うつ病、ストレス、いんきんたむし、食事、道路事故

February 25 [Mon], 2013, 13:03
気分障害のうつ病というのは脳内の神経伝達物質のセロトニンが不足した結果、不眠、気分の落ち込み、著しい倦怠感、疲労感、食欲の低下、体重の減少、焦り、意欲の低下、そして重症化すると自殺企図などの様々な症状が現れ、2週間以上続きます。
「あまりにも忙しい」「面倒ないろんな付き合いが嫌で仕方がない」「テクノロジーやインフォメーションの著しい進化に追いつけない」など、ストレスを感じやすい要因は一人一人違うようです。
いんきんたむしは20代〜30代の男性に多く確認されており、ほとんどの場合は股間の周辺だけに広がり、身体を動かしたり、風呂上りのように全身が温まると強烈な痒みがあります。
必要な栄養素を網羅した食事を1日3回とることやスポーツは当然のことながら、肉体面と精神面の健康や美を目的とし、食事とは別に様々なサプリメントを摂取する行為が一般的なものになっているということです。
道路事故や山での滑落など、強大な負荷がかかった場合は、複数のポイントに骨折がもたらされたり、骨が外に突き出る開放骨折となったり、重症の場合は臓器が破損することもあるのです。

ミュゼ奈良
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:クラウド01
読者になる
2013年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/crowdw01/index1_0.rdf