3月の新車販売台数 プリウスが過去最高の販売台数で11カ月連続トップ / 2010年04月07日(水)
 日本自動車販売協会連合会は4月6日、3月の新車乗用車販売台数ランキング(輸入車および軽自動車を除く)を発表した。

【表:3月の新車乗用車販売台数ランキング】 【拡大画像】

 トップはトヨタ自動車の「プリウス」で販売台数は前年同月比492.7%増の3万5546台と過去最高で、2009年5月18日の新型発売以来11カ月連続のトップとなった。軽自動車を含めたランキングでも、軽自動車1位のスズキ「ワゴンR」(2万7518台)を大きく上回っている。

 また、2位の本田技研工業の「フィット」も前年同月比44.3%増の2万3076台と大幅に伸びたほか、日産自動車の「ノート」も同46.5%増の1万792台の6位と好調だ。

 3月の新車販売台数は、前年同月比37.2%増の44万3298台。リーマンショック前の一昨年同月の水準(47万1755台)は下回っているが、前年同月比では8カ月連続でプラスとなった。メーカー別に見ると、トヨタ自動車が前年同月比53.4%増と大きく伸ばしているほか、マツダが同42.8%増、本田技研工業が同33.5%増、富士重工業が30.2%増となっている。

【4月6日13時43分配信 Business Media 誠
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100406-00000030-zdn_mkt-bus_all
 
   
Posted at 01:24/ この記事のURL
アップル、プロジェクター搭載MacBook Proの特許を取得 / 2010年04月06日(火)
エイプリルフールじゃありませんよ。

アップルがiPadを含む全商品にプロジェクターを内蔵する、なんて噂が飛び交ったばかりですが、今度はMacBook Proに小型のプロジェクターを内蔵する特許が発見されちゃいましたよ。

この図表を見ると、ノートを開いて作業をしながらプロジェクターで投影することができるようになっていて、なかなか使い勝手は良さそうですね。でもここまで小さいプロジェクターですから、実用に耐えうるものなんでしょうか? どう思います?

近々、MacBook Proのアップデートもあるそうですから、もしかして本当にプロジェクタ内蔵MacBook Proが出たりするのかも!?


参照サイト: http://appft.uspto.gov/netacgi/nph-Parser?Sect1=PTO1&Sect2=HITOFF&d=PG01&p=1&u=%2Fnetahtml%2FPTO%2Fsrchnum.html&r=1&f=G&l=50&s1=%2220100079653%22.PGNR.&OS=DN/20100079653&RS=DN/20100079653 [Patent Filing]

Jack Loftus(遠藤充)

【4月6日13時35分配信 ギズモード・ジャパン
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100406-00000307-giz-ent
 
   
Posted at 23:53/ この記事のURL
映画初出演!の『第9地区』主演俳優が語る“黒い液”の味 / 2010年04月06日(火)
『ロード・オブ・ザ・リング』シリーズのピーター・ジャクソン監督がプロデュースしたとはいえ、監督もキャストもノーネームの制作費3000万ドル(27億円)の超低予算映画なのに、全米で初登場No.1の大ヒットを記録し、その後興収1億ドルを突破! しかも、第82回アカデミー賞では作品賞ほか4部門にノミネートされたウワサのSFアクション映画『第9地区』(4月10日公開)。本作の主演俳優・シャルト・コプリーを直撃!

【写真】突如、南アフリカ共和国のヨハネスブルグに巨大な宇宙船が出現!

シャルト・コプリーが演じたのは、南アフリカ共和国のヨハネスブルグに難民として居ついたエビ型のエイリアン(通称“エビ”)たちに強制立ち退きを迫る主人公ヴィカス役。だが、コプリーの本職は映画やテレビ、CMなどのプロデューサーで映画出演は今回が初めてというからビックリ!

「今回はセリフも演技もほぼ即興だったんだけど、スポーツのうまい人がいるように、僕もそういったことに順応できる才能を神さまから授かったと自負していて。だからヴィカスのキャラクターに関しては、映画製作の仕事をしてきた僕の人生経験をそのまま当てはめればいいと思って演じたんだよ」。

とはいえ、後半の追い詰められた演技は芝居の枠を超えている。高圧的なヴィカスが中盤で謎のウイルスに感染し、自らも人類に駆逐される側に転じてしまうところが本作のポイントだが、コプリーのその迫真の演技が彼の恐怖をまるで現実のことのようにリアルに伝え、観る者を圧倒するのだ。

「それは友人でもある監督のニール(・ブロムカンプ)がリアルを追求した結果で、僕らが生まれ育ったヨハネスブルグで撮影したことも大きく影響していると思う。“エビ”の父と息子の家ももともとそこにあった小屋を使ったんだけど、とにかく現場の環境が苛酷でね。空気が汚染されているからにおいがスゴくて、撮影から帰って鼻をかむと黒いモノが出てくる本当に笑えない状況だったんだよ」。

劇中でも黒い液を口や鼻から出したり、キャットフードを食べる悲惨なシーンが連続するが……。「口から出す液は甘くて意外においしかったんだけど(笑)、鼻血のように液を出すシーンは鼻にカプセルを入れなきゃいけなくて、あれは苦しかったな。あと、撮影で食べたのは実はキャットフードじゃないんだけど、プロモーションで行ったテキサスのラジオ局で『食べてみろ!』って挑戦的に突きつけられたので思わず食べてしまったら、撮影で食べたものよりマズくて最悪だったよ(笑)」。

ところで、コプリー自身はもしヴィカスと同じような立場に追い込まれたら、どうするだろう? 「ほとんど同じ感情の動きを経験すると思うし、体の一部が彼のように変わってしまったら、必死に元に戻そうとするんじゃないかな。エイリアンと仲良くなる可能性もあるだろうけど、それでも問題は起こるだろうね。少なくとも飼い犬は見せられない。食べられちゃうかしれないからね(笑)」。【取材・文/イソガイマサト】

【作品情報】
第9地区

【4月6日13時59分配信 Movie Walker
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100406-00000014-mvwalk-movi
 
   
Posted at 22:42/ この記事のURL
世界ランキング、有村、古閑がランクアップ!藍は5位に後退 / 2010年04月06日(火)
<女子世界ランキング>

 最新の女子世界ランキングが5日に発表され、米国女子メジャー初戦「クラフト・ナビスコ選手権」で2度目のメジャー制覇を達成したヤニ・ツェン(台湾)が2位に浮上、同大会予選落ちの宮里藍は5位に後退した。その他の日本勢は有村智恵が18位に浮上、横峯さくらは15位、「ヤマハレディースオープン葛城」を制した古閑美保は37位にランクアップした。

【関連ニュース】 有村、初出場で大健闘9位フィニッシュ!乱調さくらと明暗

【女子世界ランキング】
1位:ロレーナ・オチョア (9.34pt)
2位:ヤニ・ツェン (8.81pt)
3位:申ジエ (8.63pt)
4位:スーザン・ペターセン (8.46pt)
5位:宮里藍 (8.12pt)
6位:クリスティ・カー (7.54pt)
7位:アンナ・ノルドクビスト (7.10pt)
8位:カリー・ウェブ (6.57pt)
9位:ミシェル・ウィー (6.22pt)
10位:アンジェラ・スタンフォード (5.76pt)

【10位以下の日本人選手】
15位:横峯さくら (4.55pt)
18位:有村智恵 (3.83pt)
19位:諸見里しのぶ (3.80pt)
26位:上田桃子 (3.35pt)
37位:古閑美保 (2.75pt)
40位:不動裕理 (2.67pt)
41位:三塚優子 (2.66pt)

(撮影:岩本芳弘)<ゴルフ情報ALBA.Net>

【関連ニュース】
Y・ツェンが2つ目のメジャータイトル!ペターセンとの激闘制す
最終18番で勝負を決めた!古閑美保、今季初V
ヤニ・ツェンが藍をかわし首位に浮上!桃子は15位
2年ぶり優勝の古閑美保が賞金ランク4位に浮上!
【写真特集】
有村、古閑の写真満載!美人女子プロ写真館 4月6日12時37分配信 ゴルフ情報ALBA.Net
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100406-00000002-alba-golf
 
