゅうみんなに手作りお菓子を持ってきてくれる
彼女は結婚していてお料理やお菓子作りが得意らしい。
いつももらってばかりで、
しかも残ったお菓子をいつももらって帰るので
お返しに和菓子を持って行った。
とても手作りは無理なので
ミッドタウンに出店している鎌倉の『源 吉兆庵』で
『あんころ餅』を買った。
あんこがゆず風味なので
食べてもらえるか少し心配だったけど、
どうやら気に入ってもらえたみたい
私は豆類が苦手だけど、パヴェリーナは豆類大好きだそう。
こっちのスーパーには
実にたくさんの種類の乾燥豆類が置いてある。
欧米人や南米人など(その他の国も)
外国人はよく豆を食べるみたい。
今日は白豆のペースト(パンに塗って食べる)
のレシピを教えてもらった。
私もパヴェリーナを見習ってお料理上手になりた〜い


ユニオンスクエア周辺散策 

October 24 [Mon], 2005, 8:41
NYに来て最初の頃は英語の生活に慣れなくて、
家にこもりっきりだったけど、
ここのところ積極的に外に出るようにしてる。
というのも、1年間はすぐに過ぎてしまうから、
せっかくのNY生活を楽しもうと思えるようになったから。
最近のお気に入りはユニオンスクエア周辺の散策。
ユニオンスクエアは
グリーンマーケットが開かれることで有名だけど
周辺にもステキなお店がいっぱいある。
大好きなのは『ABCカーペット&ホームズ』
(19st&Broadway)
ここは雑貨好きには夢のようなショップ
いろんな国から集められた雑貨からリネン類から
家具からインテリアに関するいろんなものが置いてある。
しかも、すっごい私好みのセンス
私はいろんなテイストが雑多に混ざったインテリアが好きなので
ここはまさに天国
ただ、難点は値段設定が高めなこと。
『Creat&Barrel』のようには気軽に買えない。。。
カフェでは『71IrvingPlace』がオススメ。
ここのコーヒーはNY一だとか。
住宅街のアパートメントの半地下を利用した
カフェでクラシックな落ち着いたインテリア。
それでいて値段はスタバ並
優秀です

写真を載せたいんだけど、
どうもサイズを調節する必要があるみたいで
やり方がわかり次第、過去分もさかのぼって
載せま〜す

ゴスペルを聴く 

October 23 [Sun], 2005, 4:12
夫の家庭教師の先生に誘われて、
125stハーレムの教会の日曜ミサに参加してみた。
教会建築を見るのは好きだけど、
ミサに参加したのは生まれて初めての経験。
キリスト教信者ではないし、祈りの場であるミサは
普通は観光気分で参加できるものではないから。
ハーレムの教会だけあってすばらしいゴスペルを聴くことができた。
神父さま(?)のお話にはジョークがたくさん盛り込んであったようで、
(わたしは理解できなかったけど。。。
みんなよく爆笑してるし、みんなで立ち上がって大合唱もするし、
とても楽しいミサだった。
途中、全員で手をつないでお祈りしたり、
「Peace with you!」と声を掛け合いながら、
隣近所の人と握手をしあったりもした。
ミサって私にとっては近寄りにくいものだったけど、
とっても以外。
ただ、宗派や教会によってミサの雰囲気は様々らしく、
先生いわく、今日の教会は特にフレンドリーらしい。
ゴスペルには興味はあったものの、
ショー形式のものを見に行くのはなんか抵抗があったし、
本来の形で生のゴスペルを聴くことが出来て
貴重な体験だった。

教会に行く前にコロンビア大学の目の前の
先生のアパートにおじゃました。
戦前の古い建築でなんでも古いもの好きの私にはため息もの。
天井は高いし、廊下は大理石だし、壁の装飾は豪華だし、
羨ましいことこの上なし
でも、水周りはよくないらいしい。
NYでは戦前のビルは人気があると聞いたことがある。
いくら不便があろうと、一度は住んでみたい憧れだわ


『Le Pain Quotidien』 

October 21 [Fri], 2005, 10:47
昨日のカフェつながりで、
一人でゆっくりお茶ができるカフェをもう一つ。
『Le Pain Quotidien』はアメリカというよりも
フランスにありそうなこ洒落たカフェ。
マンハッタンに数店舗あるらしいが、
私が行ったことがあるのはそのうちの3つ。
カウンターがマーブル模様の大理石だったり、
大きな白木のダイニングテーブルが
店の真ん中においてあったりしてなかなかステキ。
コーヒーを頼むとポットとカフェオレボウルで出てくるところも
アメリカっぽくない。
(別にフランスかぶれではないけど、
いかにもアメリカ〜ンなのよりは好き)
店員さんも比較的感じがいい。(これ、カフェでは必須条件よね。)
この前大きなテーブルに座ったら、
斜め前の若い女の子がせっせとスクラップブックを作ってて、
あんまりステキなスクラップブックだったので、
こっそり横目で見入ってしまった。
ステキなカフェにはステキなお客さんが集まるのねえ。。
なんていい気分になれる。
もちろん、すてきなカフェはパンもスープもサラダもおいしい。
Hちゃん、NYでカフェ食い倒れしようよ〜
http://www.painquotidien.com/

