落書き1

November 18 [Sun], 2012, 13:19
小説の中の人間になりたい。小説の中だったらどんな人生でも奇麗に書いてくれる。同情してくれる人たちがいる。現実はそうはいかない。全ての心境もなにもかも周りには伝わらないから、、おかしな方向に湾曲された人間像を描かれる。
現実はいきにくい。辛くて悲しい事ばかり。小説の中だったら、一生が決まってる。先が決まってる。この先どうなるか分からない人生なんて怖いだけだ。

小説のなかに存在する主人公達の方がよっぽど人間らしい。今現代に生きる人々の方が何をかんがえているか分からなくて怖い。

小説は人間の心理を描いたものが好きだ。ハッピーエンドの話よりも、バットエンドくらいの方がリアリティがある。だってそうでしょ。この世はほとんどがバットエンドなんだから。ほんの一握りの人間だけがハッピーエンドになるんだよ。

だったら、結局バットエンドになる先の分からない人生を生きるよりも、小説の中で、終わりが分かっているバットエンドを生きる方がいい。どんな時にどうおもい、それがどう作用して、同行動をとったか。すベてがわかる。人に伝わる。

世の中は伝わらない。人のかんがえてる事なんて分からない。
アルファード買取相場なのかな〜。
だったらもう、活字の中で生きていきたい。この世はとてもいきにくい。例えばそれが逃げたと言われても、僕は後悔しないだろう。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:クロ
読者になる
2012年11月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/croquis43/index1_0.rdf