   
Posted at 22:07/ この記事のURL
[新製品]『ラブプラス』の彼女と記念撮影、コミュニケーションもOKのiPhoneアプリ / 2010年04月06日(火)
 コナミデジタルエンタテインメントは、iPhone/iPod touch向けに、人気ゲーム『ラブプラス』に登場するキャラクターと記念撮影やコミュニケーションができるアプリ「ラブプラス i」3種類の配信を4月5日から開始した。App Storeを通じて配信する。価格は各600円。

【写真入りの記事】

 アプリは、『ラブプラス iM』(高嶺愛花バージョン)、『ラブプラス iR』(小早川凛子バージョン)、『ラブプラス iN』(姉ケ崎寧々バージョン)の3種類。機能は共通で、iPhoneのカメラを使って専用のARマーカーを撮影することで、ヒロインと一緒に写真を撮ることができる。

 写真撮影は、iPhoneのみ対応。このほか、スケジュール管理ができるカレンダー機能やメモ機能、画面をタッチするとキャラクターが声で時間を教えてくれたり、話しかけてくれたりするコミュニケーション機能などを搭載する。

 今後は、GPSを活用してロケーションに応じた会話やイベント体験など、彼女たちとのコミュニケーションをより楽しくする機能を追加配信する予定。

 ARは、Augmented Realityの略で、映像やテキストなどのデジタル情報を、現実の環境の一部に付加情報として合成して提示する技術。専用のARマーカーは、コナミのPhone/iPod touch向けアプリ紹介サイト「Touch KONAMI」から、無料で取得できる。

 『ラブプラス』は、2009年9月にコナミが発売したニンテンドーDS用の人気ゲーム。現実と同じ時間や季節のなかで、キャラクターとの恋人生活が楽しめる新しいタイプのコミュニケーションゲームだ。2010年夏には、新作『ラブプラス+』も発売予定。コミック化やフィギュアなど、関連商品の展開も広がっている。


【4月6日13時21分配信 BCN
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100406-00000006-bcn-sci
 
   
Posted at 21:33/ この記事のURL
プロジェクトマネジャーに必要なスキルとは何か? / 2010年04月06日(火)
 TechTargetジャパンが2010年2月に実施した読者アンケート調査によって、プロジェクトの現場では3つの「不足」が、その生産性を阻害する原因として考えられていることが分かった。

・スキル不足
・リソース不足
・メンバー間のコミュニケーション不足

 上記3つの「不足」を解消するために必要なこととは何か? TechTargetジャパンは2010年3月、プロジェクト管理業務に従事する読者を対象にした座談会を実施した。その座談会の内容を紹介する。

●座談会概要

日時:2010年3月5日(金)19:00〜21:00
場所:アイティメディア オフィス内会議室
参加者:8人(会員読者7人、モデレーター1人)
座談会には、TechTargetジャパン会員読者7人が参加。また、座談会のモデレータをPMI日本支部事務局長である永谷裕子氏が務めた。

●第1の不足:「スキルの不足」を解消するためには?

永谷:まずは「プロジェクトにおける“スキル”とは、具体的に何を指すのか」が明確に定義されている必要があります。また、その不足を補うための解決策として、どういうトレーニングが必要になるかを考えていきましょう。スキル定義については、例えば、経済産業省が策定した「ITSS(ITスキル標準)」ではIT技術者個人の能力や実績に基づいて7段階のレベルを規定しています。また、米国のPMI本部が策定した、プロジェクトマネジャーのコンピテンシーモデル「PMCDF(Project Manager Competency Development Framework)」もあります。日本ではITSSの方がなじみがありますが、グローバルな観点ではPMCDFが当てはまることが多いと思います。皆さんの会社では、こうしたスキルの定義はどうなっていますか?

木部:弊社ではここ数年、ITSSに準拠して「インフラ担当」「アプリケーションエンジニア」「プロジェクトマネジャー」など、それぞれの職務ごとにレベルを7段階で定義したり、オンライン試験による評価制度を実施したりしています。これらをプロジェクトの難易度に合わせてメンバーをアサインする参考指標として使っています。また、「PMP」(※1)や「プロジェクトマネージャ試験」(※2)、「PMS」(※3)などの資格制度を知識レベルの基準として使っています。さらに、過去のプロジェクト案件の経験を基にしてプロジェクトに割り当てるなど、できるだけ計画的に行っています。

※1:プロジェクトマネジメントに関する国際資格「Project Management Professional」の略。

※2:経済産業省所管の情報処理技術者試験。

※3:特定非営利活動法人 日本プロジェクトマネジメント協会(PMJA)の認定資格「プロジェクトマネジメント・スペシャリスト」の略。

阿部:弊社でもITSSを採用しています。ただ、「スキル基準で評価することと実際の業務ができることとは違う」とも感じます。ある専門的な技術を身に付けている人がいないとプロジェクトを遂行できないことが多いです。こうした特定のスキルを含めた評価まで細分化することは難しく、結局は業務遂行能力がある人ほど現場で必要な人物として評価されています。それでも、スキル基準と現場での評価がリンクするかは別問題ではないでしょうか。

中澤:ITSSはなくてはならない評価基準の1つです。また、ITSSとは別にシステムに限らず、金融系の知識の習得も必要です。弊社では、そうした業務に関する知識や経験などを細分化して評価することを定期的に行っています。ITSSだけがスキル基準というわけではなく、どちらかというと「業務知識のレベルを上げる」ことがスキル向上につながると思います。

山田:弊社でも同様に「IT」「業務知識」「プロジェクトナレッジ」などのスキルが細分化されています。ITスキルは当たり前で、重要なのは「業務知識」。顧客からの要望に応えるためにも、担当する業種の業務知識を深めることが求められます。そうしたスキルの評価はなるべく定量的に測れる工夫をしています。ただ、それらを考慮してプロジェクトメンバーをアサインできているかは別です。

編集部:石上さんは現在、開発標準化作業に取り組まれているとのことですが、現場での取り組みはいかがですか?

石上:基本的に会社で決めている標準はあるものの、プロジェクトに適用できているケースはほとんどありません。「自分の会社の標準を知らない」と言われたり、受託開発の場合は顧客側に合わせた成果物が作成されることも多いです。開発標準を組織横断的に展開・活用できていないのが現状です。

●スキル不足を解消するための取り組み

永谷:各社ともITSSなどのスキル基準をフレームワークとして導入しているようですね。ただ、それだけでは足りない部分があると思います。スキル不足を解消するために、現場ではどのように取り組んでいますか?

山田:ITや業務知識とともに「ヒューマンスキル」を向上させていくべきだと思います。それが身に付いていないと、結果的に顧客ときちんと話ができなかったり、本来仕事の中で得られる経験を得ることができなくなります。

永谷:例えば、プロジェクトメンバーを引っ張っていくリーダースキル、顧客とのコミュニケーションスキルに関して、会社での研修はありますか?

山田:外部の教育機関やグループ会社での研修などを利用しています。ただ、研修を受ければすぐに身に付くことではないようです。結局「話すことが苦手な人がいる」「技術が得意な人は技術面で力を発揮した方がいい」ことも事実です。

 実際のプロジェクトでは、プロジェクトマネジャーがメンバーの特徴を見極めて、パズルのように組み合わせながらアサインする必要があります。うまくいかなかった場合は、すぐに組み合わせを変更できるように、メンバーを常に観察することも重要です。欲しい人材がそのままアサインされることはほとんどありませんので、そうした現状を踏まえてプロジェクトを成功させることに取り組んでいます。

阿部:ヒューマンスキルの研修を受けさせることは大事です。しかし、実際にスキルが身に付くのはやはり「現場」だと思います。特に経験が浅いメンバーは、実際の顧客とのやりとりに同行させ、経験を積ませています。

彌冨:プログラマーは画面に向かっていることが多く、人前で話すことが苦手な人も中にはいます。彼らが実際にSEとして顧客提案に行くと、なかなかうまくコミュニケーションが取れないこともあります。弊社の社員は客先にいることが多いので、月に1回全員が集まる場を設けています。ミーティングの最初の10分間、持ち回りで自分の好きなテーマでプレゼンして、コミュニケーションスキルの強化に取り組んでいます。

永谷:「自分の伝えたい内容をどうやったら相手に伝えられるか」という点を考えて工夫することは、良いシミュレーションになると思います。こうした取り組みの効果はありましたか?

