川又のScott

December 12 [Mon], 2016, 3:40
高校に進むときに衛生看護科に入学すると、国家試験の受験資格を得るのが他の方法よりも早いので、最も早く看護師として、働けるようになるでしょう。ですが、途中で看護師になりたいという気持ちがなくなっても変更するのは簡単ではありません。また、最低5年で試験を受けられますが、短い準備期間のために勉強や実習に充てる絶対量が足りずに試験に合格するのが簡単ではないという面もあるそうです。産業看護師は働く人の健康のために保健指導をしたり、うつ病防止のためのメンタルケアもします。産業看護師の募集は、一般公開されていないので、職業紹介所で見つけるのは難しいでしょう。興味がある人は看護師専用の転職サイトをチェックしてみてください。転職サイトでは産業看護師の募集も頻繁に載っているでしょう。看護師の勤め先といえば、病院と考えるのが一般の考えでしょう。でも、看護師の資格を持った方が役立てる職場は、病院以外にも様々あります。保健所で、保健師の方と協力して、地域住民の健康上の様々な手助けをするのも看護師の務めです。それと、福祉施設には医師常駐のところは少なく、医療行為は看護師が行うことが多いです。看護師の夜勤は、16時間などの長い時間の勤務となっていて、勤務中でも仮眠をとれることになっています。月に8回までと国の指針によって決められていますが、それを超えることが多いのが現状です。勤め先の勤務形態によっては、とても不規則な生活を送るようになったり、過労になりやすいのも、離職する看護師が多い理由のひとつと考えられます。看護師免許を取るには、何通りかの道があるのです。看護師免許を取得するには、国家試験を受験することが必要ですが、いきなりは受験できません。受験資格を手にするために看護専門学校と看護系短大(いずれも3年間)、看護系大学のうち、どれかの学校で、看護を学ぶことが必要です。看護師の勤務状態は、異業種と比較して特殊であり、就職先によっても変わってきます。体制は一般的に、2交代、もしくは、3交代のシフト制になっているというケースが多いでしょう。約3割が2交代制、約7割が3交代制なので、3交代制を導入している病院が多いのです。しかし、2交代制の方が休日が多いため、2交代制の方を求める看護師も多いでしょう。看護師が転職をするには、将来の自分のことを想像して早めに行動を起こすことが大切です。また、どんな点を重視するのかを決めておくことをお勧めします。将来の自分の姿をはっきりと思い描いて、その希望に合った転職先の情報を集めるようにしましょう。年収はもちろん、職場環境、勤務形態など、自分にとって大事な条件も挙げておきましょう。看護士を目指す理由は本当に何をきっかけにして看護師を目指すことになったのかを交えれば良い印象になります。転職の場合の志望動機は今までに培ったスキルを活かしたいさらに人の役に立つスキルを習得したいなど、いい印象を与えられるものにしましょう。前の職場の批判や陰口は口にしないことが大事です。産業看護師とは一般企業に勤務する看護師をいいます。看護師と聞くと病院やクリニックをイメージする人が多いですが、医務室などを設けている会社もあり、そういう場所に勤務している人もいます。仕事の内容や役目は勤務する会社によって色々ですが、社員の健康を守り、そして、管理するというのは基本的な仕事でしょう。看護師の国家試験は、年に1度催されます。看護師不足が深刻になっているわが国のためには喜ばしいことに、直近数年において看護師資格の合格率は90%前後とかなり高い水準を保ち続けています。看護師の国家試験は、大学の入学試験のような落とすための試験ではなく、一定の水準をパスできれば合格可能な試験です。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:トモヤ
読者になる
2016年12月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる