アフィン変換

July 26 [Tue], 2011, 14:38
今回はアフィン変換について学びます

アフィン変換とは,幾何学的変換といい,画像の形状を変形させる手法です

拡大・縮小や,回転などもアフィン変換に含まれます



アフィン変換は,大まかに3つに分類され,それぞれの処理を行います


1つ目は,平行移動です

平行移動とはその名の通り,画像を平行に移動させるだけの処理です

通常の画像では,移動させて開いた空間は,黒で埋めます

平行移動は,以下の式で変換できます




2つ目は,拡大・縮小です

拡大・縮小とはその名の通り,画像を拡大させたり縮小させたりするだけの処理です

拡大・縮小は,以下の式で変換できます




3つ目は,回転です

回転とは,その名の通り,画像を回転させるだけの処理です

回転させて開いた空間は,通常黒で埋められます

回転は,以下の式で変換できます






通常よく用いられるものは上記3つなのですが,

これとは別にもうひとつできる処理があります

それがスキュー(せん断)です

スキューでは,例えばX軸方向に何度傾けたい,とかY軸方向に何度傾けたいという処理ができます

スキューは以下のどちらかの式で変換できます






さぁここまでは理解できましたでしょうか

最後にもうひとつ覚えておかなければならないものがあります

それは,アフィン変換の全ての処理は,一括でできるということです

これまで4つのアフィン変換を学んできましたが実は1つの式で表すことができるのです

その方法は以下の式を用いるだけです



この式を用いて,各変数にそれぞれの変換で用いた値を入力すれば簡単に一括で変換ができます



それでは結果画像です



入力画像


平行移動


縮小


回転


スキュー


今回は以上です
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Hisashi
読者になる
2011年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/cscv/index1_0.rdf