彌冨:社員のコミュニケーションレベルが上がったと思います。プレゼンする側だけでなく、聞き手が必ず質問することにしているので、質問事項を考えながらプレゼンを聞いています。こうした機会を通して、徐々に人前で話すことに緊張しなくなったようです。

●プロジェクトマネジャーに必要なスキルとは?

編集部:これまでの話の中で幾つかのスキルが挙げられていますが、「プロジェクトを成功させるために絶対必要なスキル」を1つ挙げるとすれば、それは何だと思いますか?

木部:プロジェクトにはプログラマーやSE、データベース管理者(DBA)、ネットワークエンジニアなど立場の異なるメンバーがいます。それぞれの立場におけるプロジェクトの目的を「合意形成」することが大事だと思います。プロジェクトマネジャーにはメンバーそれぞれが持つ役割を定義し、各メンバーに対してそのゴールを明確に伝えて合意形成することが求められると思います。もちろん、プロジェクトが計画通りに行くことはあまりないので、その際にどう修正していくかはプロジェクトマネジャーの役割です。

永谷:そうですね。プロジェクトの成功やプロジェクトメンバーの関係を円滑に持っていくためには、プロジェクトマネジャーの力が必要です。例えば、「メンバーの動きを常に観察する」「顧客先に同行させ、経験を積ませる」「メンバー間で合意形成をする」という話がありましたが、それらを行うのはプロジェクトマネジャーの役割です。プロジェクトマネジャーに必要なスキルとは、プロジェクトマネジメントやヒューマンスキルに加えて「創意工夫や部下を育てる」という思いかもしれません。そうした思いを持ってメンバーとコミュニケーションを取っていけば、そのプロジェクト成功率は高くなると思います。

●優秀なプロジェクトマネジャーを育てるためには

永谷:では、そうした優秀なプロジェクトマネジャーをどう育てればいいのかを考えていきましょう。PMIの研修に参加する企業の多くは「いいプロジェクトマネジャーがいない」という悩みを持っているようです。皆さんはプロジェクトマネジャーの育成に関して、悩みを持っていますか?

山田:「プロジェクトマネジャーという職務は、人によって向き・不向きがある」と感じます。プロジェクトマネジャーとしての適性がある人を育てていくべきだと思います。その場合、最低限のレベルの知識は必要ですが、やはり「現場での経験」がないと難しいです。失敗して覚えるのが、一番身体に染み込むことではないでしょうか。

中澤:「向き・不向きがある」との意見はわたしも同感です。「自分はSEでありたい、マネジメントをやりたい」というように人それぞれ進みたい道は分かれると思います。「まずは役割を与えて、チャレンジさせる。失敗した場合はそれを糧にしてさらに成長してもらうこと」が大事だと、最近特に感じます。「地位が人を育てる」ではないですが、何かしらの役割を与えることで、そのスキルは磨かれていくものだと思います。

石上:わたしも「向き・不向きがある」のは当然だと思います。徒弟制度ではないですが、いいプロジェクトマネジャーと一緒に多くの経験をさせることが一番いい方法ではないでしょうか。

永谷:そうですね。多くの企業が、徒弟制度のような方法で人材育成に取り組んでいます。その場合、企業はプロジェクトマネジャーという職務に明確なキャリアパスを策定する必要があります。キャリアパスが明確に示されていれば「自分の進むべき職種を極めたい」という動機付けにもつながるでしょう。また、直接給与に結び付く必要はありませんが、人事評価と関連付けた方がよいと思います。皆さんの会社では、優秀なプロジェクトマネジャーは社内できちんと評価されていますか?

阿部:頼りにはされていますが、会社から評価されているかは……。もちろん、評価されるべきだとは思いますが、会社としてもどう評価すればよいか、その仕方が難しいというのが現状ではないでしょうか。

永谷:なるほど。それでもキャリアパスや評価基準が設定されていなければ、自分が進んでいくゴールが定まらず、その結果モチベーションも上がらないと思います。

山田:個人的には、プロジェクトマネジャーに対する経営層の評価も気になります。自社の利益を考えながら、コストコントロールをするのはプロジェクトマネジャーです。「利益を確保し、かつメンバーを大切にする」という気持ちは、外部のコンサルティングパートナーやSIerよりもプロジェクトマネジャーの方が強いです。その部分をもう少し会社側に評価してもらえれば……と正直思います。

永谷:外資系企業では「プロジェクトを予算範囲内で完了させたり、顧客の評価が良かったりした場合、その分の報酬がプロジェクトマネジャーに与えられる」ことがあります。しかし、そうした制度が日本に合致するかどうかは分かりません。個人的には優秀なプロジェクトマネジャーはきちんと評価されるべきだと思います。優秀なプロジェクトを表彰することはありますか。

木部:QCDや事業を創出するという観点で優秀な成績があれば、表彰することを励行しています。

永谷:直接的な報酬という形でなくても、経営層からの評価があればプロジェクトマネジャーやメンバーのモチベーションは上がるかもしれませんね。

山田:中途半端はちょっと嫌ですね。ベストPM賞や社長賞といった表彰をされたとしても、死にそうなくらいきついプロジェクトの報酬が小さいと……。

阿部:以前勤めていた会社で、表彰された際に、部で東京ドームを借りてソフトボール大会を開いたことがありました。

一同:おお(面白い)。

山田:例えば、部門同士で競わせて、より優れた結果を出した部門を表彰することがあってもいいと思います。

永谷:プロジェクトマネジャーのスキルとはヒューマンスキルも含めて、プロジェクトの成功に非常に重要な要素となっています。良いプロジェクトマネジャーの育成は、企業が抱える頭の痛い問題ですが、メンタリング制度などを活用しながら、現場で鍛えていくことが重要ですね。また、もっとプロジェクトマネジャーが評価される仕組みを企業が設けることも大事でしょう。RINETさんの社内プレゼンは、外資系企業では多く取り入れられていることです。こうした工夫をしていくことでスキルアップに取り組んでもらいたいですね。プレゼンや問題解決のスキルは、苦手な人でも訓練すれば確実に向上できるものです。ぜひ皆さんの会社でも取り組んでもらいたいと思います。

※今回は、3つの不足の1つ「スキル不足」について紹介した。次回は、残り2つの「不足」を紹介する。 4月6日15時13分配信 TechTargetジャパン
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100406-00000036-zdn_tt-sci
 
   
Posted at 20:28/ この記事のURL
セカンドライフ「企業利用ゼロ」 土地のレンタル事業大幅縮小 / 2010年04月06日(火)
 一時ブームになったネット上の3D仮想空間「セカンドライフ」。過疎化が進んだと報じられたこともあり、日本企業の利用はほぼゼロになっている。このあおりで、国内最大のセカンドライフ事業者が、土地のレンタル事業を大幅に縮小させることになった。

 このセカンドライフ事業者「マグスル」は、仮想空間上のSIM(島)にある土地をレンタルに出したり、セカンドライフを運営する米リンデン・ラボ社が発行する仮想通貨のリンデンドルを販売したりするサービスをしている。

■ブログ上で「セカンドライフ事業縮小のお知らせ」

 それが、2010年3月31日になって、同社のブログ上で、「セカンドライフ事業縮小のお知らせ」を出した。お知らせによると、セカンドライフでは、企業利用はほとんどなくなり、企業向け土地レンタル事業の収益が確保できなくなったというのだ。

 セカンドライフは、07年初めに日本でも盛んに報道され、ネット上で爆発的なブームになった。京都を模した日本的な街並み「NAGAYA」が人気スポットになり、大手企業も製品PRの仮想店舗を構えたり、仮想社屋を建てて採用活動をしたりした。

 ところが、この年の暮れ近くになって、早くも「過疎化」が報じられる事態に。3D空間に対応できるパソコンがあまりなく、イベントなしには何をしていいかわからないことなどが理由とされた。そして、その余波で、08年になると撤退する企業が相次いだ。

 最近になると、もう企業利用もほとんどなくなり、マグスルでは、「Yurakucho SIM」など5地区を4月30日で閉鎖することにした。リンデン・ラボ社との方針の違いもあったという。今後も、稼働率が60%を下回る場合は、順次閉鎖していく。

 とはいえ、セカンドライフ自体は、根強いファンがいて、世界的に個人ユーザーは増えていく傾向にあり、リンデン・ラボ社もすでに黒字化を達成したという。日本では現在も、個人ユーザー2〜3万人がセカンドライフを利用しており、オンラインゲームなら十分な数だとしている。

■「日本で今後見直す動きが出る」と断言

 日本で批判的な人が増えていることについて、マグスルの新谷卓也社長は、マスコミの影響もあると指摘する。

 事業縮小のお知らせでは、「個人の思い」として異例の長文を掲載した。それによると、ブームのころは、楽しさよりビジネスに報道の力点が置かれ、「お金が儲かる次世代インターネット」と盛んに流された。セカンドライフには、友だちとチャットを楽しみ、様々な教室で新しいことを学ぶなどの楽しみがあるという。それが先入観で歪められてしまって批判的な見方が広がり、セカンドライフを見たり理解したりしていないのに「もう終わった」と報じられたというのだ。

 新谷社長は、取材に対し、セカンドライフには楽しい部分がたくさんあるとして、「日本で今後見直す動きが出る」と断言した。

  「ケータイの各種サービスでも、最初はアバターを作るだけだった個人ユーザーが、それを動かしてコミュニケーションを楽しむようになっています。慣れてきてアバター利用への要求は高度化すると予想され、いずれパソコンでも楽しむと考えています」

 セカンドライフ事業も撤退を決めたわけではなく、個人ユーザーへのリンデンドル販売は落ち込んでおらず、今後も続けていくという。同社によると、この部門は、事業の8〜9割を占めている。レンタル事業についても、「Shinjuku SIM」など3地区を建物付きレンタル中心にするなど、様々な方向性を試す。

 もっとも、エロやギャンブルのスポットさえ利用が低迷していただけに、どのようにして盛り上げるというのか。新谷社長はこう説明する。

  「ツイッターなどリアルタイムのネットコミュニケーションが普及してきたので、3Dアバターの選択肢も今後大きくなるはずです。例えば、インディーズミュージシャンのライブは限られた人たちのものでしたが、アバターなら時間や距離を超えてライブを楽しめるようになります。アバターが身近になれば、その楽しみが自然に分かってくると思っています」


■4月3日10時12分配信 J-CASTニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100403-00000000-jct-sci
 
   
Posted at 20:28/ この記事のURL
農作物の病害虫被害まとめ手引書発刊/伊勢原 / 2010年04月06日(火)
 伊勢原市内で発生した農作物の病害虫被害をまとめた「伊勢原の農作物病害虫」が発刊された。市農業協同組合(山田信昭組合長)の営農技術相談員が、8年間の相談記録をまとめたもので「効率的な防除に役立てて」と話している。

 A4判80ページで、稲、落花生やイモ類、青菜類、果樹類といった農作物から、庭木、花壇の花まで、市内で栽培されている50種類の作物に被害を与える220種類の病害虫が収録されている。また、それぞれの作物の被害状況を370枚のカラー写真と解説で分かりやすく紹介している。

 最近は、品種改良で病気の特性も変わってきているほか、管理された作物はちょっとした病気でも被害を受けるなど状況も変わってきているという。同農協では「組合員に知っておいてほしい基本的な病害虫と今後発生が増加すると思われる病害虫などを中心に冊子を作った」と説明している。

 表紙はビニールコーティングし、屋外で雨にぬれても被害確認ができるように工夫されている。同農協では「病害虫の早期発見、早期防除のポイントが分かるし、病気の名前も分かる」と話している。まとめた青野信男営農技術相談員は「この冊子を、安心安全な農産物生産に役立てて」と話している。

 同農協では3千部作製、組合員に配布するとともに、支所や支店で准組合員に350円、一般利用者に700円で販売する。問い合わせは同農協本所電話0463(93)8111。

【4月6日15時0分配信 カナロコ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100406-00000016-kana-l14
 
   
Posted at 19:56/ この記事のURL
グーグルは「谷歌」ではなくなったのか?!トップページ変更にメディア注目―中国 / 2010年04月06日(火)
2010年4月4日、連合早報は、香港版に移行したグーグル中国ウェブサイトに微妙な変化があったと報じた。

3月22日、グーグルは中国本土版ウェブサイトの閉鎖を発表した。以後、「google.cn」へのアクセスは香港版の「google.co.hk」に転送されるようになった。トップページは従来と全く変わらず、「Google」のロゴの隣に「谷歌」(グーグルの中国語名)の漢字表記がある。

