赤ちゃんがほしいと妊活に励む人は思い切ってお

November 25 [Fri], 2016, 7:55

赤ちゃんがほしいと妊活に励む人は、思い切ってお守りの力を借りてはどうですか。



一例を挙げると鎌倉にある長谷寺は子宝と縁のあるお寺で、そこにおいてあるお守りは、大変な妊活の緊張を和らげて落ち着かせてくれます。その他、妊活用のお守りには、パワーストーンなども存在するので、いくつかのお守りを持ってみるというのもいいかもしれないですよ。


二人目が欲しかったのですが、ナカナカ授からないので産婦人科に行きました。



本当は夫婦一緒に不妊検査と治療をと願っていたのですが、くどく言うと怒られそうな気がしたので、まず私の方でできるタイミング療法から試すことにしました。





1回3500円?4000円という値頃感で続けましたが、それでも妊娠に至らず、ちょっと出費でしたが葉酸サプリを導入。それが功を奏したのか、全部飲み切らないうちに、赤ちゃんを授かることができて、これ以上待たなくて良いのだと思ったら気が楽になりました。赤ちゃんが出来る確率を上げるための対策である妊活は、妊娠の仕組みについてよく理解したうえでまた出来うるだけのコントロールを行っていくものであるということもできます。そしてまた、何をおいても大事だと言えるのは、ま指しく、栄養だということは容易に理解できるはずです。


ですが、全栄養素をピッタリの量で完璧に摂取するということは難しいことだというのが事実です。


その様な時にはサプリメントがおすすめです。


最近は妊娠を目的とした、いわゆる妊活サプリと呼ばれるものも出ました。熱によって失われやすい葉酸は、食事から葉酸を摂取しようとする場合、食材の調理方法にポイント(効率のよさを追求するなら、知っておくべきでしょう)があります。具体的には、なるべく火を使わずそのまま食べられる方がよいのですが、食材の種類によって加熱が必要な食材やメニューの場合、ぐつぐつと煮込むような、長時間の加熱調理が必要なメニューは避け、サッと熱を通すくらいの調理にすれば、葉酸も摂れるかと思います。


こうした調理がめんどくさい、または自由に食事したい、と考えるならば、サプリを活用すれば一番簡単だと言えますね。




必要な葉酸の量は、妊娠中の女性ですと妊娠する前に比べて増えます。



倍近い480μgの摂取が不足にも過剰にもならない量です。


ただし、葉酸が大事な栄養素だといっても、摂りすぎの害も知られています。



葉酸の過剰摂取が引き起こす問題として熱が出たり、全身がかゆくなったりという症状を生じる危険性もあるためサプリメントや錠剤の服用も、過剰摂取にならないよう注意すべきです。一般的に不妊治療は費用もかさみますし、精神的に参ってしまう人も少なくありません。



居住地の公的な助成金制度も活用できますが、40歳の年齢を境目に給付回数に制限がつく場合がほとんどです。





40歳以上でママになっている人もいるのだし、給付回数は減らすべきでないと思うんです。


私はもうじき40歳ですし、体力と時間とお金のことばかり考えて、疲れきっています。




葉酸には妊婦にとって多くの効果が期待できますが、妊娠が発覚してからご自身の体や赤ちゃんのために、葉酸を摂るようになった妊婦さんも多いのではないでしょうか。



では、赤ちゃんを無事に出産した場合には葉酸の摂取を止めても問題ないのでしょうか。



胎児の成長のために葉酸を摂取されている、という場合は、出産するまでの間だけ、摂取を心がけるという事でも構いません。とはいえ、葉酸は妊娠中の母子にだけ必要な栄養素かというと、決してそうではありません。





葉酸は身体のバランスを整えてくれるなどの効果が期待されていますから、赤ちゃんを産んだ後も、葉酸を摂取し続けることが健康のお手伝いとなってくれますから、ぜひ出産後も葉酸の摂取を続けましょう。





子供は結婚後出来るだけ早く欲しかったので、どの本や雑誌を読んでも葉酸を妊娠前から出産まで摂取すると赤ちゃんの順調な発育を助けるとあちこちに書かれていたので、妊娠したときあわてないように、毎日サプリメントを飲みました。





妊娠できた後、いつまで続けたら良いのかと思って調べてみると、一度に摂りすぎると悪影響もあるそうですが、そこに気をつければ授乳が終わるまで飲み続けるのが理想だとされていたので、出産まで葉酸を摂ることに決めました。今までと違って便秘しやすい、という妊婦さんは意外に多く見られます。



大腸がしっかり動くようにし、便秘を解消するためにも腸の中の細菌バランスが整っていないとあらゆる栄養素が腸から吸収されなくなります。





腸内細菌のはたらきで、葉酸をはじめとした栄養素が体内に吸収されるので、栄養をきちんと摂ることと並行して、腸内環境の整備も意識することがもとめられます。


P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/cslelckhoalwab/index1_0.rdf