レナ(れな)と加瀬邦彦

January 15 [Sun], 2017, 19:06
皆さんご存知のように、葉酸はおなかの中の赤ちゃんが健やかに成長するために、最も重要な栄養素のひとつであると言われています。葉酸はビタミンの一種ですから、普段の食事にもふくまれてはいるのですが、簡単に適切な量を摂取しようと考えるならば、葉酸サプリを飲むのが良いと思います。しかし、葉酸が胎児と母体の健康をサポートする栄養素であることを踏まえると、一体いつから飲めば良いのかと、疑問に感じる方も多いでしょう。妊娠前から授乳期を完了するまでサプリを活用するのが良いでしょう。妊婦にとって、葉酸が不足する時期は、妊娠3か月までだといわれているのですが、赤ちゃんだけでなく、ママの健康を支えてくれる点においても重要な役割を果たしているためす。ですので、妊娠を計画している方は、今から葉酸サプリを飲み、授乳終了まで普段の食事とサプリによる葉酸摂取を続けるのが良いでしょう。第一子がナカナカ出来ず、不妊治療に通い、現在は妊娠三ヶ月です。妊活中の友人立ちと同様、結婚後3年を前に不安になったんです。基礎体温でタイミングを見計らっても、妊娠しなくて、こればかりは神様次第かなと思いました。でも、友人知人が妊娠したという話を聞くたびに、自分はどうなのだろうと不安になりました。ウィメンズクリニックでは多嚢胞性卵巣症候群と診断され、排卵誘発剤が有効というので試してから、二周期ほどで妊娠できました。病院に根拠のない抵抗感を持っていたのはエラーでした。もっと早く来たかったですね。金銭的負担が大きい不妊治療ですが、心理的にも疲弊してしまう人が多いようです。市町村に申請すると助成金が得られるとはいえ、40歳の年齢を境目に給付回数に制限がつくことが一般的に行なわれているようです。40歳以上でママになっている人もいるのだし、支給回数を増やすべきで、減らすのは言語道断だと思います。今年で40歳になる私ですが、常に急かされているような気がして、ストレスも限界です。葉酸はビタミンの一種で、胎児の細胞分裂を促し、先天性の障害を発症させるリスクを低減させるものだと言われています。ですから、妊娠初期や妊娠前の女性には無くてはならない栄養素なんですよね。ですが、いかに大切な栄養素であっても、過剰摂取は禁物ですから、一日の適切な摂取量を守ってちょうだい。特にサプリで葉酸摂取をしている方にお伝えしたいのですが、サプリによる葉酸の体内吸収率が非常に高く、普段の食事から得られる葉酸よりも、はるかに高く入っているため、正しい飲み方で摂取するようにしましょう。葉酸の過剰摂取によって、食欲不振や吐き気といった副作用が出ることがあるとの報告があるのです。胎児は喘息を発症するリスクが上がるという報告があるようですから、適切な量の摂取を守るようにしましょう。妊娠がわかったら何より先に葉酸を摂取するようにと言われるように、この二つは切り離して考えることは出来ません。なんとなくと言うと、妊娠初期に十分な葉酸を摂取する事で、胎児の先天的な異常を発症するリスクを低減してくれると言われているからです。当たり前ですが、妊娠中だけでなく、妊活中の女性にも同一の事が言えますよね。妊娠が分かった後、急いで今まで不足していた分の葉酸を摂取しようとても、あまり意味はありませんし、過剰摂取は禁物です。そのため、十分に栄養のある母胎で育てることの出来るように、妊活中を始めた早めの段階で、食事やサプリによる葉酸の積極的な摂取を心掛けることをお勧めします。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Yui
読者になる
2017年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる