ツーリング@秋吉台。 

August 18 [Thu], 2011, 6:00
お久しぶりです。
Mickeyです。
苦しいテストに解放され、平和さを実感しています。

先日、「秋吉ツーリング行きませんか?」
と後輩から嬉しい誘いを受けて
行ってきました。
4台で。
下は10代、上は50代。
下は50cc、上は1300cc。
幅広いでしょ。

夏の日差しを真に受けては暑いので、
出発はAM6:00。
朝は涼しくて、気分までさわやか
爽快なのさ

家の前で準備をしていると後輩到着ー。


しばらくすると、残り2台も到着し
順番話し合ってカルスト台地目指して出発。

ぶ〜ん。

そして到着。

一面綺麗なグリーン。
前に来た時 と色が違う。
がらりと印象変わるね!
前はなんだか無骨な感じで、ワイルド感溢れてたけど、
今回は青々として自然の潤いを感じるね。

そして駐車場に入り、それぞれ自慢のバイクを見せ合って、
アドバイスなんかもいただいた。
それにしても、7:00ぐらいなのにバイク・車の多いこと
さすが山口県自慢の国定公園。



しばらくするとまた1台のバイクが到着。
スズキ「GSX1300R、隼」1300cc、
かつて世界最速と言われたバイクだ。


このライダーさん。
服はパジャマで、靴はフォーマルな革靴。
年齢を聞くと 85歳。


85歳


このお爺様とても優しくて、ユーモアがあって終始周りを笑わせてくれてました。
「100歳まで乗ってギネスに載る」
これが夢だそうです。
ほんとおじいちゃんって感じで穏やかで、優しくて
めちゃめちゃかっこよかったです。


そして帰路も安全運転で
暑くなる前に心地よく帰りました。


以上
素敵な秋吉ツーリングのレポでした。

早く角島行きたいです。

何のために生きるのか。 

July 23 [Sat], 2011, 12:02







何のために生きるのか。




誰かを想い偲ぶため?


命を繋ぎ続けるため?


生きながらえるため?


それとも去り逝くため?




余寒。 

June 01 [Wed], 2011, 6:00


ご無沙汰してます。
Mickeyです。

Mickeyです。

突然ですが、

Mickeyです。


昨日電車で帰宅途中、
暇だったので、手元にあった水(ミネラルウォーター)を眺めてました。

そしたら
「この水が太陽とともに生きとし生けるものすべての命を支えてるんだ。」
と考えて、
水に対する考えが変わりました。

水は生命の源だもんねー。




僕は現世で生きてる。
複雑怪奇な世界で。

「行く川の流れは絶えずして、しかも元の水にあらず。」

素敵な言葉だと思いませんか?
鴨長明の『方丈記』の中の一文です。

川の流れは絶えんけど、そこにある水は一瞬一瞬で違う。

人も同じで

見た目姿はそう変わらんけど
心は1日、1時間と常に変化していく。

嬉しいこと、落ち込むこと、悩むこと…いろいろあってええんよね。
それが生きることなんだから。





P.S.
この前は
酔いつぶれてご迷惑おかけしました。
介抱してくれて
ありがとう。
友達に感謝だよ。