【その他の写真】

3日、このトップページの表記が微妙に変化したという。ロゴの隣の漢字が「中国」と変更された。「谷歌」は2006年4月、中国政府の検閲を受け入れた中国本土版に合わせて制定された名称だ。メディアは「4年間使用された『谷歌』はもはや過去のものになった」と論評した。

ところが、4日には従来通り漢字表記は「谷歌」に戻されていた。この変更についてグーグル中国は一切発表していない。(翻訳・編集/KT)

【4月6日14時57分配信 Record China
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100406-00000013-rcdc-cn
 
   
Posted at 19:24/ この記事のURL
「ドル箱」復活、米で販売増 日本車、小型・低燃費追い風 / 2010年04月06日(火)
 米国で日系自動車メーカーの販売回復基調が鮮明になってきた。新車投入効果と現地のニーズに合った商品戦略を展開する富士重工業の3月の新車販売台数が10カ月連続で前年同月実績を上回ったほか、日産自動車が6カ月連続、ホンダとマツダも5カ月連続で前年実績を超えた。米市場自体が一昨年秋のリーマン・ショック以来の高水準に戻りつつあるほか、「小型車」「低燃費」志向に移ったことが日本勢に有利な状況になっているようだ。

 ◆富士重工、46.4%増

 米販売会社などが発表した3月の日系メーカー新車販売台数は、トヨタが前年同月比40.7%増の18万6863台、日産は43.3%増の9万5468台、ホンダは17.8%増の10万8262台、富士重工は46.4%増の2万3785台など、軒並み大幅な増加となった。米自動車業界分析会社オートデータによると、3月の米全体の新車販売は24.3%増の106万6205台で、年率換算で1178万台。リーマン・ショックの一昨年9月(年率1250万台)に近づきつつあり、日系メーカーもその波に乗った形だ。

 なかでも富士重工の好調さを支えているのが「レガシィ アウトバック」と「フォレスター」のSUV(スポーツ用多目的車)2車種。

 昨年7月に新型レガシィの米国販売を始めた際、「リーマン・ショック以降、より小型で燃費のよいSUVが好まれる」(同社関係者)と、米国民の志向に合わせた車体サイズにしたことが販売増に貢献した。今年に入り、全米の販売態勢の再編に着手し、より地域の消費者ニーズに合った商品のPRや営業戦略を進めていることも奏功した。

 ◆販売奨励策後押し

 日産は昨年10月の米新車販売台数が14カ月ぶりに前年同月比を上回り、その後もプラスを維持している。「ヴァーサ」(日本名ティーダ)、「ローグ」など小型車やSUVが貢献しており、3月にはローン金利をゼロにする販売奨励策などにより前年同月比4割増を達成した。

 ホンダも昨年11月に新型「アコード クロスツアー」、昨年12月に新型アキュラ「ZDX」と、セダンとSUVを融合したクロスーオーバー車の新車投入効果が大きかった。

 一方、トヨタは大規模リコールへの対応策としてローン金利をゼロにするなどかつてない規模の販売奨励策が寄与。3月は3カ月ぶりに前年同月比プラスに転じた。

 各社の高い伸び率は、前年同期の販売不況の反動増があることは事実。ただ、「米国でも小型化と環境性能の優れた車が求められている」(自動車アナリスト)ように、日本勢の得意分野が見直されている。中国など新興国頼みの日本メーカーにとって、かつての“ドル箱”だった米国市場での復活は、各社の業績にも好影響を与えそうだ。(鈴木正行)

【関連:日本車】
最安値106万円 車内装備も充実 トヨタ・ヴィッツ
EV376万円 日産が攻勢 「リーフ」予約開始 三菱は値下げ
ホンダ インド・タイ中心に小型車10万台 ブランド活用 高所得層
新興国発 日産ダッシュ 「100万円マーチ」 タイで生産
ジュネーブモーターショー開幕 世界戦略 目玉は「小型」 4月6日8時16分配信 フジサンケイ ビジネスアイ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100405-00000001-fsi-bus_all
 
   
Posted at 18:54/ この記事のURL
P R
カテゴリアーカイブ
  | 前へ  
 
Powered by yaplog!