アミノ酸、アイコンタクト、薄暗い所、老化防止、肝臓

February 25 [Mon], 2013, 13:05
アミノ酸のひとつであるグルタチオン(Glutathione、GSH)は、細胞の機能を悪くしたり変異を誘発する人体に悪影響を及ぼす有害物質を体の内部で解毒し、肝臓のパワーを強める力が判明しているのです。
アイコンタクトで、患者さんが猫のことをとても愛おしく感じると「絆のホルモン」とも呼ばれるオキトキシンが分泌されて、ストレスを低減したり癒しなどに繋がっていくのです。
薄暗い所だと光量不足により見辛くなりますが、より一層瞳孔が開くので、レンズのピントを合わせるのに多くのエネルギーが使用されてしまい、結果的に明るい所で物を見るよりも疲れるのが早くなります。
毎日の規則正しい暮らしの維持、腹八分目を志すこと、楽しい運動やスポーツなど、アナログとも言える身体への意識が肌の老化防止にも関わっているのです。
薬や酒に含まれるアルコール、合成乳化剤を始めとした食品の添加物などを分解し、無毒化する働きの事を解毒(げどく)と呼んでおり、多機能な肝臓の大事な職責のひとつだと言えるでしょう。

ミュゼ表参道
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:クラウド02
読者になる
2013年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/crowdw02/index1_0.rdf