オーエムシーカード 

2007年05月01日(火) 23時07分
流通系カード会社はそれぞれ親会社との関係見直しの時期を迎えていますが、オーエムシーカードは親会社を加速し、「ハウスカード」から「ナショナルカード」への脱皮を図る戦略を強めています。

2002年からダイエーの名前を外して社名をオーエムシーカードに変更したのがその表れです。カード名称と会社名を統一して新しいCIを確率することで、「ダイエーグループ外と取引の拡大の拡大や戦略的な提携を積極的に進めるため」です。

一方では「経営不振で不採算店舗の閉鎖を進めるダイエー色を薄め距離を取るため」との声もありますが、永遠のライバルであったイトーヨーカドー系のアイワイかーど・サービスから即時発行のサービスを委託など早くもその成果が表れてきています。

同社はクレジットカード業務、旅行業務、サービス業務、保険業務おおこなっています。このうち主力はクレジットカード業務です。同じグループだったローソンが三菱商事傘下にはいったために、それまで発行してきたローソンカードが宙に浮き、その市場をクレディセゾンのローソンパスに取られたのは痛手であります。
P R
2007年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
http://yaplog.jp/csfinance/index1_0.rdf
Yapme!一覧
読者になる