古本カフェ 

October 20 [Thu], 2005, 11:11
SOHOにある『Housing Works Book Cafe 』に行ってきた。
http://www.housingworks.org/usedbookcafe/index.html
ボランティア団体が運営する古本カフェだけど、
古い図書館みたいな味のあるインテリアですごく気に入った。
店員さんもみんなボランティアらしく、感じがいい。
コーヒーを飲みながら商品の古本を読んでもいいし、
自分の勉強をしてもいい。
私は家だと気が散って勉強に集中できないので、
家の近くのスタバで宿題をすることにしている。
でも、最近飽きてきて、「いいところがないかなあ」と
探してたところ。
英語の本はまだまだ私には難しいけど、
ステキな詩集を見つけた。
その名も『Oxford Book of Poetry For Children』
まだ子供はいないけど、子供グッズは見ると欲しくなる。
紫の装丁に表紙の裏が黄緑のオシャレな見た目
しかも、セールでたったの$1
古いもの好きの私にはたまりません、このカフェ

『Airline』 

October 19 [Wed], 2005, 22:43
チャンネル57のA&Eテレビで『Airline』という番組を見た。
ある航空会社とその搭乗客とのやりとりを取材した
ドキュメンタリー番組だ。
酔っ払いのおじさん(私にはちょっと気分が良くなって喋りまくっているだけに見えたけど)を
断固搭乗拒否したり、
飛行機に乗れなくて困っているお客さんに
「私の出来ることはない」と強気の対応だったり、
日本との違いに驚く。
日本でも泥酔客は搭乗拒否していいことになっているが、
実際はお客様のクレームが怖くてなかなかできないし、
いくらお客様の不手際でも「私が出来ることはない」なんて
きっぱり言うことはない。
アメリカではある程度働いている人の
個人の判断に任されているみたい。
(だから、逆に人によって対応が違って困ることもあるのだけど)
外国の航空会社を利用して、そのいい加減な対応に怒りを覚えることも多いが
よく言えばその「柔軟な」対応が良いこともある。
結婚30周年記念の旅行に出かけるご夫婦のご主人が
奥さんに内緒で「サプライズ計画」を航空会社に頼んだ。
キャプテンから「おめでとう!これからもお幸せに!」
とのアナウンスがあったり、
機内のトイレにこっそり隠れていた親戚が花束をもって現れたり、
到着地ゲートで30本のバラが用意されて、
さらにそこにいた人たちから祝ってもらったり。
喜ぶ奥さんをみてご主人もほんとに嬉しそうで
ステキなサプライズだった。

なんだなんだ!? 

October 18 [Tue], 2005, 10:28
おとついの日曜日、49st&8avの交差点が封鎖されてた。
(よく、アメリカの刑事ドラマや映画で事件現場に張られてるあの黄色いテープで。
なんて書いてあるんだっけ?よく見るのに思い出せない。)
緊急車両や警察官もたくさん集まって、ものものしい雰囲気。
観光客であふれるマンハッタンのど真ん中で一体何
警察官に尋ねても「エマージェンシーだよ。」と一言。。。
それなら聞かなくても分かるし、だから何のエマージェンシーなの?
周りの野次馬たちの会話を盗み聞きしてみると、
「ほら、あそこのビルの窓ガラスが割れてるだろう?
あれが落ちてきたんだよ。」

はっ?

それだけですか?
それでこの厳戒態勢だとしたら、やりすぎなんじゃないでしょうか?
あくまで野次馬の話なので真相は分からないけど、
みんなも「さっ、行こ、行こ。」みたいな感じであっさり引き下がってたところをみると「窓ガラス説」は本当か?
先週も、うそのテロ証言に厳戒態勢だったNY。
やりすぎくらいの警戒が丁度いいかも。
だってもともといい加減なこの国の人たち、
警戒レベルをあげても抜け道だらけの気がして心配だわ

語学学校 

October 17 [Mon], 2005, 3:56
私の場合、全く予想もしてなかったのに、夫のおかげで語学留学が実現してしまった。
学生時代から漠然と留学したいなと思いつつ、行動をおこしてなかったありがちな私。。。
たなぼたでいざ留学できると決まったからにはがんばらなくちゃと、頻繁に休むクラスメートたちを尻目に毎日休まず通う覚悟だったのに。

今日、初めて休んでしまった

朝から体調が優れず、薬を飲んでも効き目なし。
友達のHちゃんから教わった柔軟体操を試したけど、効果なし。
結局休んでしまった。
なんか、罪悪感いっぱいなんだけどーーーー
しかも、夕方の今頃になってだいぶ回復してきた。
今日は休んだ分、家で苦手なディクテーションでもして償おうっと
2005年10月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
アイコン画像ピラ
» ゴスペルを聴く (2005年10月24日)
アイコン画像chiechie
» 『Le Pain Quotidien』 (2005年10月23日)
アイコン画像ピラ
» 『Le Pain Quotidien』 (2005年10月23日)
アイコン画像chiechie
» 『Le Pain Quotidien』 (2005年10月22日)
アイコン画像こーせーママ
» 『Le Pain Quotidien』 (2005年10月22日)
アイコン画像chiechie
» 古本カフェ (2005年10月21日)
アイコン画像ピラ
» 古本カフェ (2005年10月21日)
アイコン画像chiechie
» 語学学校 (2005年10月20日)
アイコン画像Hちゃん
» 語学学校 (2005年10月19日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:csparametorix
読者になる
Yapme!一覧
読者になる