西口と村野

December 18 [Mon], 2017, 10:36
蟹通販にもデメリットがあります。それは何かというと、手元に届くまで商品を見ることができないということがまずあるでしょう。実際に店に行く場合は、じかに蟹の品質を確かめることができますし、店頭で味見ができる場合もよくあります。
また、お店によって塩加減なども千差万別なので、好みに合う味付けの店を探せばより美味しい蟹を楽しめます。



蟹通販なら簡単に利用できて安いというのはありますが、実店舗にしかないメリットもあるのです。

間違った方法で選んでしまうと本当は美味しいはずの蟹を楽しめなくなってしまいます。蟹を美味しく食べるには、正しい選び方を知っておく必要があります。タラバガニを選ぶ際に重要なのは、重さを見ることが不可欠で一番に調べるべきことです。加えて、汚れていない甲羅を選ばずに、硬さが硬く、汚れているものを選びましょう。ウチの旦那は昔から蟹が大好きで、シーズンのたびに通販で蟹を注文しては、家族を差し置いて一人でたいらげてしまうくらいです。


私もよく唇を尖らせるのですが、たまには家族で美味しい蟹に舌鼓を打ちたいものです。

そこで有り難いのがポーションタイプの商品です。

ポーションタイプとは、殻を取り除いた蟹の足の詰め合わせであり、鍋物系の料理、たとえば蟹鍋や蟹しゃぶなどにも、さばいたり殻を剥いたりの手間がかからないので便利です。殻があると子供に食べさせるのは大変ですが、ポーションタイプなら簡単に楽しめます。大人も子供もハッピーですね。かに好きな私は、機会さえあれば1年中いつでも食べたいのですが、強いて言えばベストな季節は旬でもある寒い季節ですよね。


ここ数年、我が家のブームは年越しがにと迎春がになので、12月になると産直通販で購入し、色々な食べ方でかにを楽しみます。


これだけ毎年買っているのにお店の数が多すぎてなかなかこれといったお店にたどり着けません。

毎年美味しいことは美味しいのですが。もしかしたら当たりはずれもあるかもしれないしと、悩みの種になります。

かにといえば、鮮度が命の生鮮食品ですし、美味しくなかったとしても次と簡単に考えられるお値段でもありませんので、払っただけのことがあったと満足できるものであって欲しいです。そのためにはそのお店で買ったことのある人がどう評価しているかを知ることは大切なので、口コミの評価が高ければ高いほど、良い買い物が出来るというわけです。皆さん、どんなことに気をつけてかにを茹でていますか。

ゆで汁に塩を入れるのが第一のコツです。



海水より濃くないくらいで、ちょっと塩気を感じるとわかれば大丈夫です。かには丸ごと茹でる必要はなく、思い切って、甲羅と脚はお別れさせ全てお湯に浸るように注意しましょう。
食べるときに汚れが気にならないよう、茹でる前に洗っておくと鍋の後始末も楽です。


蟹通販は便利だとよく言われますが、その利点の最たるものといえば、なんといっても、北海道などの名産地から直送の蟹をいつでも購入できるということです。その点、何人もの人の手を渡って店頭に並ぶ蟹の場合、産地直送のアドバンテージと比較するとどうしても鮮度の面では劣ってしまいます。意外かもしれませんが、新鮮な蟹を買いたいなら、店頭で購入するよりも、蟹通販を利用するのが最適の手段なのです。蟹味噌が濃くてよく食されている毛蟹ですが他の蟹と比べた場合、サイズ的には小ぶりであるため、もし間違った選び方をすると、身が詰まっていないものを選んでしまうことがあり美味しくないです。ならば、美味い毛蟹の見分け方はどういう方法なのでしょう。
店先で購入する場合は、より重いものを身の詰まった美味しいものとして選べばいいのですが、直接商品に触れられない通販の場合には、販売会社の定めた品質の基準であったり、業績であったりをきちんと調べたうえで購入に至ることが大事なこととして挙げられます。美味い蟹を食したい、そんな時どうしたらいいかというと、店や通販で売っているものを買う以外にも、温泉に行き、現地で食べるという奥の手があります。数ある温泉地の中でも、蟹が美味しくて有名なところがあります。近辺に蟹の産地がある温泉地の場合、蟹と温泉両方が楽しめるシーズンもあるでしょう。


ただ注意すべきことは、どんな時期に行っても温泉は堪能できるのですが、蟹は必ずしもいつでも食べられるとは限らないので、きちんといい時期を狙って行きましょう。安く蟹を食べたければ、日帰りカニ食べ放題ツアーが最もいいと思います。どういう理由でそう言えるかというと、この方法を使って蟹を食べた場合、普段通り蟹を買い、そして自宅で食べる、というような方法をとった時よりもお得に蟹を食べられることが確実だと言えるからです。なおかつ、このようなツアーは美味しいカニが楽しめる場所で企画されていることが殆どなので、安価であることだったり、量の多さであったりだけではなく、質がいいことも感じられると思います。何はともあれ、味がおすすめのかにはどのかにかという話題になりますが、勧めるのはズワイガニで、決して変わりません。

実は、その産地の名がついているかには、ほとんどズワイガニです。
地域ブランドのかになので、松葉ガニだの、越前ガニだの地域の名がつくようなズワイガニは、ブランドに恥じないおいしさです。ブランドの分だけ高価なのは事実ですが、そうしたブランドのかには味噌もおいしいのです。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:遥斗
読者になる
2017年12月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる