内臓脂肪症候群、AIDS、インフルエンザ、鍼灸、花粉症

February 25 [Mon], 2013, 13:06
内臓脂肪症候群とは診断されなかったとしても、内臓に脂肪が付きやすいような悪い肥満症に陥ることに縁り、命にかかわるような生活習慣病を発症しやすくなります。
AIDSとはHIV(ヒト免疫不全ウイルス)の感染が原因となって起こるウイルス感染症の事であり、免疫不全を起こして些細な病原体による日和見感染や悪性新生物などを複数発症する病状そのものを称します。
季節性インフルエンザワクチン(seasonal influenza vaccine)では、臨床データに基づいた研究結果により、注射の予防効果を期待できるのは、接種のおよそ2週後から5カ月間程度だろうということが判明しています。
鍼灸のはりを気になる所に刺してもらう、というフィジカルな幾多の刺激は、神経細胞を活性させて、神経インパルスという名のいわば電気信号の化学伝達を起こすのではないかと言われているようです。
春に患者が増える花粉症とは、森林の杉や檜、松、ブタクサなどの大量の花粉が元凶となり、クシャミ・目の痒み・鼻詰まり・鼻水などのゆううつなアレルギー症状を呈する病気だということができます。

ミュゼ八戸
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:クラウド03
読者になる
2013年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/crowdw03/index1_0.rdf