氏家の速水

June 11 [Sun], 2017, 9:20
少子高齢化が進み、ケガや病気のリスクが高い高齢者の増加によって、医療機関にかかる高齢者も年々増加の一途を辿って、看護師はさらに忙しくなっていきます。その労働環境は厳しく、夜勤も含めて働き続け、無理がたたって、結果として過労死を迎えてしまった看護師もいました。
では夜勤をはやめて日勤中心の仕事に変わったとしても、自宅で療養中の患者を診る、訪問介護の仕事が待っており、そして、そういったところでも高齢者増加の影響は大きく、さらに看護師の需要は高まっており、どうやら、看護師を巡る環境は、どこであっても厳しいみたいです。子供のころから看護師になるのが夢だったのですが、家の都合によってしばらくOLとして会社に勤めていました。


しかし、看護師になりたいという気持ちが大きくなるばかりでした。

資格を持たなくても就ける看護の仕事に転職する選択肢もあるのですが、やはり看護師の資格が欲しいと悩んでいたところ、医療施設で看護助手として勤めながら看護師資格を取る方法があることを知りました。



看護師の夢をかなえる道が見つかって、とてもうれしいです。看護師が病院で働く際、病棟勤務か外来勤務、片方を選択することになるわけですが、外来勤務は基本的に日勤だけとなります。子育て中の人には、子供を昼日中だけ預けられればいいので働きやすいでしょう。そしてまた、外来勤務では嬉しいことに夜勤がない上、多くの場合、土日祝日が普通に休めます。



勤め先での外来勤務が、忙しいものになるかどうかは病院による訳ですが、人気のある診療科や医師のいるところでは大勢の人で待合室が飽和状態になるほどで、看護師は対応に追われることになるでしょうし、待たされる患者からはクレームも入るでしょう。

身につけたいスキルについても病院や、診療科によっても違います。
看護師を題材にしたドラマがよくありますが、あの様にはいかないのが現実なのです。通常業務のみでも大変忙しいのに加え、終業時間を超えても業務が残っていることが多く、仕方なく残業することも日常茶飯事です。

ですが、たとえ忙しくて疲れていても、いつだって患者さんやそのご家族と接するときは、笑顔です。
直前まで愚痴を言っていても打って変わって笑顔になるのです。



看護師は女優顔負けだなと感じてしまうことさえあります。



実際、看護師専用の転職サイトには、祝い金をくれるところがあります。転職するだけなのにお金をもらえるのは嬉しい気持ちになりますよね。


ですが、お祝い金を出してもらうための条件が大抵はあるため、チェックを事前にきちんとしておくようにしましょう。そして、祝い金のないサイトの方がサービスが良い場合も出てきます。今でも、看護師は慢性的に人手が不足しています。人手の不足をどうにかするには、看護師の免許がありながら看護の仕事に就いていない人に、看護師としての仕事に就いてもらうことが良いと感じます。柔軟な働き方ができるよう医療機関が良くない部分を改めていくことが重要です。


なぜ看護師をやるのかといわれたときに、欠かせないものに一般的に給料が高いという点が挙げられます。新卒の給料を見ても大体同じくらいの世代の、普通の会社に就職した人たちの相場と比べた時にも収入が高めだといえるはずです。しかし、このようにして高収入を得ているのですから、自分の腕を磨いて、少しずつでも患者さんに対して還元していく使命があります。
看護師は挑戦的な仕事だと多くの人がいいますどんな職業でも直接人と向かい合うことが少ない傾向にあります。


他方、看護師は人と深く関係することができ、支えることができるという点において取り組みがいがあると感じる方が少なくないのでしょう。

私の勤め先は病院の事務です。通常、看護師さんと一緒に仕事をするということはないのですが、どの方もいつもせわしなく働かれています。


仕事と家庭の両立はただでさえ大変なのに、夜勤もあるので育児に関してはなおのことだと思います。ですが、予想よりも忘年会の時に、うまく対処されているなと感じたのが、看護師さんの中で、子連れで来ている方が少なからずいらっしゃるんです。
先生達も、歓迎している様子でしたし、穏やかな雰囲気でよかったです。近頃は、ますます看護師は不足気味です。


看護師資格を持っているけれども、今は、看護の仕事についていないという人も多数います。

このように看護師が足りなくなっているのはどうしてでしょうか。



それは看護師の離職率が高いということが大きいと思います。


それでは離職率がどれくらいなのかといいますと、常勤看護師の場合、およそ11パーセントもあります。職場の大半を女性が占めており、出産または育児のために退職せざるを得ないという場合もあるのですが、それだけではなく、ハードな仕事であるということも離職率が高くなる一因でしょう。看護師をしている男の給料はいくらか知っていますか。給与だけをみれば女性の看護師と同等程度となっています。
当然といえば当然ですが、両者の間で大幅な違いが出てしまうということはないのです。


給与の実際の額は勤務する職場によっても違うのですが、給料の高い職業となっています。希望条件に合う病院や医療機関への転職を目指す看護師にとって大事なのは直接対談、いわゆる面接です。


面談の際に頻繁に聞かれる事としては前の職場でしていた仕事のこと、これまでの職場を辞職した理由、この病院でやりたいことは何か、自分の看護の価値観といったことです。


これらの質問に、すぐに答えられるよう考えをまとめておくべきです。
看護師の仕事内容がかなりハードだというのは事実で、肉体的にも精神的にも、辛さを感じることはあるでしょう。



勤務形態も二交代だったり三交代制で、夜勤につくことになり、誰でも不規則な夜勤の入り方で生活時間が狂い、そのうちに体調を崩すこともあるのです。

昼夜にわたる、大変な仕事によってどうしようもなく疲労を溜めてしまい、慢性的な頭痛や腰痛などが発症し、そこでやっと、自分自身の受けている身体の負担について思い巡らすようなことになるのです。



看護スタッフが別な勤務先へ移る方策についてですが、ここ数年、オンラインサービスの使用が多数派になってきました。

看護スタッフ専門のオンライン人材紹介サービスに相談すれば、無料ですし、気になったらその場ですぐ人材募集の要項などの情報を確かめられるでしょう。今よりよい仕事に就くためには、リサーチが重要ですので、仕事を変えようと思ったら先延ばしにせずクリックしてみてください。

看護師が実力を磨いたり、スキルをアップさせるには、それ相応のノウハウがあります。今、勤めている職場から異なる病院や医療施設などへの転職も考えられる方法の1つになります。



それだけでなく、最新の技術とかもっと幅広い知識を体得するために看護関連資格を取得するのも能力向上の方法の1つです。
学校卒業後、ずっと同じ病院で勤務していますが、ちょっと気になることがあって、看護師というのは喫煙率がすごく高く、またアルコールを飲む習慣を持つ人の割合も高いです。

タバコが有害という認識が広まったこともあって、少しずつ看護師の世界でも喫煙する人は減ってきたようですが、他業種と比べれば、まだかなり喫煙率は高いようです。アルコールの方ですが、たまに行われる飲み会などでの皆さんの酔っぱらい方は堂に入っているといいますか、少なくとも白衣の天使というイメージは皆無です。あまりにも普段からストレスをため込んでいるからだと、自分でもわかりますので、こんなことで発散できるのなら、ぜひそうして欲しいと願うのでした。すぐに、退職をする看護師は想像以上に多いのです。ほとんど女性の現場ですから、一度こじれると面倒で、辞めたところで、再就職が容易であることも影響しているのでしょう。
別の仕事と比較したら看護師ならいつでも再就職できるので、希望する労働条件とすごく異なる際には、退職し、違う病院などに転職する人も珍しくありません。

業界用語というものは、どこの業界にもあり、もちろん看護師の世界にも存在します。例えば、「今からエッセンです」などという風に使う言葉があります。何のことか見当がつきますか?食事のために休憩するということを働いている他の人にわかってもらう目的で使用している現場は多いようです。ところで、エッセンという言葉ですがこれは、何かの略語とかではなく「食べる」を意味するドイツ語が由来だそうです。


医療の現場においては、医療先進国ドイツの言葉がよく使われてきた歴史があり、そんな時代の名残ですが、とにかく現在に至っても普通に使用されているようです。
当然ですが、病院には患者それぞれの症状に対応する科がたくさんあって、配属された科の診療内容によって、看護技術やケアのやり方も違ってきます。看護師のローテーション研修は、配属部署以外を回るのですが、ひとつの部署だけでは分からなかった幅広い看護技術を得られると同時に、それぞれの仕事に対する姿勢を学び、総合的な知識を学ぶこともできるでしょう。今後の進路を考える事もできますから、新人看護師の前向きな気持ちも湧きやすいようです。


女性に人気の高い職業の一つ、看護師になるためには、そのための学校、看護専門学校や短大、大学といった機関で勉強し、その上で国家試験を受け、合格してやっと看護師になれます。


試験は、驚異の合格率90パーセントを誇っており、まじめに勉強していた学生にしてみると、たやすい部類に入るのではないでしょうか。
そういった、看護師を養成する学校は専門学校や短大ですとか、何種類かあるのですが、今日では、幅広く勉強できて、関連資格の取得もしやすい看護大学に進学を希望する人の数が増えてきたようです。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:蒼汰
読者になる
2017年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる