WBCだより 

March 07 [Sat], 2009, 16:11


 中国−台湾戦が終わり、いよいよ日本の決戦!

 プレイボールは7時。日本の打撃練習も5時20分まで行われない。
 次第に興奮してくる心を抱え、じっくりその時を待つ。

球賀状 

February 01 [Sun], 2009, 23:59


 野球人の正月がキャンプインの2月なら、野球ファンの正月は生観戦を始める3月だと思ってきました。
 けれど、今年は事情が違う。
 WBCの年なのだ!
 2月に大阪で日本代表の試合が見られる!

 ってことで、今年は2月1日に球賀状をお届けします。

 明けましておめでとうございます。
 今季もよろしくお願いします。

WBC監督問題 

October 19 [Sun], 2008, 5:35
 WBCも星野監督だなんて、あり得ない。北京オリンピックは星野監督の采配で、惨敗した。

 盗塁させずバントで送るだけ。
 守備を軽視している。
 けがの選手を選ぶ。
 特定の不調の選手を繰り返し使う。
 エースを大事な試合で投げさせない。
 そして、それらに対して反省がない。

 WBCは野球と日本球界のために参加するものだ。星野氏の人生のためでも、マスコミやスポンサーのためでもない。

 短期決戦に強い実績のある監督を選ぶべきだ。日本シリーズを制したことのない監督は候補から外してほしい。日本シリーズ全敗・北京惨敗・言い訳全開の星野氏では、話にならない。
 「現役監督じゃスケジュールがきつい」とか言ってる場合じゃないだろ。勝つための監督を選ばずにどうする。落合も野村さんもいるじゃないか。開幕を遅らせるなりして、現役監督をサポートする態勢を整えるべきだ。

 ファンをないがしろにするんか。来年のWBCが終わったら、あと4年間はオールプロで臨む大きな国際大会はないねんぞ。日本の野球界のために、まともな人選をしてくれ。


 少しでも抑止力となるために、星野仙一氏のWBC監督就任反対署名というWEB署名に参加しました。
 また、NPB(日本野球機構)公式サイトの「ご意見箱」にも投書しました。
 ファンの声よ、届け。

全日本高校選抜−MLBアーバンユース 甲子園球場 

August 25 [Mon], 2008, 17:22

 未来の日本代表を求めて、全日本高校選抜の試合へ。野球ファンとして、生観戦も若い世代の試合から出直しや。この中から将来日本を引っ張る選手が現れるはず。稲葉の涙を歓喜の涙に変えるんや!


 全日本高校野球選抜チームの、ブラジル派遣壮行試合。MLBアーバンユース戦。
 3点先制した直後に2点返されたが、萩原の満塁ホームランなどで突き放し、爆勝。
 投手陣は8連続を含む15奪三振。5回から8回までは、牽制刺以外の11のアウトを全て三振で奪った。

 圧巻は赤川や。左腕から伸びる速球と鋭いスライダーを低めに集める。特にすごいのが、右打者の内角低めへのスライダー。こんなキレ、久々に見た。来年にもプロで活躍できそう。


  USA 000 200 000  2
  JPN 003 501 20X 11

日本−キューバ 北京オリンピック 1次リーグ 

August 13 [Wed], 2008, 23:59
 チャンスに1本が出なかったとかあるけど、ダルビッシュのコントロールに尽きる。この次は本来の投球を頼むぞ。

 収穫もあった。成瀬と田中が通用することがわかったこと。特に成瀬は素晴らしい。

 キューバには不気味なイメージがあった。しかし、打線は手強いが、もちろん勝てない相手ではないと確信できた。

 球児は今日は、捉えられていた。

 いちばんの心配は、川崎の足。西岡・川崎・青木のスピードが前提のチームだけに、川崎が走れないのは痛い。かなり珍しいことにショートに打球が飛ばなかったが、あの様子では守備も無理だろう。左の代打として期待。終盤戦に回復してくれれば最高や。
 WBCも途中で岩村を欠いたが、優勝した。まだまだ大丈夫。


 韓国戦、アメリカ戦を控えて、台湾には負けられない。
 川崎を休ませるオーダー、これでどうか。


 1(遊)西岡▲
 2(三)宮本
 3(中)青木△
 4(一)新井
 5(右)稲葉△
 6(指)村田
 7(捕)阿部△
 8(左)森野△
 9(二)荒木

 西岡をショートにすれば、荒木の足を使える。
 宮本はバントやエンドランをさせられる打順で使いたい。すなわち、俊足選手の次。2番。

 キューバ戦の2番青木・3番森野には、いい意味でびっくりした。台湾戦のスタメンも楽しみや。


 開幕前に、全試合のローテーションを考えてみた。

 13日 キューバ ダルビッシュ
 14日 台湾 和田
 15日 オランダ 涌井
 16日 韓国 杉内
 17日 (予備日)
 18日 カナダ ダルビッシュ
 19日 中国 成瀬
 20日 アメリカ 和田
 21日 (予備日)
 22日 準決勝 杉内
 23日 決勝 ダルビッシュ

 アメリカ戦までに決勝トーナメント進出を決めれば、和田をリリーフにまわす。

 でも、新聞の先発予想は涌井。右打者の多い台湾には、やはり右投手か。
 ということは、韓国戦は和田なのか。前半の大事なキューバ戦、韓国戦の先発投手を、壮行試合で
先発させていたのかもしれない。

野球日本代表 いざ北京オリンピック 

August 13 [Wed], 2008, 4:53
 いよいよ野球日本代表の闘いが始まる。
 日本のメンバーをじっくり見て、特集雑誌を読みまくり、直前の試合を通して考え、北京オリンピックでの闘いぶりを予想した。


 まず初戦のキューバ戦。先発はダルビッシュ。
 当初は韓国戦と準決勝にダルビッシュという予想が多かった。ローテーションだけを考えれば、それが順当だ。しかし、初戦にダルビッシュ。その理由がある。

 第一に、キューバから逃げないこと。
 予選リーグでは2敗まではできるが、決勝トーナメントで当たる確率が高いキューバに、弱気な姿勢は見せられない。真っ向からエースをぶつける。
 セ・リーグ選抜に大敗した直後のチームを鼓舞する意味もある。

 第二に、韓国に先発投手を読ませないこと。
 これは重要だ。3試合目までダルビッシュの先発がなければ、韓国にはダルビッシュが来ると完全にわかってしまう。
 また、左打者の多い韓国には、左投手をぶつけたい。アジア予選の成瀬先発も、決して奇襲ではなく順当やった。韓国戦は杉内か和田で行きたい。しかも、先発が右か左か読まれないようにしたい。杉内・和田か、川上か、考えさせたい。

 そして、第三に、パ・リーグ選抜との試合にダルビッシュを先発させたこと。これが予想の決め手になった。
 アジア予選では、初戦の先発は涌井やった。涌井は昨秋最初の試合、神戸での社会人との試合に先発していた。今回も、初の対外試合で、「最初の試合はダルビッシュで行くぞ!」とチームに示したのではないか。


 ダルビッシュがキューバ戦に投げれば、中2日で韓国戦のリリーフもあるかもしれない。1次リーグ突破が最終戦までもつれれば、アメリカ戦先発もある。中4日でまわして、キューバ戦−カナダ戦−決勝ということも考えられる。昨秋同様、「金メダル獲得を決める試合で投げてこい!」という考えかもしれない。


 野手に関しては、宮本を2番サードでスタメン起用しそうだ。
 なると、次のようなオーダーで行くと思われる。


 1(二)西岡▲
 2(三)宮本
 3(中)青木△
 4(一)新井
 5(右)稲葉△
 6(指)村田
 7(左)GG佐藤
 8(捕)里崎
 9(遊)川崎△

 ほぼジグザグ打線。左投手に苦しむ可能性を考えての、負けないオーダー。キャッチャーは、WBCでキューバ戦の経験がある里崎。

 僕は西岡・川崎の1・2番も見たい。
 宮本は本来ショートなので、サードは本職の森野でどうか。
 守備と足を重視して、荒木をスタメンレフトで使う手もあるのでは。荒木はここ一番の代走と守備固めに取っておきたい選手やけど、中島が代走できるかなと。
 これだと、2番川崎、7番森野、9番荒木になる。9番から3番まで走りまくれるのが魅力。

 ただ、どちらのオーダーでも阿部がスタメンから外れてしまう。初対戦の投手に対応できるあの打撃は欲しい。もちろん先発マスクもあるし、指名打者もある。活かしたいなあ。


 上原は状態が戻っている。やってくれるに違いない。選考に関してやいやい言ってた声をピシャリと封じる活躍をするぞ。


 とにかく、金メダル獲得を応援するのみ!

大阪球場だより 

August 03 [Sun], 2008, 21:40

 今日は清原の復帰戦というだけでなく、南海ユニフォームデー。
 ホークスの選手や首脳陣が全員、南海時代のユニフォームを着用。白に深緑のホーム用だ。みんな、ストッキングを見せるクラシックスタイル。キャッチャーのプロテクターも、かっこいい深緑。当時の選手を思い出しやすいようにか、背中に選手名はなし。

 スタンドにも、南海ユニのファンが多数。杉浦さんやドカベン香川の南海ユニは普段から見かけるけど、渋い選手やコーチのユニフォームも多い。景浦もいた。
 みんなうれしそうで、こっちまでうれしくなる。「孫オーナーありがとう」のメッセージを掲げる一団も。

 合併球団側からは「南海倒せー オーッ」の掛け声。これにホークスファンが拍手してよろこぶ。そして、「近鉄倒せー オーッ」で応えた。
 「近鉄倒せー」は、僕には複雑。阪急は?企業名だけ残っても、本拠地もチームのニックネームも近鉄のもの。ブルーウェーブが潰された悔しさが募る。
 やっぱり、身売りや移転と、合併は違う。合併だけはやめるべきやった。


 今日のハイライト(といっても、試合展開に関わらず合併球団のいいところしか流れない代物)のBGMは、名曲「近鉄バファローズの歌」。

 そして、ホークスのラッキー7には、南海ホークスの球団歌。みんな大よろこびで、めっちゃ沸いた。
 バックスクリーンに飾られた「大阪球場」の看板もよかったな。

清原復帰戦 

August 03 [Sun], 2008, 18:07

 今日は清原の復帰戦。
 入口で清原の写真が入ったステッカーとボードを渡された。清原が打席に向かうとき、このボードをみんなで掲げるのだ。果たして、代打での登場は実現するのか?

合併球団−イーグルス 大阪ドーム 

July 26 [Sat], 2008, 18:59

 イーグルスの最下位脱出を応援。
 それなのに。平凡なサードゴロをファーストのフェルナンデスがファールと思い込み、ベースに入らず。記録はヒット。
 続く緩いショートゴロも内野安打に。
 1・2塁になって、相川が先制3ラン。これがそのまま決勝点。
 青山は、この他にはヒット2本しか打たれへんかったのにな。ピッチャーの責任じゃない。

 金子は7回無失点。先発の柱へと、着実に歩んでるな。

 イーグルスでは、横川と木谷を見られたのがうれしかった。
 木谷は球威が戻ってないようにも見えたが、変化球中心で打たせたのかも。

 明日の予告先発は、岩隈とコロンカ。岩隈で連敗を止めて、上昇開始や!


  東北 000 000 010 1
  合併 030 000 00X 3


 合併球団は今季初の4連勝。石毛監督以降では、今がいちばん充実してるかも。
 ヒーローインタビューは相川と金子。
 相川「監督が右ピッチャーでも使ってくれてるんで」
 金子「4連勝のプレッシャーもあったけど、そんなものに負けてたら、チームも自分も成長できないと思って」「3回まででもいいつもりで、飛ばしていきました」


 夜スポーツニュースを見たら、野村監督がフェルナンデスのプレーを「50年野球やってるけど、初めて見た」と言ってた。そう言われれば、そうやな。ほんまに明日から取り返せよ、フェルナンデス。

甲子園だより 

July 21 [Mon], 2008, 21:42
 タイガースが勝てばマジックが点灯する試合。

 僕の注目は上原。本来の投球ができるのか、生で見たい。
 上原のピッチングは、テンポがいい。四球を出さない。フォークをコースに投げ分けられる。そして、ピンチでも直球で内野フライに打ち取ることができる。今の球威はどうなのか、見たい。
 国際試合での上原の強みは、強気でストライクを取っていくこと。他の投手が「際どいコースに投げなければ」というプレッシャーに縛られ、ストライク一つ取るのにも苦しんでいるなか、上原だけは別世界にいた。あの攻めの投球を北京でもできるのか。


  (つづく)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:CRY
  • アイコン画像 性別:男性
  • アイコン画像 誕生日:1968年11月24日
  • アイコン画像 血液型:A型
  • アイコン画像 現住所:大阪府
読者になる
 好きなもの
甲斐よしひろ・甲斐バンド・KAIFIVE
野球。映画。笑芸。本。カラオケ。
2009年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31