西村朝香と豊岡

April 01 [Fri], 2016, 10:10
看護職の人が職場を移る際も、面接試験が大切なポイントです。面接担当官に悪印象だと、看護職員を望む職場が多い現状でも残念ながら採用を見送られることもあるのです。

雇用の条件に恵まれているところはライバルがその分多数いると考えて、後で悔いが残らないよう当日まで最善を尽くして面接官の前に立ちましょう。場にふさわしい端正な装いで、明朗快活に返答するように心がけましょう。



看護師の勤務体制は、他の職種に比べると特殊であり、就職先によっても変わります。仕事場においては一般的に、2交代、もしくは、3交代のシフト制になっていることが多いです。
2交代制ですと約3割ですが、3交代制ですと約7割となっていて、3交代制を導入している病院が多いのです。
しかし、2交代制の方が休日が多いため、2交代制がいいと思う看護師も少なくありません。

高齢化が進み、福祉施設でも看護師のニーズは増加傾向にあるのです。それに、大手の会社になると医務室等にも看護師がいて、健康診断や健康相談、そして、ストレスなどのメンタルケアをとり行っています。こういったケースは、この会社の正社員として入社することもあることでしょう。

看護職員の方が新しい勤務先をリサーチするには、第一に待遇で何を重視したいのかをはっきりさせておきましょう。

夜間に働くのは避けたい、休みの日が減るのは困る、人が亡くなるのは仕事であっても見たくないなど、個々の状況によって優先したいことも違ってきます。



今の日本ではナースの手が足りない職場はたくさんありますので、合わないと思われる仕事場で我慢して勤める必要はないのです。



看護職員の方が仕事場を変える手段としては、昔とは違って、ウェブを介す方法が多数派になってきました。ネットの看護専門職向けのキャリアサポートサービスを活用すると、出費もありませんし、見たい時に、見たい場所で最新オファーを確かめられるでしょう。

転職活動が実を結ぶようにするには、多くの情報を比較することがポイントになりますから、ジョブチェンジが頭をよぎったらとりあえずサインアップしてみましょう。修学旅行やツアーなどに共に行き、怪我や病気の応急処置、何かあったときの病院の手配をする看護師もいます。子供のいる既婚者は土日が休みになっていたり、夜勤をしなくてもいい職場を求めています。

病院以外を職場とするのであれば、そこで求められる専門の知識を備えている認定看護師や専門看護師の資格を持っていると、雇用される確率があがります。
いつ看護スタッフが別の仕事先に動けばよいのかですが、多くの人が夏季・冬季手当が入ってから離職するので、夏だと6月、冬だと1月が比較的スムーズです。

実際に看護スタッフを補充したいところはいくらでもありますが、より良い雇用環境に就くためにも、ジョブチェンジには3ヶ月くらい時間をかけて、腰を据えてリサーチした方がリスクは少ないです。


急ぎ仕事を変えたいという事情がないようでしたら、転職情報が多くなる時まで経過を見守るのが望ましいです。看護師となるための国家試験は、年に1度あります。
看護師の人数の不足が問題となっているわが国にとっては良いことに、直近数年において看護師資格の合格率は90%前後と非常に高いレベルを保っています。看護師資格取得のための国家試験は、大学入学のような落とすための試験ではなく、一定の水準以上であれば合格可能な国家試験です。

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:蒼介
読者になる
2016年04月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる